Interview 私としごと

バスキュールの電脳女子。

株式会社バスキュール
荒木 千穂(ディレクター)

既存の枠組みを越えたWEBクリエイションを世に送り出し、国内外で数多くの賞を獲得してきたバスキュール。そんなプロフェッショナルな制作集団に経験ゼロの状態からインターンとして関わり、現在はディレクターとして活躍しているのが荒木千穂さんだ。派手な外見とは裏腹に、幼少時代は人と話すことが大の苦手。武蔵野美術大学に進学して現在に至るまで、コンプレックスを克服する「プチ改革」を繰り返してきたという。そんな荒木さんが辿ってきたいままでの道程、そして彼女「らしさ」とは?

プロフィール

荒木 千穂

1983年生まれ。埼玉県深谷市出身。2009年に武蔵野美術大学映像科卒業後、バスキュールに入社。在学中には進級制作で作った映像作品『ARAKIEFFECT』で『アジアデジタルアート大賞』B部門で大賞を受賞した。現在はディレクションを中心に企画、制作進行に従事している。

インタビュー・テキスト:宮崎智之(プレスラボ) 撮影:すがわらよしみ(2013/3/13)

今までの自分を変えたい!

―お会いした瞬間から、ツートーンの髪形が印象に残りました。美大出身だと、「幼少期から変わっていた」というエピソードをお持ちの方が多いと思いますが、荒木さんはどうでした?

荒木千穂

荒木:今とは真逆ですね(笑)。小学校の頃はとにかく人とのコミュニケーションが苦手で、趣味は進研ゼミ! みたいな、いわゆる「ガリ勉」でした。3段階評価でオール3ばかり取っていたので、勉強は得意な方だったと思います。中学校では陸上部に入っていましたけど、明るいタイプではなく、どちらかというと根暗で地味な子でした。

ー根暗……?

荒木:はい。でも物心つくころから、絵本とテレビは大好きでしたね。親の話では、小さい頃にテレビが砂嵐になっても、かぶりつくように見ていたそうです。

―(笑)。なにかこれまでに、自分が変わるきっかけのようなものがあったんですか?

荒木:ありますね。現在に至るまで、合計3つの「プチ改革」を実施しまして。

―「プチ改革」? とても気になります。

荒木:まず1回目の「プチ改革」は、高校に入学したとき、勉強をパタリとやめてしまったことです。とにかく、それまでと違う自分になりたかった。昔から絵が得意で高校は美術の推薦で入ったので、「自分は絵画の巨匠になるんだ!」と思い込んで、美術ばかりに打ち込むことにしました。ずっとしていた眼鏡もコンタクトレンズにして、スカートも短くして……いわゆる「高校デビュー」ってやつですね(笑)。でも、そうやって自分の意識や外見を変えることで、だいぶ明るい性格になったと思っていて。

―なるほど。そのまま美大進学を決めたという感じですか?

荒木:はい。でも、初めは東京藝術大学への進学を目指していたんですが、何度も受験に失敗して……。3浪したところでさすがに「このままではやばい!」と思って、進路を再考したんです。

―武蔵野美術大学の映像学科を選んだ理由は何だったのでしょうか?

荒木:もともと高校生の頃に、一人で埼玉から渋谷の「シネマライズ」に行くくらい、ミニシアター系の映画にハマッていて。あと、綺麗で優れたグラフィックを見ると、それを動かしてみたくなる衝動に駆られることに気が付いたんです。そんなことから「私、映像も好きかも」って思いまして。それで急遽、私大受験に切り替えて、ようやく大学生になることができました。

アラキエフェクト!?

―大学生活はどんな感じでしたか?

荒木:3浪していたこともあり、同級生は年下ばかりですぐには馴染めなくて、韓国人の留学生とばかりつるんでいました。彼女たちは一度、日本語学校を卒業してから大学に入学してくるので、年齢も近いんです。でもやっぱり昔からのコミュニケーション下手は直ってなかったと思います。そんな自分を変えたくて、2回目の「プチ改革」を実行することにしました。

―今度はどんなことをしたんですか?

荒木千穂

荒木:思い切ってバーでアルバイトをすることにしたんです。一見、普通のことのように思えるかもしれませんが、昔の私を知っている人からすると、「そんなことできるの?」って驚くと思います。初対面の人と話すことなんて、全くできない子でしたから。そんなんだから、バーで年齢も職業も出身地もバラバラなお客さんと毎日話すことは、本当に辛かったけど、いい修行になりました。

―平行して作品作りの面でも、2008年に福岡県で開催された『アジアデジタルアート大賞』を受賞なさったと聞いています。

荒木:それは3年次の進級制作で作った『ARAKIEFFECT(アラキエフェクト)』という映像作品です。「アラキ」というと、どれだけ自分が好きなんだよ! って感じですけど、別に自分を撮影した作品というわけではないです(笑)。大学の図書館にある石膏像を撮影し、同じ動画を300枚以上重ねて1ピクセルずつずらしていくという手法を試してみたんです。動くダリの絵画のような映像になるかな、と。

―それは、もともとやりたかったことを表現した作品でもあるんですか?

荒木:表現したいものを詰め込んだというより、実験映像のような感覚です。そもそも、私は新し物好きではあるんですけど、なにか強いメッセージを表現したいっていうわけではないんですよ。だから、手法から出発することが多い。今も自分の表現について自己分析をするんですけど、やっぱり答えが出ない。わかっているのは、「おとなしいシャイガール」っていう部分と「アッパーなオタク」という両側面を持っているっていうことくらいですね(笑)。

―おもしろい分析です(笑)。その他、大学生時代にはどんなことを?

荒木:色々と変革をしつつも、やっぱり根はまじめなので……、とにかく早めに就職活動しようと思っていて。それで片っ端から履歴書を送って、映像の制作会社でインターンをしていました。CM撮影の現場で、タレントさんにお茶を出したり、お菓子を買いに行ったりと雑用の仕事が主でしたが、現場の雰囲気や制作工程を知れてとても勉強になりましたね。

Next Page
バスキュールとの出会いが、インターネットとの出会いだった

この業界で人材を募集中の企業