Interview 私としごと

ひとりより、誰かと一緒に伝えたい

タイムアウト東京株式会社
東谷 彰子(コンテンツディレクター)

日英バイリンガルのウェブメディア『Time Out Tokyo』を軸に、フリーマガジンやガイドブックも展開しながら、都市を楽しむ目利き情報を発信するタイムアウト東京。そこでコンテンツディレクターを務める東谷彰子さんは、FMラジオ局のディレクターを10年近く務めた後に、この世界に飛び込んだ経歴の持ち主だという。そのキャリアについてお話を伺う中で見えてきたのは、自ら突出した得意分野はなかったと語る彼女流の「伝えること」に対するこだわり。さらに、小さなお子さんを育てながらの仕事に対する姿勢なども伺った。

プロフィール

東谷 彰子

1977年生まれ。幼少期はマニラで、中学高校はバンコクで過ごす。大学入学のため1996年に帰国し、早稲田大学の教育学部英語英文学科で学ぶ。卒業後に「TOKYO FM」に入社。1年間の秘書部勤務ののち、番組制作ディレクターとして多様な番組を担当する。2010年1月にタイムアウト東京株式会社へ入社。コンテンツディレクターとして、取材、執筆、編集、企業とのタイアップ企画や、営業、PRなどを幅広く担う。

インタビュー・テキスト:内田伸一 撮影:すがわらよしみ(2014/2/13)

バンコクで考えた「ちゃんと伝わる」ことの意味

―東谷さんは、中学・高校時代はタイのバンコクで過ごされたそうですね?

東谷:はい。父親がバンコクに転勤になり、自然と家族みんなでついていく形でした。幼いながらに説得されたというわけでもなく、母に「タイは果物が美味しいんだよ?」と言われ、「そうかぁ〜行ってみたいかも」といった感じで(笑)。

―そんなバンコクから、いつ日本へ戻ってきたのですか?

東谷 彰子

東谷:大学からですね。高校までは一応インターナショナルスクールに通っていたのですが、アジア人や日本人が多く、英語をネイティブレベルに習得することができなかったので、英語をもっと勉強したいという気持ちから日本でも英語を学んでいきたいと思ったんです。それで入学したのは教育学部の英語英文学科。でも、自分には人に教えることを仕事にする姿がどうしてもイメージできず、結局は教職免許も取りませんでした。卒業が差し迫る中、何となくだけどマスコミを志望して就職活動を始めました。とはいっても、当初はマスコミの業界知識もほとんどなく、ほんと「何となく」決めたところもあったと思います。

—振り返ってみて、その「何となく」のきっかけはあったりしますか?

東谷:そうですね……。バンコクで暮らしていたとき、街を戦車が走るような大きな暴動があったんです。学校の送迎バスに爆弾が仕掛けられるなど、不穏な状況を知らせる日本のニュース番組を私も現地で見ていました。それで「厳戒態勢」「日本人は一斉に帰国」といった報道がされる中、心配した日本の知人からは電話もかかってきて。でも実際には、都市全体がそうだったわけではなく、私たちの住む区画はそこまで緊迫していなかったんです。そこで漠然と「目の前で起きていることを、 “ちゃんと伝える”ってどういうことだろう?」と疑問に思ったのを覚えています。

―凄い原体験ですね。それでジャーナリスト的な関心が芽生えたんでしょうか?

東谷:そこまでではないですね。ほんと単純な性格なので、就活中もメディアといって最初に思い浮かんだのは「ニュースを伝えている人たち」。当時の新卒募集が一番早く始まるのがテレビ局のアナウンサー職だったこともあり、まずはそこに応募してみました。でも面接官の方とお話をしていると「君がやりたいのは記者なのでは?」と言われ、「そうかぁ、記者か……」とまた思い直したり(苦笑)。

―ここでも進むべき方向が揺らいでいたと(笑)。

東谷:はい(笑)。私の場合は、「なんとなくこれかな」という手がかりから、マスコミという枠の中でひたすら入社試験を受けていました。テレビ、ラジオ、新聞社、出版社など。それで最終的に内定をいただいた中で、家族のいる東京で勤務できるTOKYO FMへの入社を決めました。

自らの想いを、多様な「声」と共に届ける

―そこから、生え抜きのラジオ番組制作スタッフとして成長していったと。

東谷:いえ、実は最初に配属されたのは秘書部だったんです(笑)。でも担当させて頂いた役員に「制作セクションに行きたい」としつこいくらい相談して、迷惑な新人だったと思いますよ(苦笑)。そんな感じですから秘書業務には向かないし、「そこまで言うならやってみれば?」と、入社一年後に番組制作部へ異動させてもらえることになりました。

―行動派ですね。念願の番組制作の仕事は、東谷さんにとってどんな体験でしたか?

東谷 彰子
東谷:他部署から制作部へ入った人は、すぐディレクターを任されることもありますが、私は入社2年目で経験が浅かったですし、そんな経緯もあってAD(アシスタントディレクター)からのスタート。それゆえの大変さも確かにありましたが、逆に色々な人の視点を理解しながら仕事を覚えられたのは良い経験だったと思います。ただ、私は特定のことに詳しい職人気質というわけでもないし、得意分野があるわけでもない。だからこそ、比較的ジェネラルにものをつくることができたんじゃないかなぁ、と今は思っています。

―そんな中で、特に印象に残っているエピソードはなんでしょうか?

東谷:松任谷由実さんの番組にADで携わっていたとき、「流れ星に願い事をすると叶う、と言うのはどうしてだろう?」という話になったんです。そこで松任谷さんが言っていたことが、印象的で。流れ星って、いつ現れるか誰にもわからない上に、一瞬で消えてしまいますよね。そんな瞬間にもすぐ唱えられる願いというのは、「それくらい強い想いでいつも抱いているものだからじゃないかな」と。今でもとても心に残っている言葉です。

―ご自分では、自身で表現を研ぎすましていくよりも、チームで一緒に作っていくことの方が向いていると思っていますか?

東谷:人と話すことや素敵なものを引き出すことは好きだったので、そういったものづくりには向いていたのかもしれませんね。ただ自分だけでは何も出来ないし、正直にいうと自分ひとりでやりたいことは余り無いタイプなのかもしれません。だから、制作の過程で最初は漠然と考えていたテーマが、他の人達と一緒に具体化されて形になっていくのは嬉しかったし、本当に面白かったですね。

Next Page
あなたに合う仕事がある!

この業界で人材を募集中の企業