Interview 私としごと

人生って、一度決めたらスピードが早い

株式会社LIG
竹内 紳也(メディアクリエイター)

斬新かつユーモラスな自社ブログが、制作会社の域を超えて大きな話題になっているLIG。そのLIGブログの運営を担当しているのが「紳さん」こと竹内紳也さんだ。29歳まで様々なアルバイトを転々としながらフリーター生活を続けていた竹内さんは、中学時代の同級生だった同・副社長の誘いを受け、正社員に採用される。その時竹内さんはウェブはおろか、スマホの存在すらも知らない状態だったという。まったくのウェブ未経験から大人気ブログを作り上げた竹内さんの、ユーモアセンスの源に迫った。

プロフィール

竹内 紳也

長野県出身。趣味は人を笑わせることと、カードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」。土木作業員、飲食、本屋、車の部品作りなど様々なアルバイトを渡り歩き、29歳の時中学校の同級生が副社長を務めるLIGにブログ担当として入社。ウェブ未経験ながら独自のユーモアセンスを発揮してLIGブログを大人気ブログに成長させる。2013年4月1日にブログで「嫁を募集」し、応募者と4月12日に入籍。

インタビュー・テキスト:たろちん 撮影:すがわらよしみ(2013/10/22)

20歳からのフリーター生活

―竹内さんというと、やはりLIGブログでの「紳さん」としてのキャラが印象的ですが、学生時代から面白いキャラだったんですか?

竹内:小さい頃から典型的なクラスの人気者で、いわゆるムードメーカーでしたね。ハイテンションで人を笑わせることが大好き。今も仕事中にいきなり奇声とか発するタイプです。だから会社では浮いてると思いますよ(笑)。

—そうなんですね(笑)。

竹内 紳也

竹内:学生時代はとにかく遊んでばかりいたので、楽しくないわけがない。僕はほんとゲームが好きで、テレビゲームやオンラインゲーム、将棋、麻雀、トランプと、なんでもやりました。特に好きなのがカードゲームの「マジック:ザ・ギャザリング」。授業中は勉強しないで寝てるか、マンガ読んでるか、ゲームのことを考えているかの三択でしたね。

―典型的な劣等生タイプですね(笑)。勉強は得意ではなかったんですか?

竹内:全然できなかったです。というか、勉強はしなかったですね。受験勉強でさえ一切してませんから(笑)。僕、とにかく努力ができないんですよ。夢とかやりたいことも見つからないから、モラトリアムの延長として短大に入ったんですが、結局「意味ないな」と思って中退しちゃいました。それから20歳の時に友達に誘われて東京で一人暮らしを始めたんですけど、特に目的があって上京したわけじゃなかったので、ずっとフリーター。人生を通して遊んでばっかりなので、LIGが声をかけてくれなかったら一生フリーターだったんじゃないですかね。

―いっそニートみたいな時期もあったんですか?

竹内:実家がそこまで裕福じゃなかったので、その発想はなかったですね。借金とかしないし金銭面では親に迷惑かけなかったので、フリーターなのに「独立してるぜ!」とか勝手に思っていて(笑)。ただ、飽きっぽい性分なので同じ仕事を2年以上続けたことはないんですけどね……。飲食から、土木から、接客と、今までいろんなアルバイトを経験しましたよ。一番続きそうだったのは本屋の仕事。理由は、仕事中に本屋のパソコンでオンラインゲームやり放題だったから(笑)。でもなぜか、こんな僕でもアルバイト先ではいつも評価をいただくんですよ。今でもよくわからないんですが、僕のムードメーカー的な部分を買ってもらえてたのかもしれないです。

家が全焼しても前向きです

―仕事を転々としながらも、フリーター生活も満喫していたんですね。

竹内:ずっと貧乏でしたけど暮らしは楽しかったですよ。基本的に目立ちたがり屋なので、テレビ朝日の「銭形金太郎」という、ビンボーさんを紹介する番組に出演したこともありました。僕、あらゆる生物の中でサメが一番好きなんですけど、「サメ博士ビンボー」っていうことで採用してもらったんです。サメグッズを買いすぎたり、サメを見に行くのに遠征しすぎたりしてお金がないっていう(笑)。

―凄い経験ですね(笑)。それは東京で一人暮らししてる時ですか?

竹内:そうです。そのアパートは結局火事で全焼しちゃったんですけど。

―ええっ!?

竹内 紳也

竹内:僕が23歳の時に、隣に住んでるおじいちゃんが火を出しちゃったんです。もちろん火災保険なんか入ってるわけないので、文字通りすっからかんになりました。振り出しに戻るというか(笑)。あ、でも台東区から1万5千円くらいの手当てと毛布を1枚もらいましたね。

―壮絶ですね……。自分の身の回りのものを全て失った時って、どんなことを思うんですか?

竹内:いや、それが謎に前向きだったんですよ。ほんとゲームするだけの毎日だったので、不謹慎だけど、火事みたいな意外な出来事が目の前で起きたことに、興奮したというか、ワクワクしちゃったんです。火事があった日に焼けた家の前で写真を撮ってるんですけど、僕めっちゃ笑顔で写ってるんですよ。ただ「マジック:ザ・ギャザリング」のカードが全部焼けちゃったことだけは、ほんとに悲しかったですけどね……。でも、それ以外に失うものは何もなかったし、自分でも驚くほど無駄にポジティブというか、妙に前向きだったと思います。

―自分の家が全焼したのに、そういられる人ってなかなかいないと思いますよ。

竹内:ずっとゲームばっかりやってきた人生なので、僕って物事をリアルに考えることができないんですよね。だからフリーターでもなんとかなると思っちゃうし、火事になって裸一貫になっても絶望もしない。その時も、結局同じアパートに住んでいて、同時に住むところがなくなった隣人2人とシェアハウスをすることになって。みんな似たような境遇だったので、それはそれで楽しい生活でした。

―何が起きても楽しむ方向へ考えられるポテンシャル、さすがです。

竹内:そうですかね!? でも、もともと東京に出てきた目的もなく、ずっと貧乏生活を続けていたし、火事で家を失うという経験もして、もしかするといつかホームレスになるかもしれない……、なんて考えるようにもなったんですよ。それで、27歳の時に一回実家のある長野に戻り、自動車の部品工場で働くようになりました。

Next Page
LIG初代広報担当、ジェイをつくりだす

この業界で人材を募集中の企業