Interview 私としごと

「日本を自分の手で動かしたい」外資系金融からHouzz日本支社長に転身した女性起業家

ハウズ・ジャパン株式会社
加藤 愛子(代表取締役社長)

理想の住まいを実現するコミュニティサイト、Houzz(ハウズ)をご存知だろうか。現在、Houzzは世界14か国で展開されており、2015年4月に『Houzz Japan』がローンチ。日本法人の代表を務めるのが、加藤愛子さんだ。加藤さんは世界最大級の金融グループであるゴールドマン・サックスに在籍していた超エリート。そんな羨むような華々しい経歴を持つキャリアウーマンが、なぜ住まいにまつわるサービスを展開するに至ったのか。その背景には、アメリカで過ごした幼少期が深く関わっていた。

プロフィール

加藤 愛子

幼少期を米国ワシントン D.C.、サンフランシスコ、ミシガンで過ごす。シカゴ大学経済学部を卒業後、米国投資銀行ゴールドマンサックスのロンドン、および東京オフィスに勤務。INSEAD(フランス・シンガポール)でMBAを取得後、ビューティー・トレンド・ジャパン株式会社の代表取締役に就任し、化粧品のサブスクリプションサービス、GLOSSYBOX 日本法人を創業。初年度の黒字化に成功する。その後、ニューヨークを拠点にベンチャー企業の海外展開に関するコンサルティングを行う。2014年11月より現職。

インタビュー・テキスト:加藤将太 撮影:すがわらよしみ(2016/8/1)

きっかけは“おにぎり”!? アメリカで日本の魅力に気付く

ー加藤さんは幼少期から大学までをアメリカで過ごされたそうですが、ご自身の価値観を形成する上で、その影響は大きいのでしょうか。

加藤:そうですね。まず、アメリカの教育は自分自身をよく知るための教育だと思います。私も自然と海外から見た日本、日本人として見た日本というものを意識的に考えるようになっていました。幼い頃から日本の文化がどういうものなのかを常に考えていました。そして日本を知らない人にそれをどう伝えるかということを意識していた気がします。たとえば、小学校ではランチを学校で買う人と自宅から持っていく人と二通りに分かれていて、私はお弁当派でしたが、たまに母がおにぎりをつくってくれる日がありました。それを見た外国人の友人たちが「これはスシ?」って食いついてくるんです。はじめて「おにぎり」という存在を知ったのだと思います。そういう友人たちとの会話を通して、その「おにぎり」というものが何なのか、いかにバラエティーに富んでおいしいものなのか、彼らが分かるように説明するようになりました。そのうちにおにぎりの魅力をうまく伝えられるようになったのか、「おにぎりと交換しよう」って言いながら、物々交換でもらえるものがどんどんグレードアップしていく(笑)。外国人からすれば、おにぎりは形も味も全く新しいものだったのです。日本では当たり前のものが、その良さをしっかりと相手に伝えることによって、すごく価値あるものに変身する。小学校の低学年ながら日本の文化は本当に魅力的なものだと実感できました。

houzz_2

ーやっぱり日本とアメリカでは、教育のあり方も違うんでしょうか?

加藤:そうですね。たとえば歴史の授業でも、「真珠湾について日本人としてどう思うか?」など、センシティブな質問もよくありました。アメリカでは、自分の祖先の国の歴史をすごく重要視していて、幼い頃から必ずと言っていいほどみんなそれについて語れるんです。歴史以外にも、自分がどんな職業に就きたいか、大切にしたい趣味は何かなど、それ以外のこだわりにも言えるのかもしれません。アメリカでは自分自身について意識的に考えて自分の意見を言う、または行動に移すということが自然でした。

「日本のために何かしたい」というパッション

ー将来の夢やビジョンは進学していく中でどう変化していきましたか?

加藤:幼い頃から「人のためになることをやりたい」とぼんやり考えていました。アメリカにいると、学校でボランティア活動を経験します。近くの老人ホームで楽器の演奏をしたり、恵まれない地域の小学校で子どもたちに教える機会もありました。様々な環境に身を置いて、いろんなバックグランドの人と触れ合うことで、他人のために何かしたいと意識するようになりました。

ー具体的に、「こんな職業に就きたい」と思ったことは?

加藤:父が法律関係の仕事をしていたので、弁護士になりたい、と思った時期もありましたし、国連やNPOで働きたいと思うこともありました。結果的に、自分の強みや、目指したいゴールを考えてみたのですが、なかなかこれという職業が見つからなくて。漠然と「人のためになる仕事がしたい」という気持ちと、幼い頃からあった日本に対する気持ちとが混ざって、「もっと日本のために何かしたい」と。この想いが明確になったのが、金融関係の仕事をしていた時でした。

houzz_1

ー加藤さんは、世界的に有名な投資銀行ゴールドマン・サックスに在籍していたんですよね。

加藤:はい。リーマンショックも経験しました。当時私は日本株の営業を担当していたのですが、リーマンショックの影響で、外資系の金融機関が次々と日本株から撤退していき、どの銀行も事業を縮小していくのを目の当たりにしました。その状況下で、自分の力では何もできないことがすごく歯痒くて。世界的に不況になって世の中が変化していく最中にいたので、私一人でコントロールできるものではなく、日本株の営業をしていても自分では何の価値も提供できていないと感じるようになって。とてももどかしかったです。

ーそれで次のステージに行こうと。

加藤:そうですね。それがきっかけで金融業界を離れようと思いました。それからは「日本を自分の手で動かしていきたい」と考えるようになったんです。人生という限られた時間の中、どうやったらできるだけ短期間で大きなインパクトを、自らの手で与えられるだろう? そう考え抜いて思いついた環境が、ベンチャー企業でした。

Next Page
人生の転機は、自分でコントロールできる

この業界で人材を募集中の企業