Interview 私としごと

悔いのない人生を全うすること

Google
ドリアン 後藤 ストーン(YouTube Space Tokyoマネージャー・プロデューサー)

ニューヨーク出身のドリアン・後藤・ストーンさん。小さい頃から努力家だった彼は、クリントン大統領はじめ各国の政界人を輩出する名門私立大学にストレートで進学する。しかし、その後もエリート街道を進んだのかと思いきや、卒業後は、漁師、フリーター、バーテンダー、日本で外車の部品販売などを転々とする生活。当時のことをドリアンさんは、「将来のビジョンを見失っていた」と振り返る。そんな彼がターニングポイントを迎えたのは、29歳のとき。自ら「もう30歳になる大人が」と悩みながらも、映像制作の道をゼロから歩む決心をした。そして今、YouTube Space Tokyoという映像の新時代を担う場所で、若きクリエイターたちを牽引している。紆余曲折しながらも一貫して抱き続けた映像への熱意と仕事観に迫った。

プロフィール

ドリアン 後藤 ストーン

1976年生まれ。米国ニューヨーク市出身。ワシントンD.Cジョージタウン大学英米文学部卒業。派遣、バーテンダー、漁師などを転々とした後、2001年から5年間、海外高級車のアフターマーケットパーツの輸入、購入に携わる。2006年に米国に戻り、独学で映像制作を開始。フリーランスのカメラマン、監督、プロデューサーとして、テレビ番組やミュージックビデオ制作など数多くの作品を手掛ける。2012年9月Googleに入社。YouTube Space Tokyoのマネージャー・プロデューサーであり、スタジオ運営からYouTubeチャンネルの配信プログラム企画など、多岐に渡る映像制作・配信業務を担う。

インタビュー・テキスト:早川すみれ 撮影:すがわらよしみ(2013/12/20)

僕はアメリカ人なのか、日本人なのか?

―ドリアンさんはニューヨークのご出身だそうですが、日本語がすごくお上手ですね。

ドリアン:ありがとうございます。父がアメリカ人、母が日本人で、日本語は昔から厳しく教えられました。生まれも育ちもニューヨークですが、小学2年生まで毎週土曜日に、長時間バスに乗って日本語学校にも通ったり。通う度に車酔いしてしまうし(笑)、辛い想いもしましたね。当時はよく夏に日本に来ていたんですけど、日本に来ると「アメリカ人」と見られることがあまりに多く、それが好きじゃなかったんです。

—逆に、アメリカで「日本人」と見られる葛藤などはなかったのですか?

ドリアン 後藤 ストーン

ドリアン:ニューヨークは色々な人種や文化を持つ人がたくさんいる環境だったので、「日本人」と特別扱いされるようなことは全くありませんでした。何より、僕は日本語を話せることにもプライドを持っていた。その頃はハーフであることが嫌で、純粋な日本人になりたかったんです。でも、回りから日本人だと見られることが少なかったので、常に「僕は日本人だ」と自己主張していました(笑)。

―ハーフならではの悩みですね……。それでも日本に渡ることはなく、アメリカで進学したんですよね?

ドリアン:はい。学生時代は「世界をよくしたい」という夢を抱いていたこともあり、ジョージタウン大学に進学したんです。

―クリントン大統領はじめ各国の政治家や外交官が卒業した名門校だと伺っています。

ドリアン:大学のあったワシントンは、中心部は観光地化していてキレイなんですけど、少しはずれると雰囲気ががらっと変わり、治安も悪いんです。勉強の傍ら、その貧しい地区で学習が遅れている子どもたちに読み書きを教えるボランティアをしていました。社会貢献への意識はとても高かったと思います。

―大学では何を専攻していたんですか?

ドリアン:最初は、国際関係を学ぶつもりでした。でも、学校のプログラムに参加して外交官や国際関係の偉い人たちと会ううちに、思い描いていた将来のイメージと違う気がしてきたんです。ここでは自分の考える社会貢献はできない、と。それで昔から文学は好きだったのと、小説家になりたくて自分で書いていた時期もあったので、文学部に転部しました。ただ、専攻を変えたのはよかったものの、以前のように将来のビジョンを強く持てなくなってしまい……。卒業する時には、頭の中が真っ白になって、正直、ものすごく焦りました。

漁師からバーテンダーまで 進路を模索し転々とする生活

―将来が見えないまま、卒業を迎えてしまった、と。

ドリアン:はい。さらにその頃、追い打ちをかけるように、父の余命が数年だと言われたんです。精神的に本当に辛い時期でした。しかし、社会人である以上、生活維持をしなければいけない。どんな仕事に就きたいかわからないまま、まず派遣社員としていろんな会社で事務のサポートをするなど、転々としていました。そんな中、大学卒業から1年が経ったくらいで父が亡くなったんです。その時、なんて人生は短いんだと深く自覚しました。悔いを残さず、いろいろチャレンジして生きていかなきゃな、と思いましたね。

―チャレンジ、と言いますと?

ドリアン 後藤 ストーン

ドリアン:これまでずっと興味のあった小説よりも、映像表現の方が最先端で面白いのでは、と思い始め、映像制作に関心が向いてきたんです。学生時代に国際関係の道を進むことを目指していて、その後違和感を覚えたものの、「社会に貢献したい」という想いはずっと変わらず僕の中にあって。ストーリーを通して影響を与えるという意味では、小説も映画も同じだと思います。でも、人や社会により大きな影響を与えられるのは、映像や音楽で演出をできる、映画なんじゃないかと。

―ようやく進むべき道が見えてきたんですね。

ドリアン:はい。それからしばらく、夜はバーテンダーの仕事をしながら、昼間は映像制作や役者の勉強、という生活をしていました。最初は脚本を書こうとしたんです。でも、いざ書こうとすると全く書けずに絶望してしまい……。どうして僕はこんなに書けないのかと考えたとき、まだ人生経験が未熟だから何も生み出せるものがない、という結論に至ったんです。ようやく見つけた映像表現の道でしたが、もっと色々な経験を積んで、自分のベースとなるものを培わなければならないと気づきました。

―なるほど。経歴にある「漁師」というのがとても気になるのですが、これはどういう経緯で?

ドリアン:何事も経験が大事だと思い、夏に1ヶ月間シャケ漁のバイトでアラスカに行ったんです。もともと、ハーマン・メルヴィルやジャック・ロンドンなど海の冒険の話を書いた小説家に憧れがあり、人生のどこかで必ず一度は漁船に乗ってアラスカに行こうと決めていて。実際に行ってみると、24時間体制でいつ起こされるかわからない毎日。最初の一週間は船酔いに苦しみながらも頑張りました。辛かったけれど、とても貴重な経験になりましたよ(笑)。

―またしても乗り物酔いに苦しんだわけですね(笑)。その後はどんな経験を?

ドリアン:次のステップをどうしようかと悩んでいた時に、声をかけてくれたのが日本にいる友人でした。車の部品輸入・販売の仕事を手伝いに来ないかと誘われたのですが、映像とは全く関係ない業種だし、行くかどうかすごく悩んだのを覚えています。でも、その頃自分にとって大切な存在である日本との関係が薄れていたのも引っかかっていて。さらに自分の強みだった日本語も、気づけばカタコトになっていた。そんな背景もあり、人生経験を積むいい機会だと思って、日本で働く決意を固めました。映像業界へはまた戻ってくればいい、と自分に言い聞かせて。それで入社してみると、かなり体育会系な会社で、上下関係が厳しく、朝礼はすごい気合いを入れる。さらに朝から夜遅くまで働く上に、週末の出勤も当たり前という生活……。最初はなかなか受け入れられませんでしたが、自分にとっての修行だと思いながらどうにか耐えました。そして特に勉強になったのが、日本特有の人間関係です。

―と言いますと?

ドリアン:仕事上でのコミュニケーションで、本音と建て前を使い分けるということに気づいたときは衝撃でした。プロジェクトが思うように進まないことがあって、なんでうまくいかないのか、原因を考えたんです。そこに日本ならではの人間関係が大きく影響していると気づいてきました。本音と建て前というのを頭では理解しながらも、ニューヨークで育った僕にとっては、実践してみるのが本当に難しかった。加減がわからなくて、リレーションシップを大切にするのはよい反面、行きすぎると、しがらみになってしまうんですよね。そういう働き方になじんでいったら、あっという間に5年も経っていました

Next Page
ゼロから歩み始めた、映像クリエイターへの道

この業界で人材を募集中の企業