Special 特集・PR

東京の仕事を続けながら地方移住。鹿児島クリエイターが語る、リモート処世術

鹿児島県鹿児島市

「お会いするのは2年ぶりですね!」。そんな会話から始まったWEB制作会社Lucky Brothers & co.(以下、ラッキーブラザーズ)の田島真悟さんと、DeNAでディレクターとして活躍する樋口耕正さんの対談。かつて、彼らは面白法人カヤックに在籍する同僚として仕事をしていたが、樋口さんはDeNA、田島さんは独立という別の道を歩むことに。以降も、発注側、受注側として定期的に仕事をしている。しかし、鹿児島を拠点とするラッキーブラザーズとDeNAの渋谷オフィスとの距離は1,000km。いったい、どのようにしてこの距離を越えて仕事をしてきたのか? 彼らに話をうかがうと、リモートで働くためのさまざまな工夫が見えてきた。
 
<お知らせ>
鹿児島市では現在、UIJターン向けのトークイベントや、お試し移住の参加者を募集中! 詳しくはこちら

プロフィール

田島真悟 / Lucky Brothers & co.代表

鹿児島高専、九州大学芸術工学部を卒業後、面白法人カヤックでエンジニア職に就く。2016年7月に独立し、同じく鹿児島県出身のディレクター下津曲 浩さんとラッキーブラザーズを設立。2017年2月に拠点を鹿児島に移す。JRAやアニメ作品のキャンペーンサイトのほか、アスクルの販売サイト、ロックバンドELLEGARDENのオフィシャルサイトなど、幅広いジャンルを手がける。

https://lucky-brothers.co.jp/
樋口耕正 / DeNAディレクター

面白法人カヤックでディレクターとして、LIFULL HOME’Sやベネトンなどのキャンペーンサイトなどを担当。3年間にわたり従事し、2015年からDeNAに在籍。『FINAL FANTASY Record Keeper』などのプロモーションを担当し、現在は新規ゲームタイトルの協業案件を手がけている。

https://ffrk.jp/

「地方でクリエイターをしている」こと自体が、ブランディングになる

―丁寧なコミュニケーションと努力を積み重ねれば、直接会わなくても仕事はできると。

田島:とはいえ、「対面で話す必要がまったくない」とは思いません。会う機会が少なくなることで、たまに会うことの価値に気づくようになりました。ぼくの場合、仕事を超えた関係をつくるためにも、打ち上げだけは絶対に行くと決めているんです。

チャットでやり取りすると厳しい印象を受ける人でも、実際に会うと物腰が柔らかったりしますよね。一回でも会うことで、顔が浮かぶようになるとその後の仕事もやりやすいんです。

樋口:そうですよね。田島さんと仕事をしてきたなかでの反省点としては、私の仕事を別のディレクターに引き継ぐ際、最初から遠距離だったために二人にやりづらさを感じさせたこと。お互いの文脈をわからないと仕事をしにくい面もあります。一度会っておくのは必要ですね。

―では、移住によるデメリットはありますか?

田島:自分の会社を運営するなかで、「採用」のデメリットは感じます。制作会社の場合、即戦力でないクリエイターを採用することは難しい。しかし、鹿児島で即戦力の人はすでに独立している。採用の面ではほぼ諦めています。

―ラッキーブラザーズは今後、鹿児島ならではの仕事を展開していこうと考えているのでしょうか?

田島:鹿児島にいるからこそできることは、会社にとっても強みになります。東京の人ができない仕事を積極的にやっていきたいですね。

そもそも、鹿児島で仕事をしていることも「強み」のひとつです。渋谷で仕事をしているとき、コワーキングスペースを活用していたのですが、そのなかだけでもぼくらのような会社は10組くらいあった。

そのなかで目立つのは至難の業です。しかし、鹿児島に行くだけで、首都圏の人から見れば、「鹿児島の会社」というブランドが確立する。そのように「〇〇といえば××の会社」という認識を持つことで、ぼくらの存在に気づいてもらいたいと考えているんです。

ただし、「鹿児島の企業」というブランドで目立ったとしても、発注する側は「鹿児島の会社だから」では発注をしません。彼らは、あくまでもぼくらの技術力や特徴を見ており、距離のハンデを超えるためにはそれを上回る付加価値が必要になります。

東京時代はまんべんなく技術を勉強していましたが、鹿児島に移住してからは、自分の得意なことを徹底的に尖らせ、強みを伸ばしていく方向に意識が変わりましたね。

地元に根づいた商売か、東京の仕事を受けるかで、求められるスキルは変わる

―田島さんの目から見て、移住をするためにはどのようなスキルが必要になると思いますか?

田島:2つ方向性があると思います。東京からの案件を受けたいなら徹底的に尖ったスキルが、鹿児島の仕事を受けるならばジェネラリストとしてのスキルが必要になる。たとえば、鹿児島で新しいお店をつくるときには、「チラシ、WEB、フリーペーパーを一括でお願いします」という発注も多く、領域を横断した仕事が多いんです。東京のオフショアとして仕事をするのか、地元に根づいて商売をするのかで、求められるスキルは変わりますね。

―「移住」といっても、どのような方向性で仕事をしていくかで求められるスキルは全く異なっているんですね。

田島:そうですね。移住から2年を経て、東京の仕事と鹿児島の仕事の割合は8:2くらい。ちょっとずつ鹿児島の仕事も増えています。ぼくらのように、近年鹿児島にもUターンで戻ってきたクリエイターが増えており、それぞれが、さまざまなかたちで仕事をしています。なかでも、映像やグラフィックなどのクリエイターが多い印象です。

東京よりも狭いコミュニティーだから異ジャンルの方々とつながりやすいのも特徴ですね。自分自身、鹿児島に戻ったことによって、これまではつき合いのなかったジャンルのクリエイターと知り合って、WEB上に掲載する動画やモーションつきのロゴなどをお願いするようになりました。以前はそのようなコンテンツの発想はほとんどなかったので、新しいクリエイターと組むことで仕事の幅は確実に広がっていますね。

やっぱり、エンジニアの最大の利点はどこでも仕事ができること。いまはまだ数も少ないものの、今後はどんどん鹿児島在住のエンジニアも増えていくはずです。本音をいえば、あまりライバルには来てほしくないのですが……(笑)。

<お知らせ>
鹿児島市では現在、UIJターン向けのトークイベントや、お試し移住の参加者を募集中! 詳しくはこちら