Special 特集・PR

GREENFUNDINGとTSUTAYAが切り拓く、クラウドファンディングの未来

株式会社ワンモア

ここ数年で、クラウドファンディングを使って資金を集め、プロジェクトを実行したり、作品を作り上げるという手法が浸透してきた。日々多くのプロジェクトが、様々なクラウドファンディングサイトで立ち上がっている。 そんな中、『GREENFUNDING』は、「モール型」というコンセプトを掲げるクラウドファンディングサイトで、2015年7月にTSUTAYAやTポイントなどの運営を行うCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)グループとの資本業務提携を発表し、『GREENFUNDING by T-SITE』としてブランドリニューアルを行った。
『GREENFUNDING by T-SITE』の代表である沼田健彦氏は、今回の提携をどのように捉え、さらにはクラウドファンディングの未来をどのように描いているのだろうか。

取材・文:モリジュンヤ 撮影:永峰拓也(2015/08/07)

ネット上でも店舗でも同じ。「偶然の出会い」を生み出す価値

国内でも様々なクラウドファンディングサイトが生まれ、しのぎを削っている。そんな中、『GREEN FUNDING by T-SITE』はどのような想いでサービスを展開しているのだろう。沼田健彦氏はこう語る。

沼田:フレッシュで綺麗なお金に色があるとしたら緑色で、その「GREEN」なお金が世の中を変えていくんじゃないか? そんな気持ちを込めて、『GREENFUNDING』というサービス名を付けました。直接、みんなから託されたお金で作られたものは、新鮮な水で作られたお米がとても美味しいように、素晴らしい価値を生み出すと信じています。

サービス開始から4年、このポリシーを曲げることなく続けてきた彼らは2015年7月、TSUTAYAの運営などをしているCCCグループと提携し、『GREENFUNDING by T-SITE』として新たなスタートを切った。

沼田:元々、僕は個人的に代官山蔦屋書店(代官山T-SITE)が好きで、よく足を運んでいました。しかし、訪れるのは明確な目的があって買いに行くというより、たとえばギャラリーの展示を見に行くような感覚に近い。もしくは、なんとなく近くに来たから寄ってみて、なにか出会いがあったから買う。おそらく僕だけでなく、そういう形で来ているお客さんが多いと感じています。代官山T-SITEに限らず、CCCグループはこうした「偶然の出会い」を企画し、作っている印象がありました。

沼田氏がCCCグループのような店舗展開をする企業に惹かれたのには、日々クラウドファンディングを運営する中で得た気付きも関係しているという。

株式会社ワンモア代表取締役 沼田健彦氏

株式会社ワンモア代表取締役 沼田健彦氏

沼田:今までほとんどのインターネットサービスは、検索されて上位に表示されることが入り口になっていました。たとえば、WEBサイトならSEO対策をするとか、とにかく検索対策をすることで入り口をしっかり作るというアプローチ。でも、クラウドファンディングサイトを運営していて面白いなと思うのは、支援を目的にわざわざ検索してサイトを訪れる人はほとんどいないこと。TwitterやFacebookなどのSNSやメディア記事で見かけてたところから、直接プロジェクトのページにアクセスされる。あれだけ大勢の支援者がいるにも関わらず、大半の人が偶然に近い形でサイトを訪れているんです。

「偶然の出会い」をどう生み出すのか? SNS上で口コミを広げるための仕掛けが大切だと考える沼田氏は、そこにCCCグループが掲げる「生活提案」との共通点を見出した。

沼田:CCCグループの増田宗昭代表は、自社のことを「生活提案をする企画会社だ」と表現していて。以前から「人の想像を上回る企画を作り、偶然の出会いを創造する」という理念にシンパシーを感じていました。また最近共感したのは、ニッチでもニーズのある商品を、消費者と共に作っていくという点。クラウドファンディングの強みは、1000円のものを1万部売るのではなく、1万円の単価を支払ってくれる人を1000人集めること。T-SITE各店舗では既にこの発想を、リスクを取りながら実践されていると感じています。

GREENFUNDINGとCCCグループだからできる、「資金」だけじゃない支援の仕方

『GREENFUNDING』とCCCグループが具体的に提携に向けて動き出したきっかけは、CCCグループが2015年に始めたスタートアップ育成支援プログラム「T-VENTURE PROGRAM」だった。

沼田:たとえば「100億円渡すからKickstarter(アメリカ発の世界最大のクラウドファンディングサイト)を超えるサービスを3年で作って」と言われても、それってかなり難しいと思うんです。お金を使えばクラウドファンディングの起案者と話題になりそうなプロジェクトを集められるというわけではありません。プラットフォームとして大切なことはお金をばらまくことではなく、プロジェクトの起案者に新たな価値を提供できることです。

代官山T-SITEなど、CCCグループの仕掛ける企画に親和性の高さを感じていた沼田さんは、「T-VENTURE PROGRAM」への参加を機にCCCグループと一緒にできることを具体的に考えていった。

沼田:CCCグループや代官山T-SITEやTSUTAYA各店舗を通じ、リアルな場でDVD・CD・本などのレンタルや販売をしています。これをどうやってデジタルと融合させていくか。先にデジタルで公開した映像を後でDVDパッケージとして販売するなど、すでにいろいろな取り組みが行なわれています。であれば、『GREENFUNDING』としては企画会社であるCCCグループの、「企画段階」のデジタル化を支えることができるのでは、と考えたんです。

さらに沼田氏が着目したのは、日本最大規模の会員データを有するTポイントのデータベースだ。膨大な会員の購買データからプロジェクト支援のレコメンド機能が開発できると考えている。

沼田:Tポイントなどのデータを活用すると、会員さんの趣味嗜好がある程度わかります。たとえば、ある映画をTSUTAYAでレンタルしたことがある人に対して、その映画の続編を作りたいというプロジェクトが『GREENFUNDING』に掲載されたことを伝えたとしたら、支援が集まりやすくなるのは間違いありません。

こうしたTポイントが持つビッグデータとのシナジーも大きそうだが、やはりクラウドファンディングにとっては、リアル店舗と繋がることによって可能性が広がることのメリットも大きいと言う。

沼田:T-SITEの施設やTSUTAYAのような実店舗で、クラウドファンディングを活用して完成した映画をいち早く先行販売したり、写真集を独占展開したり、トークイベントやサンプル展示をしながら資金を集めるなど、リアルな場所と組み合わせることで、クラウドファンディングの可能性は広がります。

すでに、元AKBのアイドル・森あんなが『GREENFUNDING by T-SITE』で資金を集めて完成させた写真集の販売イベントをSHIBUYA TSUTAYAやTSUTAYA EBISUBASHIで開催するなどの動きが始まっている。

森あんな写真集『ANNA』発売記念イベント 画像提供:GREENFUNDING by T-SITE

森あんな写真集『ANNA』発売記念イベント
画像提供:GREENFUNDING by T-SITE

沼田:クラウドファンディングを活用する起案者の目的は、資金集めに限りません。特に『GREENFUNDING by T-SITE』に共感してくれて、使ってくださる起案者たちは、資金も欲しいけれど、自分たちの作品を見てもらうためのアウトプットをしたいという人も多い。たとえば、プロジェクトの最後に代官山T-SITEで作品のお披露目ができたりしたら、起案者はクラウドファンディングにまさに単なる資金集めだけではない「価値」を感じるだろうなと考えています。

起案中のプロジェクトの告知ができたり、完成した製品の販売イベントができるとなると、プロジェクト起案者たちにとっても大きな利点となる。これこそが『GREENFUNDING by T-SITE』が提供できるプラットフォームとしての「価値」になるだろう。

Next Page
クラウドファンディングのキュレーターに求められる資質