Special 特集・PR

福岡はなぜ住みやすいのか? 食べて歩いてわかった理由~遊び編~

人口減少時代に突入し、多くの地方自治体が過疎化の喘ぐ中、福岡市の人口がどんどん増え続けています。人口増加率では政令指定都市の中でダントツで全国1位。さらには、海外誌が選ぶ「世界で最も住みやすい都市」でも、常に上位に選出。それにともない、多くの会社が福岡に進出し、また市内でスタートアップする動きもみられます。
 
どうしてそんなに福岡が愛されているの?本当に働きやすいの?疑問の答えを探るには福岡への移住者に聞いてまわるしかない!ということで、東京生まれ東京育ちのタレント兼エンジニアの池澤あやかさんが、素朴な疑問をぶつけてまわる一泊二日のツアーを敢行しました。
 
<お知らせ:福岡に試しに住んでみたい人へ!>
福岡市がエンジニアやクリエイターの移住・転職を応援するプロジェクト「福岡クリエイティブキャンプ(FCC)」では、無料3週間のリモートワークをお試しいただくプログラムを実施いたします。詳細はこちら

取材・文:寺尾えりか 撮影:ヤマモトハンナ(2018/8/20)

1日目の様子はこちらから

福岡といえば、水炊きやモツ鍋、ラーメンなど“夜ごはん”という印象が強いですが、東京に負けないほど“朝ごはん”……いや“モーニング”も実は充実しています。コーヒーの世界大会で実績を残している人も多く、実はカフェ文化もしっかり根づいている福岡。そんな福岡で話題のモーニングをいただきたいと思います。

まるで陶器!? 見惚れるほど美しいパンケーキ


10:00 美しい“アレ”を求めて

さて、2日目のスタートです。モーニングに訪れたのは、通りから1本入った静かな住宅街にある、「白金茶房」。一歩足を踏み入れると、洗練された和モダンな雰囲気が広がり、まるで時間がとまったかのような錯覚に陥ります。外とまるで時間の流れるスピードが違うのです。

そしてここに来たら必ず味わいたいのが、名物のパンケーキ。フルーツやクリームがたくさんのっているものではなく、古くから馴染みのあるクラシカルなパンケーキです。

ということで、クラシックブランチ(税抜1,200円)を注文。

池澤:う……っ美しい!

思わず声が漏れてしまうほどに、均一に焼き上げられたパンケーキ。その質感はまるで陶器のよう。

池澤:ナイフを入れるのも緊張する……。

池澤:(パクリ)わ……おいしい~!小麦の味わいがしっかり感じられて、好みです!

それもそのはず。石臼挽きした福岡県産の小麦を使うなど、材料からこだわり抜かれており、シンプルな原材料ながらも生地の混ぜ方や熟成など、職人技が光るパンケーキなのです。

セットのコーヒーは「豆香洞コーヒー」から仕入れる豆を一杯ずつハンドドリップで提供してくださいます。深煎り・中煎り・浅煎りからセレクトすることができるのもうれしい。

池澤:飽きのこないシンプルな味わいだから、これなら毎日食べられそう。

とのことで、帰り際に、お土産用のパンケーキ粉をお買い上げ。

福岡発の文房具を衝動買い!


11:00 寄り道して文具店へ

「白金茶房」を出て、歩くこと5分。福岡発の文房具・雑貨メーカーHIGHTIDE(ハイタイド)の直営店「HIGHTIDE STORE」へ。

1冊の手帳にはじまり今や、全国各地の有名雑貨店で販売されている「HIGHTIDE」。実は、福岡発ということをご存知でしたか?

池澤:すごい品数!文房具好きとしてはたまらない空間ですね……!

画像提供:HIGHTIDE

画像提供:HIGHTIDE

池澤:このペンケースかわいい!買う!

と、早々に手にとったのが、同ブランドの人気シリーズ「ニューレトロ」のペンケース。表にはどこか懐かしいハトのイラスト、裏には「わたしのペンケース」というメッセージ入り。思わず顔がほころんでしまうデザインです。

店内には、ユニークな文房具が多く並ぶほか、期間限定のセレクトアイテムの販売、アーティストの展示などが開催され、いつ訪れても新たな発見がある空間

池澤:こんなに買っちゃった!

と、お店を出て来た池澤さんの手には大きな紙袋が。
人を笑顔にする不思議な魅力溢れるHIGHTIDEの文房具。もれなく私たちの心も満たしてくれました。

Next Page
絶品の鯛茶漬けランチに舌鼓!