Special 特集・PR

福岡はなぜ住みやすいのか? 食べて歩いてわかった理由〜仕事編〜

人口減少時代に突入し、多くの地方自治体が過疎化の喘ぐ中、福岡市の人口がどんどん増え続けています。人口増加率では政令指定都市の中でダントツで全国1位。さらには、海外誌が選ぶ「世界で最も住みやすい都市」でも、常に上位に選出。それにともない、多くの会社が福岡に進出し、また市内でスタートアップする動きもみられます。
 
どうしてそんなに福岡が愛されているの?本当に働きやすいの?疑問の答えを探るには福岡への移住者に聞いてまわるしかない!ということで、東京生まれ東京育ちのタレント兼エンジニアの池澤あやかさんが、素朴な疑問をぶつけてまわる一泊二日のツアーを敢行しました。
 
<お知らせ:福岡に試しに住んでみたい人へ!>
福岡市がエンジニアやクリエイターの移住・転職を応援するプロジェクト「福岡クリエイティブキャンプ(FCC)」では、無料3週間のリモートワークをお試しいただくプログラムを実施いたします。詳細はこちら

取材・文:寺尾えりか 撮影:勝村祐紀(2018/8/13)

窓からは海! 社内にはハンモック!


14:00 旅の案内人に会いに行く

福岡空港に降り立ったその足でむかったのが、福岡空港から電車で約30分、中心地の天神からは約20分と、福岡市内の中で最も海に近いところに線路が走る今宿駅です。

(画像提供:ウミーベ株式会社)

(画像提供:ウミーベ株式会社

電車を降りたら海の方角に向かって歩くこと5分。すぐ目の前が砂浜という場所に、釣り情報サイト「ツリホウ(釣報)」や、釣果・釣り場・釣具情報が集まるコミュニティサービス「ツリバカメラ」の企画と運営などを行っている、ウミーベ株式会社の事務所があります。代表を務めるのは、東京から2013年に移住してきたカズワタベさん。カズさんには、福岡の旅1日目の案内人として同行していただきます。

左:カズワタベさん / 右:池澤あやかさん

左:カズワタベさん / 右:池澤あやかさん

池澤:今日は1日、どうぞよろしくお願いいたします!

カズ:こちらこそ!福岡の魅力を伝えるために頑張ります。

池澤:では、さっそくですが……福岡に移住されたのはどうしてですか?

カズ:すべては“バランスのよさ”ですかね。物価の安さ、ご飯のおいしさ、空港の立地、都会と自然の割合……どれをとってもベストだったっていう感じです。

池澤:窓からは海が見えて、社内にはハンモック……。働く環境としてはベストに感じますが、クライアントは東京と福岡、どちらの割合が多いんでしょうか?

 (画像提供:ウミーベ株式会社)

(画像提供:ウミーベ株式会社

カズ:今は自社サービスを運営していて全国と取引していますが、移住したてでフリーランスだったときはほぼ東京でした。福岡に拠点があるからという理由で契約が打ち切られたことはないですね。打ち合わせは主に電話やスカイプで行っています。

池澤:福岡に来て1日のタイムスケジュールは変わりましたか?

fcc1_4

カズ:住む環境は変わったけれど、東京に住んでいたころと同じように働けているので正直、そこまで変化はないですね。ただ、街がコンパクトで自然が近いので、週末のアクティビティは楽しみやすいと思います。

東京より長い、福岡の夜。

池澤:飲みに行く回数は増えたりしましたか?

カズ:年齢的に毎日飲んだくれるっていうのはもうないですけど、たまに友達と飲みに行ったりすると、夜はすっごい長いですよ(笑)。飲食店の値段が安いので3軒4軒のはしごは当たり前ですし、家賃が安いからみんな中心地からタクシーでワンメーター圏内に住んでいることがほとんどなんですよ。だから飲んでいても“終電”を気にする人は少ないですね。

福岡の夜は、おいしくて長い。(画像提供:福岡市)

福岡の夜は、おいしくて長い。(画像提供:福岡市)

池澤:そういう意味では、カズさんは中心地から離れている方なんでしょうか?

カズ:会社の近くにマンションを借りているんですが、実は会社が今宿に移転する前に、オフィス兼住居として使っていた警固(けご)という中心地のマンションもそのまま借りているんです。だから飲んで帰れなくなった時はそちらに帰っています。

池澤:2軒分の家賃を払うのって大変じゃないですか?

カズ:警固のマンションは東京の友人と7人でお金を出し合って借りているので月々1万円ちょっと。今宿のマンションは4万円くらいです。

カズさんがマンションを借りている福岡市の中心地「警固」は、天神駅から徒歩15分。間取りは1LDKで、83,000円の賃料を7人で出し合っている。「福岡市の繁華街からほど近い場所なので、東京で例えれば渋谷の端の方くらいの感覚だと思います。」

カズさんがマンションを借りている福岡市の中心地「警固」は、天神駅から徒歩15分。間取りは1LDKで、83,000円の賃料を7人で出し合っている。「福岡市の繁華街からほど近い場所なので、東京で例えれば渋谷の端の方くらいの感覚だと思います。」

池澤:休みの日は何をしているんですか?

カズ:福岡の郊外は家賃はもちろん、駐車場も安いので、車を持っている人が多いんです。ぼくも車を持っているので、大分県の別府や熊本県の阿蘇に日帰りで温泉に行ったりしてますね。もちろん、釣りもしますよ(笑)。

熊本県・阿蘇の景色

熊本県・阿蘇の景色(画像提供:カズワタベさん)

池澤:東京に比べて気候はどうですか?

カズ:福岡は日本海側なので冬はくもりの日が多かったりしますが、気温は東京とほぼ変わらないと言っていいと思います。

夢の二拠点生活も叶えてしまう家賃の安さ。実際、カズさんのように福岡市内に二拠点……というパターンは少ないけれど、東京と福岡の二拠点生活を送っている人は多いんだそう。ホテルが足りず、宿泊代高騰しているという福岡。思い切ってひと部屋借りてみるのも手かもしれませんね。

屋台で隣に座った人が、起業して最初のクライアントに……!?


16:30 福岡のお仕事スタイルを拝見

福岡の“暮らし”やすさがわかったところで、“働く”環境はいかがなものか。カズワタベさんとともに向かったのは、福岡市内のど真ん中にあるコワーキングスペース「The Company」。移住者の中には転職はもちろん、カズさんのように起業したり、フリーランスとして活動したりする方も多くいらっしゃいます。そんな多様化するニーズに柔軟に対応してくれるコワーキングスペースは福岡にも必要不可欠なスポットです。

ここでは、「The Company」でPRを担当している小松里紗さんと、営業・コンサルティング業を営む坂田裕之さんにお話を伺いました。

池澤:お2人とも、ご出身が福岡だと伺いました。

小松:私は北九州市出身です。今は実家を出て福岡市内に住んでいます。

坂田:ぼくは八女市出身で、大学入学とともに上京。30歳を機に福岡に戻って来ました。

小松さんがマンションを借りている福岡市中央区今泉は天神駅から徒歩10分弱のエリア。間取りは1LDKで67,000円。間取り図を見て「お風呂・トイレ別でこれは安い!」とその場にいたみんなが絶賛した物件。「中心地に隣接しているものの比較的静かな通りなので、東京でいうと代官山かな?」と小松さん。

小松さんがマンションを借りている福岡市中央区今泉は天神駅から徒歩10分弱のエリア。間取りは1LDKで67,000円。間取り図を見て「お風呂・トイレ別でこれは安い!」とその場にいたみんなが絶賛した物件。「中心地に隣接しているものの比較的静かな通りなので、東京でいうと代官山かな?」と小松さん。

小松:1回県外に出ても、福岡に戻ってくる人ってすごく多いですよね。しかもだいたい30歳前後で戻ってくる……!

坂田:そうそう。そこそこキャリアも積んで、30歳を目前にしてふと“暮らし”について考え始めた時「そろそろ地元に戻ろうかな」ってなるんですよね。

池澤:福岡の人って地元愛がすごいですよね。

坂田:そうなんですよ。例えば観光で福岡に来たとして、ひとりでふらっと飲みに行ったとしても、地元の人たちが「福岡ってこんないいところだよ!」って必死で教えてくれるような街なんですよね。

池澤:ひとりで飲みに行っても大丈夫なんですね!

小松:福岡は人と人との距離がすごく近いので、女性ひとりでも大丈夫ですよ!

fcc1_10

カズ:東京にいたころは知らない人に話しかけられても、すぐには心を許さず様子を見るクセがついていたけれど、福岡ではそのまま友達になってしまうことが多いですね。

坂田:福岡に戻って来たその日に、懐かしい気持ちになって1人で屋台に行ったんです。その時「福岡に戻って来ました!」っていう話をしたら、そこにいたみんなが歓迎してくれて。ごはん全部おごってくれたんです。しかも隣に座っていた人が、ぼくが福岡で起業して最初のお客さんになったんですよ(笑)。

(画像提供:The Company)

(画像提供:The Company

池澤:それはすごい……!みなさん、どのくらいの頻度で飲みに行っているんですか?

坂田・小松:ほぼ毎日!

池澤:わ〜想像以上でした……!

坂田:ひとり2,000〜3,000円で飲めるところがほとんどですからね。

カズ:高い寿司を食べるとか、イタリアンやフレンチでワイン空けるとか……特別なことをしない限り、1万円を超えることはないですね。

池澤:お酒が飲めない人はどうするんですか?

坂田:大丈夫!烏龍茶で飲み会に参加しても文句言う人はいないですよ!

池澤:(ホッ……)

左:小松里紗さん / 右:坂田裕之さん

左:小松里紗さん / 右:坂田裕之さん

これぞ“飲みニケーション”。人と人との距離が福岡だからこそ、飲みの席で出会った人と名刺交換やSNSで繋がったりすることが多いのだそう。これも福岡のひとつの友達のつくり方、仕事のつくり方なのかもしれません。

Next Page
続いて、福岡の夜を堪能!