Special 特集・PR

一番大切なのは「愛」。クライアントとのフラットな関係こそ、最良のデザインを生む

チェントロ株式会社

クリエイティブディレクターの加藤宗大さんがチェントロを設立したのは2007年3月のこと。全日空商事(ANA)やサムソナイトなど有名企業のブランディング、WEBやパッケージデザイン、プロモーションなどを担当。また、東京・外苑前にある「ロイヤルガーデンカフェ」、横浜・桜木町の「アンデルセン・カフェ」のプロジェクトでは、プロモーションから、ロゴ、メニュー、ノベルティーなどのデザインも手がけた。これだけ幅広く案件をこなしているなら、社員もさぞ多いだろうと思いきや、メンバーは加藤さん含め3人。代表の加藤さん、永井俊行さん、吉澤麻衣さんを囲んだ取材現場は、常に笑いで溢れていた。

グラフィックもWEBも空間も。デザインのジャンルを絞らない理由

グラフィックやWEBなど、一つのジャンルに特化したデザイン会社はよくあるが、社員わずか3人で店舗やパッケージデザインなどグラフィック、WEB、プロダクトにとどまらず、商業施設のコミュニケーションデザインまでの業務を担う会社はそう多くない。彼らがジャンルを限定しない理由は、クライアントやお客様との立場になって物事を考えていたら自然とそうなった、といったほうがしっくりくる。

加藤:そのとき、クライアントやお客様、社会にとって何が必要なのかはケースバイケースですが、選択肢が多くあることで、あらゆるニーズを満たすことができる。だからこそ、少人数であっても何か一つのジャンルに特化しないのがチェントロのスタンスであり、強みだと思っています。

永井:そのスタンスは設立当初から変わっていないですね。エディトリアルはできるけどパッケージはできないとか、そういう考えではなくて。グラフィックデザインをやっていくなかで、クライアントの要望に応えたいと試行錯誤していたら、WEB、プロダクト、サイン計画など……と自然に業務の幅が広がっていった。これしかやりたくない、というこだわりは全然なかったです。

centro_3

加藤:たとえば、東京・代官山にあるカフェ「WGT / ウィークエンドガレージトーキョー」など、オープン時にあらゆるデザインを担当しました。ロゴなどのCIからWEBサイトのデザイン、店内のメニューやユニフォームのコーディネートなど、顧客との接点となるコミュニケーションデザインと呼ばれる部分がブランドイメージを作るもの。そこを一貫して手がけたからこそ、クライアントやお客様に長く愛され、満足いく世界観を実現できたと思っています。

永井: WEBはここ、グラフィックはここと発注先がバラバラよりも、一つの会社が統括してやってくれたほうがいいと思うんです。そのほうが良いコミュニケーションが生まれるし、成功しているブランド事例を見ても分かるように、すべて統一されたデザインこそ、社会的な機能も効果も発揮できますから。

幅広いデザインをできるようになるからこそ、効率良く、さらにより良い「ものづくり」が可能だと実践してきた。その証拠に、全日空商事(ANA)やオンワード樫山など、名だたるクライアントが長期にわたってチェントロを頼っている。

未経験スタッフも受け入れる、チェントロ流の採用基準

チェントロの中で唯一の女性である吉澤さんがチェントロに加わったのは2012年のこと。前職はシステム関連の営業職と、異業種からまったくの未経験でデザインの世界へ飛び込んだという。一般的に少人数の会社ほど即戦力を求めるものだが、なぜ加藤さんと永井さんは、デザイン未経験の吉澤さんを採用しようと思ったのだろうか。

加藤:素敵な人間性を持っていて、しかもコミュニケーションが好きなのに、それを仕事に活かしきれていないのがもったいないと思いました。そして、うちの会社なら彼女の魅力を最大限発揮できる場を提供してあげられるのではないかと。最終的には永井とも相談をし、技術的なものは教えられる。そして、彼女が入れば、いろんなマインドが交わり様々なチャレンジも可能だと考え、吉澤を迎えようという話になったんです。

吉澤:前職では制作希望で入社しましたが、他のことをやっていて。年齢的にも転職を考えるタイミングがあったので何がやりたいか真剣に考え、出てきた答えが「デザイナー」。当時はイラストレーターしか使えませんでしたが、一度きりの人生だし、後悔したくなかったんです。

centro_4

永井さんは、仕事を教える側に立つのは初めてのことだったという。

永井:吉澤は根性があるし、壁にぶつかっても絶対何とかしてやるという気概がありましたね。技術を教えれば自分でどんどんブラッシュアップしていくし。

吉澤:好きなことができる喜びでいっぱいでしたから(笑)。また、2人ともいつでも相談に乗ってくれるのが有り難かったです。夜中にデザイン案をメールで送っても、すぐに返信をくれて、LINEなどでやりとりすることもよくありました。

永井:デザインを料理で例えるなら、まず美味しい料理を作る、さらにはそこに盛りつけや、テーブルコーディネートまでして雰囲気を演出し、彼女が作る料理以上のものを見せてあげる。ここまで可能性はあるんだと、まずは見せることで経験値を分けてあげる。そこでもっと上手くなりたいと思って努力するかどうかは、彼女次第ですから。1年半くらいで一人立ちしたのかな。

吉澤:はい。それまでは歯を食いしばりながら頑張っていましたね。悔し涙もたくさん流しましたけど、褒められたときも嬉しくてよく泣いていました(笑)。

最後に、どんな人と働きたいかと加藤さんに伺うと、「人数が少ないので即戦力を求めてはいるけれど、スキルの高さよりも人物重視」という答えが。

加藤:繰り返しになりますが、僕らはクライアントや仕事のパートナーとコミュニケーションを取り連携しながら、当事者意識をもって、関わった人たちはもちろんのこと、お客様や利用する方々、皆がハッピーになる仕事がしたいと常に思っています。そして、そのためにはデザインジャンルも絞らず、これからの将来を担っていける「クリエイティブカンパニー」を目指しています。だから、人と関わるのがあまり好きではないとか、WEBだけ、グラフィックだけに特化し、成果物で評価を得たいとか、そういう志向の人は、チェントロ以外に良い会社はあると思う。チェントロの考え方に共感してくれる人と一緒に仕事がしたいですね。

まとめ

「人との繋がりのなかで意識していることは?」と聞くと、「愛」と即答していた加藤さん。「社会的な評価はとても大事、関わった人たちに心から満足してもらい、『また仕事がしたい』と思ってもらえることが、何よりも嬉しい」という彼の言葉こそ、チェントロの揺るがないスタンスそのものだろう。それにしても、取材中は笑いが絶えず、メンバー間の仲の良さがひしひしと伝わってきた。今後、新しいメンバーが加わり、さらにパワーアップしたチェントロの活躍に期待が高まる。