Column 連載

クリエイターを訪ねる旅<欧州編>

ファッションデザイナー、豊嶋 慧。何も持たない青年が、パリのランウェイを任されるまで

角尾 舞(つのお・まい)

欧州在住のライター・編集者陣が、各都市で活躍する在住日本人・現地クリエイターの「ワークスタイル」「クリエイティブのノウハウ」をお伝えします。日本人とは異なる彼らの「はたらく」ことに対する価値観、仕事術が、あなたの仕事のインスピレーションソースになるかもしれない!?

プロフィール

角尾 舞(つのお・まい)
角尾 舞(つのお・まい)

「デザインを伝える」ことを目的に、執筆や展示、PR企画等を行う。慶應義塾大学・環境情報学部卒業。メーカー勤務を経て、LEADING EDGE DESIGNに入社。2013年から16年3月まで、東京大学生産技術研究所山中研究室のアシスタントデザイナー。学内ギャラリーで開催される、研究展示の共同ディレクションを行った。近年の仕事に「はじめての真空展 ― お弁当から宇宙まで」(2016年6〜7月・東京大学)の展示ディレクション、「日経デザイン」「日経クロストレンド」等での執筆など。スコットランド・エディンバラ在住を経て、現在は東京を中心に活動中。

http://ocojo.jp

作品集と降り立ったパリ

パリ8区、高級ファッションブランドが立ち並ぶエリア。ファッションデザイナーの豊嶋 慧(とよしま けい)さんが働くアトリエも、この一角にある。豊嶋さんはこれまで、ランバンや、メゾンマルタン・マルジェラ、コーチなどの世界的メゾンを渡り歩き、昨年、ハイダー・アッカーマンのメンズラインのヘッドデザイナーになった。

これだけ聞くと「きっと、海外の有名な学校を卒業したんだろう」「日本でも評価されていたから、海外でも成功したんだろう」と思う人もいるかもしれない。しかし、彼の場合は違う。

デザイン画を描く豊嶋さん。様々な資料を元にアイデアを膨らませていく。

デザイン画を描く豊嶋さん。様々な資料を元にアイデアを膨らませていく。

豊嶋さんが渡仏したのは、25歳のとき。ファッションデザイナーとして働いた経験もなければ、海外の服飾大学の卒業生でもない。さらには、フランス語も英語も話せなかった。彼が持っていたのは、ワーキングホリデービザと、二冊の作品集だけ。キャリアはずっと、持ち前のキャラクターと努力で切り拓いてきた。

ハイダー・アッカーマン2018年秋冬コレクションのための、豊嶋さんによるデザイン画

ハイダー・アッカーマン2018年秋冬コレクションのための、豊嶋さんによるデザイン画

豊嶋さんは、武蔵野美術大学・空間演出デザイン学科の出身で、洋服を作り始めたのも、ファッションデザイナーになる明確な意思を持ち始めたのも、卒業後のことだった。大学の成績は普通だったという。

卒業後は就職せず、海外渡航の資金集めのために、アルバイトをしていた。当時について、以下のように心境を話す。

「大学の課題の評価は全然よくなかった。でも、外部のコンペでは賞をもらえた。だからそれと同じで、もし日本で評価されなくても、絶対に自分と同じ感覚を持つ人が、世界にはいると思っていて。パリがダメでも、ロンドン、ニューヨーク、ミラノ……って世界中、作品を持って歩いて、一番評価されるところに自分から行くつもりだった。」

毎晩、アルバイトから帰宅するとミシンを踏み、ファッションについてのリサーチを重ね、作品を増やした。分厚い作品集が2冊できたとき、ワーキングホリデービザを申し込んだ。今から約10年前のことだ。両手に大きなバッグを抱えて降り立った、パリのシャルル・ド・ゴール空港。そこから見上げた空は、快晴だったそうだ。

メゾンの門戸をこじあける

パリに到着したものの、当時の豊嶋さんにはツテもコネもない。ランバンやメゾンマルタン・マルジェラに憧れていて、どちらかで働きたい気持ちはあった。しかし、有名ブランドの門戸は、そう簡単には開かない。有名な服飾系大学から、インターンシップとして派遣されたわけでもない。日本で、ファッションデザイナーとしての経験があるわけでもない。どこの誰かもわからない、さらには言葉も通じない人物を、大手ブランドがいきなり受け入れてくれるはずもなかった。

しかしとにかく、大手ファッションブランドにアプローチした。「デザイナー職は、言葉ができないと厳しいだろう」と考え、パタンナー職から応募。履歴書と作品を、ひたすらメゾン宛に送り続けたが、反応はない。担当者の連絡先もわからない。それでも豊嶋さんは、次の一手を考え続けた。

ある日、ランバンのカスタマーサポートに問い合わせをし、中で働く人のメールアドレスを入手した。インターネットで人事らしき人物の氏名を探し、手に入れたアドレスのルールと組合せ、「パタンナーを募集していると聞きました」と、出まかせのメールを送り続けた。褒められた方法ではないかもしれない、もはやスパムメールと変わらないのだ。何百通と送ったうちの1通が運良く引っかかり、返信が来た。偶然にも、ランバンはパタンナーを探していたのだった。2冊の作品集を手に、初めてメゾンの門戸をくぐり、面接に臨んだ。パリ到着から4か月目のことだった。

そして、ランバンへ

パリ市内にて。到着した年は大寒波で、震えながら屋外の無線LANでメールを送っていたという。

パリ市内にて。到着した年は大寒波で、震えながら屋外の無線LANでメールを送っていたという。

面接までたどり着いたはいいが、英語もフランス語も、まだほとんど話せない。面接官に作品集を手渡し、ページをめくるのを、じっと黙って見つめていた。これが、豊嶋さんの作戦だった。

「『無口な日本人アーティスト』を装って、全てプランニングし、プレゼンテーションすることにした。しゃべれなくても、こっちがイニシアチブを持てば、なんとかなるはずだから。」

面接官の手の動きに合わせて、決まったページで、決まったセリフを言う。順調に思えたが、最後のページまでめくったところで、面接官から言われた。「あなた、パタンナーの経験ないでしょ」。案の定、パタンナー職には通らなかったが、作品集の評判は良かった。それを目にしたデザイナーの心をつかみ、ランバンでデザインアシスタントとしてのチャンスを得ることができた。

「僕の仕事は全部自己流。デザインの仕方も、ポートフォリオの作り方も、会社から仕事を取る方法も。そういう風に、人生をデザインできることが、自分の強みだと思う。」

当時、ランバンのアーティスティック・ディレクターだった、アルベール・エルバス氏と。(写真提供:Kei Toyoshima)

当時、ランバンのアーティスティック・ディレクターだった、アルベール・エルバス氏と。(写真提供:Kei Toyoshima)

就職後は、がむしゃらに働いた。最初に任されたのは、ポケットのサンプル作りや、シーム(縫い目)のデザイン提案。これまで、やったことのないことばかりで戸惑った。遅ければ深夜3時まで働き、守衛さんに追い出された。「人の2倍働いて、人と同じくらいのことしかできなかった」と豊嶋さんは当時を振り返る。土日も家で縫い続け、上司から頼まれれば、山ほどサンプルを作って提案した。

ワーキングホリデービザは一年のみ。更新できるかも、定かではなかった。

「僕は有名なファッションの大学も出ていないし、バックグラウンドも何もない。だからとにかく、今できる経験を全部やらなきゃ、絶対、結果を出さなくちゃと思っていた。」

提案したほとんどのアイデアはボツになったが、袖のアクセサリーが一つ、採用された。渡仏一年目にして、ランバンのコレクションに提案が使われたのだ。

Next Page
「ブランド」に頼らない

バックナンバー