Special 特集・PR

情報空間と実空間を横断して「場」をつくる、ツクルバ流デザイナーの役割

株式会社ツクルバ

「シェアオフィスを探しているのだけど、なかなか良い仕事場が見つからない」「空き家があるんだけど、利活用できていない」「物件を売りたいんだけど、適切な価格で評価してもらえない」。2011年創業のツクルバは、私たちが暮らしのなかで直面するそんなさまざまな「場」に関する課題を、斬新なサービスで解決してきた「場の発明カンパニー」だ。 オーナーや利用者が自発的にコミュニティーを形成し、全国に拠点を広げるシェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」にはじまり、空間デザイン・プロデュースを手がける「tsukuruba design」、WEBをはじめ情報空間のデザインに関わるエンジニアチーム「tsukuruba technology」、中古リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」など、実空間と情報空間を股にかけた実践で、建築・不動産業界に新風を吹き込んできた。そんなツクルバが目指すデザインのあり方、そして求めるデザイナー像とは? 代表取締役CCOの中村真広さん、アートディレクターの柴田紘之さんに話を聞いた。

ツクルバのデザイナーが、サービスの根幹に関わる理由

「cowcamo」ひとつをとっても、「メディア」「エージェント」「事業者向けのプラットフォーム」と、さまざまな面を持つツクルバの取り組み。では、そのなかで働くデザイナーの仕事とは、具体的にどのようなものなのだろうか。

柴田:いま、主に「cowcamo」に携わっていますが、単純にユーザーインターフェイス(UI・UX)のデザインだけをしているわけではありません。これまでお話したように、「cowcamo」には多様な側面があり、それらの循環が大きな肝になっている。その循環をつくるために、何が必要なのかを考えることも、デザイナーの役割です。たとえば、サイトリニューアルの際、サービスの根幹まで立ち返りながらデザインに反映することもよくあります。買い手、売り手、不動産事業者、それぞれの情報の優先度を把握することで、画像のレイアウトや色合いなど、デザインの細部にまで影響が出るんですよ。デザイナーであっても、サービス全体に関わっています。

多くのデザインの現場では、その対象となる事業やサービスの構築・運営と、その外見をかたちにするデザイナーの仕事は分かれている。しかし、ツクルバでは、デザイナーがサービスの根幹に関わることで、事業全体の構築に大きな役割を果たしている。とはいえ、その仕事の幅広さは、デザイナーにとっては高いハードルではないだろうか。

柴田:むしろ、そこから関係を持ちたいと考えるデザイナーは多いと思うんです。受託仕事の場合、課題は代理店やクライアントから落ちてくるので、「そもそも」を考える機会は少ない。でもツクルバでは、事業やサービスの構想・議論の段階からデザイナーがアサインされるので、根本的な「問い」を設定することから関われる。そういった職場は多くないし、自分で課題を発見し、解決したいデザイナーには良い環境だと思いますね。

中村:事業やサービス構築の根幹こそ、デザイナーが能力を発揮できる場所だと思うんです。たとえば、「cowcamo」のリニューアルのときも、さまざまな立場のチームが関わっているため、最初はカオス状態でした(笑)。そこで、「わかった。じゃあ、いったんプロトタイプをつくってみる」と言って状況を収拾できるのは、具体的なかたちにつなげられるデザイナーしかいない。デザイナーが事業づくりの上流から入って、顧客体験やサービスの全体設計に関わることは理に適っているし、デザイナーの力を本気で信じて引き出すことにもなります。

tsukuruba_1

柴田:また、プロジェクトを媒介にして、デザイナーやエンジニア、不動産の専門家など、多様な人が直に交流するので、そこから意外な学びやアイデアを得られるのもツクルバの魅力だと思いますね。最近も不動産ローンの仕組みについて、社員で熱く語り合いました(笑)。ツクルバの性質上、「生活」や「暮らし」に対する関心は欠かせませんが、それさえあれば、サービスのどの部分からでも関わっていける土壌があります。

実際、新卒入社したデザイナーは、それまで実務でデザインに携わったことがなかったにもかかわらず、「cowcamo」のエージェントが使うパンフレットづくりを通して、デザインを習得し、そのなかでサービスの全体像を少しずつキャッチアップしていったという。

柴田:「cowcamo」は大きなサービスなので、新入社員のキャッチアップ期間は丁寧に設けています。実務を通して、ビジョンやビジネスモデルを学び、そこから「自分ならこのサービスをこう変える」という段階へ進んでもらえれば嬉しいですね。

ツクルバが目指す「自然林」のような組織とは?

現在、ツクルバでは組織改編の準備も進んでいるという。これまで、リノベーション住宅やイベントなどの実空間の設計は「tsukuruba design」チームが、WEBサービスなどの情報空間の設計は「tsukuruba technology」が担当していたが、両者の関係をよりシームレスにするためチームを統合するという。ますます複合的になるツクルバの組織だが、そこで求められる社員像とは何だろう。

中村:一言で表すと「越境するマインドを持っていること」でしょうか。アプリの開発やUI・UXのデザインなど、専門分野へのこだわりは持ちつつも、それしかやりたくない人はツクルバ的ではないかもしれません。自分の専門領域を、他の領域とかけ合わせるとこんなことが実現できそうだということを、俯瞰的な視点から考えて、実際に動ける人が向いていると思いますね。

柴田:ぼく自身、最近はよく「デザイナーと名乗るのを辞めたい」と考えていて(笑)。いや、正確に言うならば、デザイナーでありながら、農業や花屋をやってもいい。既存の枠組みをあっさり超えられるデザイナーでありたいと思うんです。そもそも、経営者である中村自身が、関心がとても広い人ですからね。一般的にデザイナーは、作業に没頭しがちですが、ツクルバは自由な発想やチャレンジを許容してくれる場所なんです。

tsukuruba_4

柴田さんが言う通り、中村さんが持ち出す話題は幅広い。今回のインタビュー中も、貨幣経済とは異なる人間同士の信頼をベースにした社会システムのあり方や、「森」から学んだ組織論など、話題は多岐に広がった。とりわけ後者は、ツクルバが掲げる「コミュニティービジョン」として、実際の組織運営にも活かされている。

中村:この数年、いろんな森を訪れているんです。森には人が間伐を行い、管理することで保たれる「人工林」もあれば、まったく人が介入せずとも、自然と生態系の均衡が保たれている「自然林」もある。ツクルバが目指すのは、後者の状態です。社員がそれぞれ、個人の想いから事業に関わる動的な存在でありつつ、会社全体のバランスは常に保たれている。そんな、管理に頼らない自律した組織づくりを目指しています。

「上から下まで管理が行き届いた組織」ではなく、「個性や興味のぶつかり合いから柔軟な生態系が生み出される組織」へ——。個々のサービスはもちろんのこと、ツクルバは組織自体の姿を通して、新しい「場」のあるべきかたちを実験しているようだ。

中村:いま、社会がどんどん複雑になっていますが、組織の側も多様性や複雑性を保っていないと、世の中の変化に対応できないと思うんです。ツクルバはもともと、いろんな動機を持った人々が集まるコワーキングスペースからスタートした会社。そのDNAを失わずに、これからの「場」のあり方を社会へ提案していきたいと考えています。