Special 特集・PR

全員がお店のプロデューサー。日々の暮らしにアートを注入する、スパイラルマーケットの「心」

スパイラルマーケット

1985年、株式会社ワコールが“文化の事業化”を目指して東京・青山の一等地にオープンした複合文化施設「スパイラル」。今年で30周年を迎える「スパイラル」には、ギャラリー、多目的ホール、飲食店、ビューティーサロンなどが集結。“生活とアートの融合”をコンセプトに、アイテムやサービスと先端的な“アート&カルチャー”を提供してきた。そのビルの2階にあるのが、上質な生活雑貨を通して豊かなライフスタイルを提案する「スパイラルマーケット」。今回は、青山店の池川麻紀さん、久世早欧里さん、石山なつ海さん、「+S」Spiral Market 二子玉川店長の田中美咲さんの4名のショップスタッフにスパイラルマーケットで働く魅力を聞いた。

取材・文:阿部美香 撮影:豊島望(2015/10/20)

ディスプレイも、お店の個性を活かしながら自分で考える

「スパイラルマーケット」は30年前、青山「スパイラル」オープンに伴って開店したライフスタイルショップ。80年代より、アートとカルチャーを愛する高感度な人々から高い支持を集めている。

石山:複合文化施設であるスパイラルはその言葉の通り、コンテンポラリーアートの展覧会をはじめ生活雑貨、飲食、美容などアートとカルチャーを様々な形でご紹介しています。施設の中でも、スパイラルマーケットが掲げるのは「エターナルデザイン」というコンセプト。時代の移ろいに左右されないことはもちろん、独立や結婚など、ライフステージや生活環境が変化しても、永く愛用できるアイテムが揃っていることが大きな魅力だと思います。生活雑貨を新調するときに、スパイラルマーケットを思い出していただけたら嬉しいですね。

青山店 石山なつ海さん

青山店 石山なつ海さん

ショップ内のコーナーディスプレイに、ショップスタッフのクリエイティビティが発揮されるのもスパイラルマーケットらしさ。勤続年数の少ないスタッフもそれぞれ担当を持ち、商品管理とコーナーディスプレイを手がけている。

久世:ディスプレイする時は、ただ商品を並べるのではなく、作り手の魅力、商品の最も魅力的な部分がいちばん伝わるディスプレイを心掛けています。同じ商品でも、他のアイテムと組み合わせることで使用シーンが想像できるようになる。商品を身近に感じていただける工夫は、常に意識しています。

石山:私は入社してもう少しで1年くらいなのですが、キッチン・テーブルウェアのコーナーを担当しています。商品数も多く、扱っている作家さんやメーカーさんの数も多い。個別の商品の魅力を引き出しながら、コーナー全体のバランスを失わないディスプレイを考えるのが楽しいです。

「+S」Spiral Market二子玉川では、店舗の特徴を意識した取り組みをしている。

田中:二子玉川店では、黒板を使っておすすめの商品をご紹介するなど、お客様の気持ちにより訴えかけるディスプレイを心掛けています。家族連れのお客様も多い土地柄なので、クールで整理整頓され過ぎている店構えでは、商品を手にとっていただきにくい。温かみのあるアイテムの見せ方は意識しています。

久世:ディスプレイ作りは、お客様の反応をダイレクトに感じられることが、いちばんの醍醐味です。朝、ディスプレイや並べる場所を変えた商品がいきなり売れたりすると、「やった!」と嬉しくなります。

「商品を売る」だけがショップスタッフの仕事ではない

スパイラルマーケットは、店舗の立地によって客層が少しずつ異なる。たとえば青山店のメイン顧客層はものづくりやアートに興味のある方が中心。他店に比べて男性客も多いという。田中さんが店長を務める「+S」Spiral Market 二子玉川は、近隣にお住まいのファミリー層。丸の内は東京駅に直結しているので、観光客やビジネスワーカーが中心だそうだ。いずれも生活にゆとりとこだわりを持った、目の肥えたお客様が多い。それゆえ、商品のセレクトには大変気を使っているという。

池川:基本的に新しい商品はバイヤーが推薦しますが、どんなに小さな商品でも必ず会議にかけて選びます。その会議にはバイヤー、各ショップの店長と販促・ディスプレイ担当が顔を揃えて、全員で話し合って仕入れるか仕入れないかを決めていきます。バイヤーひとりの目線でなく、お客様の好みをよく知るショップスタッフの視点も大切にするのが、スパイラルマーケット流。いくらバイヤーがいい品だと推しても、ショップスタッフがダメと言えば、あっさり却下されるんですよ(笑)。

青山店 池川麻紀さん

青山店 池川麻紀さん

ショップのイメージに合うか、使い心地はいいか、価格と品質が見合っているかなど、厳しい基準をクリアしたものだけが店頭に並ぶのだ。

池川:僕自身もそうだったんですが、スパイラルマーケットでは入社すると、全員がショップスタッフからスタートします。センスの良い人でも、実際にお客様と接することでしか生の声や感覚は掴むことができません。まずはショップスタッフとして、たくさんのお客様を接客し、たくさんの商品に触れることで「スパイラルマーケットらしさ」を理解し、商品をセレクトしています。

田中:もうひとつ、スパイラルマーケットで大切にしているのは、商品が作られた背景です。スパイラルマーケットは“生活とアートの融合”を謳ったスパイラルのコンセプトを受け継いで、開店初期はミュージアムショップ的な尖った品揃えを中心にしてきました。現在は、より日々の生活に寄り添うアイテムを提案していますが、その心は変わっていません。デザイナー、クリエイターの想いが強く、こだわりのあるものを選びます。

池川:同時に、そういう想いがあふれたスパイラルマーケット独自のオリジナル商品開発にも、近年は力を入れています。海外で人気が出てきているデザイナーグループ、服飾デザイナーの方々とコラボレートしたものづくりは、生まれてくるものもすごく面白いです。そんなオリジナル商品も、開発途中ではショップスタッフの意見を参考にする。企画開発担当者だけでなく全員で商品をつくっているからこそ、自信と愛情を持ってお客様におすすめできます。

青山は、ビル1階の歩道に面したガラス張りのイベントショップ「ショウケース」もスパイラルマーケットが担当。扱う作家やメーカーのセレクト、ディスプレイ企画を池川さんが取り仕切っている。

池川:「ショウケース」はスパイラル全体の顔となる場所でもあるので、話題性のある商品、個性あるデザイナーさんをセレクトします。ディスプレイも、スパイラルマーケット店内とは異なり、毎イベントひとつのお店を作るように、飾り方を工夫し、商品展開も多めにしています。ときには2階ショップとも連動し、作り手の魅力がより伝わる工夫をできるのが醍醐味です。

Next Page
他店の商品でもラッピング? スタッフの創造性を活かしたサービス