Special 特集・PR

映画の魅力や想いを1枚のポスターに込める、サイレン流のデザイン視点

有限会社サイレン

世界中のあらゆる場所で、今この瞬間にも無数の映画が上映されている。アクション、SF、ラブロマンス、アニメーション、ドキュメンタリー。私たち観客は、そんな無数の選択肢の中から、観たい映画を選ぶ。しかし、その決め手となるものは何だろう? おそらく、その基準の中でも重要なものが、映画のポスターやチラシではないだろうか。有限会社サイレンは、映画宣伝を中心に、舞台、アートなどのカルチャー領域で実績を積み上げてきたデザイン事務所だ。これまでハリウッド作品のみならず、インディペンデント作品にも多く携わってきた代表の三堀大介さんに、一枚の映画ポスターへ賭ける想いを伺った。

取材・文:島貫泰介 撮影:永峰拓也(2017/08/31)

紙はWEBに勝る! 映画ポスターと日本の親和性

世の中に映画ファンはとても多い。しかし、そのポスターやパンフレットなどの宣伝物を制作するデザイナーがどんな仕事をしているのか、その業界がどうなっているのかはほとんど知られていない。まずは業界の内実や日本の映画鑑賞文化について、代表の三堀大介さんに伺った。

—いわゆる「映画の宣伝物」を制作するデザイン事務所は、日本にどのくらいあるのでしょうか?

三堀:国内では30〜40社くらいですね。その中で年間800本ほどある映画宣伝のデザインをしている、というのが僕個人の実感です。20人規模の制作会社もありますが、大半はフリーランス、あるいは僕たちのような2〜3人規模の事務所がほとんど。グラフィックデザインの中でも、かなり狭いジャンルだと思います。

—欧米に比べて、日本は鑑賞とセットでパンフレットも買うという、独特の文化がありますよね。

三堀:本当に日本人は紙が好きですよね。10年くらい前にフリーランスのデザイナーになろうとしていた僕に、いろんな人から「紙なんてなくなるよ、これからはWEBの時代だよ」とアドバイスされたのですが、蓋を開けてみれば未だにポスターやパンフレットの仕事は絶えることなく続いています。

代表取締役社長 三堀大介さん

代表取締役社長 三堀大介さん

—その中で、サイレンはどんなお仕事を?

三堀:ドキュメンタリー映画からアクション大作まで、様々な作品に関わっていますが、僕たちのこだわりは「こだわらないところ」。つまり、ノンジャンルという点です。映画ポスターのデザインというのは、それ自体はアートではなくて「宣伝ツール」でしかない。それぞれの映画を、誰に届けるか、どんなイメージを受け取って欲しいかをクライアントと一緒に見極めながら毎回手法を変える、というのが基本的なスタンスですね。

—たとえば昨年公開されて話題になった映画『デッドプール』はいかがですか? かなり攻めた宣伝が印象に残っています。

三堀:主役のデッドプールって、日本ではほとんど馴染みのないキャラクターじゃないですか。その点をどのようにビジュアルを通して払拭するかが重要なテーマでしたね。

—マーベルコミックの人気キャラクターではありますが、広く日本で紹介されたことはありませんよね……。

三堀:おっしゃる通りで、本国の宣伝戦略と同じ方法で公開していたら、困惑しか生まなかったでしょう。そこで僕たちが注意したのは「大人の冗談が満載」、そして「デートムービーに最適」という2つのイメージを持ってもらうことでした。そもそも『デッドプール』を既に知っているディープなファンはこちらからアプローチしなくても観に来てくれますからね。僕らはそれ以外の人たちに向けた宣伝戦略を練っていったんです。

—実際はどんな工夫を?

三堀:これは他の作品でも共通することなのですが、説明過多にしないことです。宣伝の仕事って、お客さんに対して「あれもこれも言わなきゃ」「これを言っておくと客層が広がるかも」という風に、やたら要素を盛り込みたくなってしまうんですよ。でも、それはインパクトを弱めることにつながるので、テーマを絞り込んでシンプルにしていく作業が大事になってきます。

映画『デッドプール』のポスター

映画『デッドプール』のポスター

—盛りすぎると、届かないわけですね。

三堀:それと『デッドプール』に限定して言うと、昨年のアメコミ映画って全体的に多くのヒーローたちが登場して、世界や自分たちの存在意義を憂うような、悲壮感漂うものが多かったんですね。そこに真っ赤なスーツ姿のキャラクターが、明らかにふざけたポーズで立っているだけで、まったく違う空気感を持つ作品だってことを伝えられると考えたわけです。また地味な仕掛けですが、全国各地の地名にちなんだダジャレコピーを考え、デザインに落とし込みました。『デッドプール』と、それぞれの場所に住む映画ファンの間に「心理的なつながり」を持たせたかったんです。おかげさまで反応も良く、大ヒットを打つことができました。

映画ポスターを徹底分析! 『君の名は。』のポスターデザインがすごい理由

デザイナーの仕事とは一般的に、かたちを整え、配置し、かっこよさやかわいらしさを視覚的に造形化するものだと思うだろう。だが、三堀さんが考えるデザインとはそれだけではないようだ。時代の流れ、トレンドの潮流を読み、より鋭く、そしてより広くまで作品が届くように「情報を組み立てること」こそが、デザインの核となる。

—「映画ポスター」と一口に言っても、様々なジャンルがあると思います。デザイナーとはいえ、得意・不得意がありそうですね。

三堀:むしろ、不得意なジャンルこそ楽しいんですよ。僕らデザイナーの仕事は、まったくゼロから新しいイメージをつくることじゃなくて、映画を観て欲しい人たちに「これは自分が観たい映画だ!」と思ってもらえるよう「翻訳」すること。そこで重要なのは、「その人たちに伝わるメッセージやテーマというのは、その人たちが理解している言語以外にない」ということだと思うんです。

—そこでいう、「言語」とは?

三堀:たとえば、アクション映画が好きな人であれば読み取れる「アクション映画らしいデザイン」です。各ジャンルに特有の感覚があって、多様な香辛料を調合するようにもっとも伝わるバランスを見極めるんです。たとえば韓流のイケメンアイドル映画の場合であれば、ベタなくらいのキラキラ感や暖色系の配色とか。映画を好きな人たちの中には、これまで目にしてきた映画、そして作品を取り巻くデザインや宣伝に触れた情報が蓄積していて、その体験が固有の言語をつくり出しているんです。僕の仕事は、その言語にフィットするデザインをつくることだと思っています。

siren_3

—先ほどの「仕事のこだわりをもたないことが、こだわり」という言葉の意味がわかりました。自分のカラーを引き立ててデザインするのではなく、観客ごとに寄り添う必要がデザインにあるんですね。

三堀:弊社の仕事ではありませんが、大ヒットした映画『君の名は。』のポスターデザインはとても優れていると思います。今でこそアニメ映画を観る人の数は増えましたけど、それでもアニメやマンガってだけで関心を持たない人は、まだまだ多い。『君の名は。』は、アニメ映画だと一目で認識できますが、新海誠監督作品であることを一番には主張していないですよね。

ー監督名の文字サイズも小さいですし、過去に手がけた作品のタイトルも載せてないですね。

三堀:「新海さんのファンであれば、説明しなくても観てくれるから大丈夫」という判断だと思うんですよね。さらに作画やキャラクターのトーンも、一般の人が受け入れられるギリギリのところで設計されていますから、作品の隅々までにデザイン的な心配りが行き届いている。それはさっき言った「伝わる言語」への意識が明快である証拠ではないかと。ポスターやチラシも入れたい要素をグッと抑えて組み立てていて、悔しくなるくらい素晴らしいデザインだと思います。

Next Page
デザイン事務所が、映画の自主配給に協力?

この企業で現在募集中の求人