Special 特集・PR

全社一斉に16連休? シフトブレインが社員の生き方に本気で向き合う理由

株式会社シフトブレイン

今年15周年を迎えるデジタルクリエイティブエージェンシー、シフトブレイン。トヨタ、資生堂といったナショナルクライアントからスタートアップまで、さまざまな企業やブランドのクリエイティブ制作を手がけ、海外アワードの数々を受賞してきた。そんな彼らの新スローガンは「WORKS GOOD!」。「いい働き方」と「機能するクリエイティブ」というダブルミーニングによってつくられたこのコンセプトのもと、同社が打ち出したのが「全社16連休」だ。なぜ、この取り組みに至ったのか? 代表取締役の加藤琢磨さんと、プロジェクトマネジメントチームリーダーの山本真也さんの話から見えてきたのは、「会社」という組織に対する柔軟な発想だった。

取材・文:萩原雄太 撮影:永峰拓也(2018/4/25)

16連休を満喫するために5万円を支給! クリエイターたちの反応は?

「4月28日〜5月13日まで16日間、全社休業します」。突如そんなアナウンスを発表したのは、クリエイティブカンパニー・シフトブレインだ。さらに、社員には休みを満喫するための軍資金として5万円を一律に支給。世の中の「働き方改革」に反して、過重労働の文化がいまだ残るIT業界において、2歩も3歩も先へ行くようなこの取り組みからは、「わくわくすること」を追求するシフトブレインの姿勢が見えてくる。

—創業15周年のプロジェクトとして、2018年5月に全社的な16日間休業を発表されました。

加藤:「(そんなに休んで)大丈夫か!?」って感じますよね(笑)。今回、15周年を迎えるにあたり、何かわくわくすることができないかと考えたんです。豪華な社員旅行なども考えたのですが、働いている人にとっていちばん嬉しいのはやっぱり「休暇」なんじゃないかなと。ほんとは1か月休暇を考えたのですが、さすがに会社が潰れてしまう(笑)。そこで、半月の公休に落ち着きました。軍資金として5万円を支給しますが、休みの時間は好きに使ってもらいたいので、この休暇で達成してほしいことや課題といったものはなく、休み明けのレポート提出も考えていません。

代表取締役の加藤琢磨さん

代表取締役の加藤琢磨さん

—現在、まだ16連休の実施前ですが、すでにポジティブな効果も現れているのでしょうか?

加藤:この施策を実現するにあたって、社内的に売上目標の達成と、社員個人の目標達成という2つの条件を課しました。とくに売上については、みんなが意識的になり、達成に向けて取り組んでくれたのがポジティブな効果ですね。

普段、ディレクター職の人たちは売上に対して意識的ですが、デザイナーやエンジニアなどのクリエイターはあまり関与していませんでした。だけど、この施策を発表したとき、会社全体が、わっと沸いたんですよ。そこからクリエイターサイドも売上やコストに対して意識的になって、チームに一体感が生まれました。

山本:ただ、目標の重きを「売上」にすることによって、失われるものもあるのではという懸念もありました。シフトブレインでは、これまで、制作物のクオリティーやクリエイティビティーが、売上などによって影響を受けてはいけないという考えから、売上目標を前面に出してこなかったんです。制作予算にとらわれすぎて、発想の枠を狭めるのはシフトブレインらしくない。

けれども、今回、売上を目標に据えても、クライアントに自信を持って提出できるクオリティーを生み出すことができたんです。売上に対して意識を持ちながらクリエイティブを維持できたことは、会社としてもチームとしても、大きな収穫だと思います。

プロジェクトマネジメントチームリーダーの山本真也さん

プロジェクトマネジメントチームリーダーの山本真也さん

加藤:お金とクリエイティブの関係はとても難しいバランスですよね。基本的に、ぼくはお金ありきの考え方はしたくないんです。今回、売上という条件を課してどうなるかなと不安な面もありましたが、みんな、「売上至上主義ではないよね」という前提を踏まえながらも、売上に対して前向きになってくれたという実感を得られました。

—16日間も休業して、クライアントへの対応は大丈夫なのでしょうか?

加藤:今回、「全員が一斉に16日間休む」が目的のため、外部の方にもご協力をいただきました。クライアントのみなさんに休みのアナウンスをするとともに、直接交渉をして、半年前から各案件のスケジュールを調整しました。

シフトブレインのTwitterにて長期休暇のお知らせを行った(画像提供:シフトブレイン)

シフトブレインのTwitterにて長期休暇のお知らせを行った(画像提供:シフトブレイン)

深夜残業が当たり前だったのが20時帰社に。そのヒントは「時間の有限」を知ること

シフトブレインでは「16日間全社休業」以外にも、リモートワークや副業、ランチケータリングなどの制度を積極的に取り入れている。なぜ、そんなにも「社員の働き方」に重点を置くのだろうか。その背景には、過去の過重労働の経験や海外で働き方を学んだことによる「意識改革」があった。

—16日間全社休業の背景には、「WORKS GOOD!」という創業15周年のスローガンがあるとうかがいました。これは、どのような経緯から決められたのでしょうか?

加藤:15周年を迎えるにあたって、およそ半年間、社内でミーティングを重ねながらスローガンを話し合いました。「WORKS GOOD!」には、スタッフたちがより幸福な人生を送ることができる「よりよい働き方」という意味と、見た目のかっこよさだけではなくクライアントのブランディングに貢献する「機能するクリエイティブ」という2つの意味が込められています。

—社内へのメッセージと、社外へのメッセージが同時に含まれているんですね。では、とくに前者に目を向けるようになったきっかけは何だったのでしょうか?

加藤:3年前に「SHIFTBRAIN LONDON PROJECT」という企画を行いました。ロンドンにサテライトオフィスを限定的に設けて、全社員が交代で滞在し、仕事をしたり、現地で研修を受けたりしたのですが、そこで、日本とはまったく違う労働文化を目の当たりにしたんです。

ロンドンでは仕事に時間を使うことはかっこ悪く、18時に業務を終えると、屋上に集まってみんなでビールを飲むなんていう会社もありました。にもかかわらず、クリエイティブのクオリティーはめちゃくちゃ高い。その頃から、ぼくのなかで「働き方」が大きなテーマとなっていたんです。

3年前の「SHIFTBRAIN LONDON PROJECT」企画のロンドンでの様子(画像提供:シフトブレイン)

3年前の「SHIFTBRAIN LONDON PROJECT」企画のロンドンでの様子(画像提供:シフトブレイン)

—じつは、6年前まで、シフトブレインとCINRAはオフィスをシェアしていましたよね。当時のシフトブレインは、毎日深夜まで働き詰めだったので、「WORKS GOOD!」というスローガンを掲げているのが、最初は信じられませんでした(笑)。

加藤:その当時は、ぼくもクリエイティブディレクターとして毎日深夜3時まで働き、タクシーで帰宅するのが当たり前でした(苦笑)。自分を振り返ると、そういう期間も確かに必要でした。けれども、会社がそういった働き方を評価するようになれば当然、全員がそちらに流れてしまう。だから、会社の軸足は長時間労働を避ける方向に置いているんです。そのなかで、各々が最高のパフォーマンスを出せる働き方を見つけられるように、リモートワークやフリーアドレスなどの制度をどんどん取り入れています。

また、「時間をかければいいものができる」と考えるのではなく、時間は「有限のもの」と意識することによって、密度は大きく変わるんです。シフトブレインでも、数年前まではみんな22時、23時の退社が当たり前でした。けれども、働き方を変えようと、1年半ほど前に業務の効率化を積極的に行いました。それによっていまでは、20時をすぎて残っている人はほとんどいません。それなのにクオリティーは落ちていませんし、売上としてはむしろ上がっているんです。

 

—時間を意識化することで、その密度が変わってくると。

山本:また、海外のアワード受賞をきっかけに、クライアントワークの幅も広がりました。それによって、仕事の選び方がうまくなったというのも生産性が向上した要因のひとつでしょう。これはクライアントから無根拠にお金を多くいただくという意味ではなく、ぼくらの提供できる価値をしっかりと伝え、それに共鳴してくださるクライアントと、適正な予算でおつき合いすることができるようになったということです。生産性というのはつまるところ、「売上 / 労働量」なので、業務の効率化だけでは大きな変化を生むことはできません。

ぼくらはクリエイターの集まりなので、制作物の細部にまでこだわりすぎるあまり、結果的に赤字に終わることもしばしばでした。そういったことがないように、仕事を受ける段階から、その工程を見極めることが必要になります。そのためには、案件全体をマネジメントするプロジェクトマネージャーの確かな腕が必要になる。年々、その重要度は高まっていますね。

エントランスには受賞したアワードの表彰状が並ぶ

エントランスには受賞したアワードの表彰状が並ぶ

Next Page
ロンドンで衝撃を受けた、クリエイターを社長やマネージャーが下支えするチームづくりのあり方

この企業で現在募集中の求人