Special 特集・PR

働き方、職種、国籍を越える。これからのクリエイティブに必要な「越境」とは

株式会社コネル

多くの人が「自由で新しい働き方」を意識するようになった昨今。そんななか、2011年の創業時から既成概念にとらわれない働き方でクリエイティブを生み出してきた組織がある。東京・金沢・ベトナムに拠点を置き、国内外から約20名のメンバーが所属する「Konel(コネル)」だ。職種や国境を越えたコミュニティーが形成され、雇用形態も働く場所もバラバラだという同社。従来の慣習やルールに縛られない柔軟な組織形態だからこそ実現できるものとは? 共同創業者である出村光世さんと荻野靖洋さん、金沢拠点代表の宮田大さん、自由な組織を下支えするバックオフィスの丑田美奈子さんにお話を伺った。

取材・文:小沢あや 撮影:岩本良介(2018/5/31)

カオスな状態が、良いクリエイティブが生まれる空気につながっている

ここ数年、「副業解禁」や「リモートワーク」など、自由な働き方を推進するワードが飛び交っている。だが、Konelは2011年の創業当初から、自然と柔軟な働き方を実践していた。それは共同創業者のワークスタイルがもともと多様だったことに起因するそうだ。

—出村さんは、外資系コンサルティング企業に所属しながらKonelを創業しています。その後も広告代理店でプロデューサーを兼務するなど、経営者と会社員の二足のわらじを履いていたそうですね。

出村:もともとはコンサルタントとして、郵政や防衛、放送など、国のインフラに関わる大型プロジェクトに従事し、左脳をフル回転させるような仕事をしていました。その反動で思い切り右脳を使ってクリエイティブすることを欲し、フリーランスになったばかりの荻野とKonelを立ち上げたんです。

代表 兼 プロデューサーの出村光世さん

代表 兼 プロデューサーの出村光世さん

出村:Konelでは、手触りのある制作が心から楽しめたので、もっとダイナミックな仕事に取り組みたいという欲求が大きくなりました。そこでクリエイティブ業界を俯瞰するために、Konelを経営しながら広告代理店の東急エージェンシーに入社しました。

東急エージェンシーでは、クリエイティブユニットであるTOTBのプロデューサーとしてさまざまな経験をし、たくさんの仲間ができました。いまはKonel経営者としてのウェイトを高めるために、会社員の籍は抜きましたが、名刺は持ち続けながら、クライアントニーズに合わせて自分の肩書きを使い分けています。

—どのように肩書きを使い分けているのですか?

出村:メディアバイイングが伴う案件は、広告代理店としてお手伝いするほうがクライアントにとってメリットが大きくなります。いっぽうで、自分たちが持っている仮説を試すためのプロダクト開発や、スタートアップ企業の支援はKonelで推進することが多いです。

最近では、ある大企業のCMO(マーケティング責任者)も兼任し、マーケティングチームの組織づくりをしたり、広告代理店に発注したりすることも増えてきました。事業会社、広告代理店、制作会社、3つの顔を持っていると、見えてくることが多くて刺激的です。

東急エージェンシーとKonelの協業プロジェクト「Amazon BAR」(画像提供:Konel)

東急エージェンシーとKonelの協業プロジェクト「Amazon BAR」(画像提供:Konel)

—やりたいことを我慢せずに、両方続けてきたわけですね。

出村:そうですね。やりたいことが複数あるから選ばなきゃいけないという固定観念は古臭いと思っています。ぼくの働き方がこんな感じなので、Konelのメンバーもいろんな仕事との掛け持ちが多く、半分は現役フリーランスで構成されています。他企業との兼業者も在籍しており、最近はリクルートやバスキュールなどからも業務委託でメンバーが集まってきました。

Konelでは、デザイナーがプログラムを書くし、エンジニアがコピーを書く。ベトナム人が日本語でオンラインのミーティングに参加するし、韓国人が英語でアメリカ人スタッフに話しかけている。さらに、夜になると昼間違う会社にいた人が出社してくる。こんな「カオスな状態」が、良いクリエイティブが生まれる空気につながっていると感じます。

フリーランスとしての限界を超えられる組織のあり方

—フリーランスの期間が長かった荻野さんから見て、Konelとはどういう組織ですか?

荻野:ぼくは創業当初から、フリーランスとしてKonel以外の仕事も続けています。フリーランスは自分の裁量で仕事を進めていける利点はありますが、課題もあります。一番大きいのは成長意欲とキャパシティーが吊り合わなくなってしまうこと。

たとえば、5年前から懇意にしているクライアントの仕事を楽しく続けているものの、当時のスキルセットに合った難易度や単価のままで続けている人は多い。本当はもっと難易度も単価も高い仕事にチャレンジしたいのに、昔からのつき合いの仕事にキャパシティーの一定量を割かれてしまうので、どうしても動きがとりづらくなるんです。

でもKonelの一員になると、メンバーやパートナー企業の方々とチームで仕事に取り組めるので、懇意にしているクライアントの仕事をチームで対応しながら、新しい仕事にも取り組めるんです。

テクニカルディレクター 兼 取締役の荻野靖洋さん

テクニカルディレクター 兼 取締役の荻野靖洋さん

荻野:また、Konelというカオスな組織に刺激を受けたデザイナーが、よりクライアントのビジネスに貢献したくなり、エンジニアや映像クリエイターを巻き込んで統合的なクリエイティブを行うこともよくあります。

クライアントワークでは試す機会が少ない技術を自社プロジェクトで実験することも多いので、ぼく自身、フリーランスだけのときより学習意欲が高まっているように感じます。こういった環境に共感して、フリーランスを続けたままKonelのドアをノックしてくれる人は多いですね。

Next Page
そこで生活したいから、そこに拠点をつくる。東京から地方、海外へ