Special 特集・PR

自分たちがインターフェイスになる覚悟

ハイジ・インターフェイス株式会社

モノや情報が溢れる現在、それらに込められた想いを人から人へキチンと「伝える」ためには、なにが必要なのか。このことを考えるとき、「インターフェイス」というキーワードはデジタル・クリエイションの世界を超えて重要な要素のひとつとなる。設立当初からこの言葉を社名に掲げるハイジ・インターフェイスは、今も発展を続けている気鋭の制作会社。外部パートナーと柔軟に連携をし、UNITED ARROWSのカタログサイトから「文化庁メディア芸術祭」公式サイトまで多様な開発案件、さらに『ヱヴァンゲリヲン』の世界観を小さなスマホに詰め込んだ特別モデルの開発や、ファッション展での幻想的な投影ショーウィンドウまで、彼らの手がける「インターフェイス」は想像以上に幅広い。そのすべてに共通するのは、送り手・受け手を結ぶ仲介役としての、独自のアイデアと覚悟。同社を牽引する二人の代表取締役、美馬直輝さんと蒲澤宏さんに、その想いを聞く。

自由な試みを支える、会社のブレないスタンス

前例のない挑戦は、ものづくりだけではない?

こうしたインターフェイスづくりの他にも「文化庁メディア芸術祭」の公式サイトや、UNITED ARROWSのカタログサイトなど、幅広い世界での実績を積み続けている美馬さんたち。技術面での造詣の深さと、先入観にとらわれない挑戦心が彼らの下地を支えている。しかし本人たちに言わせれば、「手がけたことのない試み」への挑戦は大前提であるという。  

hyge5

美馬:Androidのスマホアプリなども当初はまともに作ったことがなくて、「何とかしよう」という所からここまできています。これは僕の性格もあって、自分たちの成長につながると思えば、まずは引き受けてみようというところもあります。

蒲澤:ヱヴァスマホも、最初はゲームアプリを入れるにしてもシンプルに「使徒のブロック崩し」とかがいいんじゃない? という意見が出たけど、美馬は「いや、もっとできる」と言って(苦笑)。でも、そうやって経験を重ねる中で、だんだんとわかってきたことがあります。よかった仕事、つらかった仕事、色々あるけれど、最終的にはクライアントの想像を上回る「伸びしろ」があるのがいい仕事なのだろうなって。

美馬:もちろん毎回一番いい形を目指しているけど、ユーザーの反応や数字から色々なことを学ぶので、次はもっといいものをと思う。単にデザインとかプログラムの善し悪しだけでなく、各々のフィールドが交わるところにジャンプする瞬間があるし、最初は見えていなかったゴールが、外部パートナーとの協働の中で見つかることだってあります。その意味で僕らのつくるインターフェイスには、決まりきった「売り」はない。でも、ユーザーの視点/体験まで含めてデザインできる、そんなところを自負しているし、そこがやりがいでもある。僕らと一緒に働く仲間も、そういった部分に興味をもって考えられる人がいいですね。

社内風景

社内風景

その柔軟な姿勢は、組織論にも反映されていた。現在の訥々とした温和な話し振りからは想像しにくいが、もともと美馬さんは前職では、曰く「周りに怖がられていた存在」だったという。それは、若くして重要な仕事を任せられ気を張るあまり、知らず知らずそうなっていたのだとか。ハイジの立ち上げにおいてそんな自分をリセットするため、自然体でいられる旧知の仲間と新しい挑戦を始めた背景もある。

美馬:世の中の既存のルールに合わせるのではなく、僕らに合った働き方や会社の成長の仕方があるんじゃないか——その気持ちは創業以来ずっと大切にしています。しばらく前から日本は高齢者社会に向かっていて、人口比が大きく変わると、これまでの仕組みやルールも通用しなくなってくる。だとすれば、もうそこにとらわれる必要はないんじゃないかと。

蒲澤:現在、美馬と僕の2人代表取締役制をとっているのも、その試みのひとつです。2人で代表としての業務を分担して、互いにまだまだ現場に貢献しつつ、より仕事を楽しめるようバランスをとるのが狙いです。

美馬:働き方についても、僕は3年前から家族と熱海に住んでいて、そこから会社に通っています。環境さえ整っていれば日本中どこでもいい、と探してみた結果です。状況にしっかり向き合った上でなら、会社全体としても、新しい試みはどんどんしていくべきだと思っています。

自分たち自身が「インターフェイス」になる

そんな彼らへの最後の質問として、デジタル・クリエイションの世界でインターフェイスづくりを行う自らの仕事のやりがいについて聞いてみた。美馬さんはそれを「多くの人が、長い間使ってくれるものを作れる喜び」と語る。たまたま会った古い友人が、偶然自分の手がけたアプリのヘビーユーザーだと知ったとき、また、街角でハイジの関わったスマホを手にする人を見かけるとき、この仕事ならではの嬉しさがあるという。その喜びもまた、彼ら自身の日常の中に息づいているものだと言える。

そして、それを実現するには、自分たち自身が「インターフェイス」となる意識が必要ではないか、と美馬さんは言う。

hyge7

美馬:特に規模の大きなプロジェクトでは、関わる人同士をつなげていく仕事も大事なこと。その意味で、ハイジのスタッフはそれぞれ「自分自身がインターフェイスになる」という意識でいてほしいと思います。それは、人や組織の「間」に付く人間として「覚悟」を持つということ。クライアントとの間に立って、ただ相手の言葉を右から左に伝えるだけなら、その存在は要らないわけですから。だから僕はクライアントにもらった意見を制作陣に伝えるときは自分の責任として話すし、逆もまた然りという気持ちでいます。

企画や仕様の変更も、それぞれが納得の上で気持ちよくできるには、「適切に伝える」ことも重要になる。意図を伝わりやすい言葉に置き換えるという点では、翻訳のような性質も持つものだ。そこには、制作者として単にインターフェイスをつくるだけではなく、最終的には自分自身が全ての人やモノを繋ぐインターフェイスになるべきだ、という彼ららしい理想もあるだろう。

蒲澤:もちろん、クライアントの要望が前提の受託制作という意味では、超えられない壁もあると思っています。それでも「もっといいものができる」という確信があれば、その理由を説明して、クライアントに納得してもらうのも僕らの仕事。そういうと戦いみたいですけど(苦笑)、実はプロジェクトに関わる人々全体のベクトルを、視点を整えていくことなんですよね。「自分たちがいいと思うから」ではなく、「使うお客さんがいいと思うはずだから」。最終的には、それが関わるみんなのためになる。僕らは常にそう思って仕事をしてきたし、これからもそうでありたいと思っています。

まとめ

インターフェイスの仕事は、ケースバイケースとはいえ、おしなべて「最適解」を探すもの。ではそこに「個性」の入り込む隙はないのだろうか? 取材前のそんな想いは、彼らの話を聞く中で改められた。確かに境界面としてのインターフェイスには、余計なエゴ的表現は無用の長物だろう。しかし、それをどのようにつなげるか、そのアプローチは千差万別、また時代と共に変わっていくものでもある。「良き仲介役であること」と、個性的であることは矛盾しない。オンライン・オフラインを問わず、また仕事そのものにおいても「つながりのかたち」が問われる今、ハイジ・インターフェイスの活躍する舞台は、まだまだ広がっていくだろう。

この企業で現在募集中の求人