Special 特集・PR

目指すは社員第一主義! ワーク・ライフ・バランスを追求する、あるデザイン会社の話。

有限会社キューポイント

「ワーク・ライフ・バランス」とは、仕事と生活の調和を差す言葉だ。充実した暮らしには、生きがい・収入の両面で「仕事」が大切だが、長時間労働などで暮らしを犠牲にしては本末転倒。だからこそ、人生では両者のバランスが求められる。これは働く人々にとっては当たり前の課題だが、近年は行政や企業側の取り組みも含め、多面的に語られるようになった。そんな中、ひときわ多忙さが取り沙汰されがちなデザイン業界で、優れた仕事を手掛けつつ「人生の充実」も重視する会社があるという。それが今回取り上げるキューポイント社だ。かつて自身もワーカホリック(仕事中毒)だった代表の伊藤篤信さんが自分なりの哲学を求めて辿り着き、今も試行を続けるのが「社員第一主義」というスタイル。そこで伊藤代表と同社の若手スタッフに取材し、彼らが目指す理想の働き方に迫る。

取材・文:内田伸一 撮影:相良博昭(2014/05/02)

「社員第一主義」のワークスタイル

代々木公園駅から徒歩数分、一階には開放感のあるセレクトショップが営まれる、いかにもこのエリアらしい建物のワンフロアがキューポイント社の拠点だ。2004年設立。コスメ、ファッション、エンタメ、教育など多彩なジャンルのデザインを手掛け、機能性の高いものから動きのあるダイナミックなサイトまでオールマイティに対応する。まずは、創設者で代表の伊藤篤信さんに同社の特徴を伺った。

伊藤:僕らはWEB制作を中心に、紙ものも含めたデザインを手掛けています。仕事柄、システム系の人材もいますが、割合でいうとデザイナーが約7割。多くの仕事は代理店さんと一緒に動いて、デザイン面でのコンサルや企画から実制作まで行っています。

好景気・不景気の波の中でも9年間、着実に成長し続け、仲間も少しずつ増えてきた。だが、がむしゃらに走り続けた設立初期を経て、伊藤さんは数年前、社員の働き方について考え直すターニングポイントを迎えた。

伊藤:今は経営指針を「社員第一主義」、つまりいちばん大事なのは社員だと考えています。福利厚生で各種手当の充実を図り、勤務時間も無駄に長くしない。社員のやりたい事や、それぞれの人生をより大切にしたいと思ったんです。こうしたことを、数年前から意識的に改善してきました。

HPに記載されている様々な“社員手当” title=

HPに記載されている様々な“社員手当”
http://www.9pt.jp/allowance/

具体的には、まず同規模の会社では類を見ない多彩な社員手当がある。住宅手当、エコ通勤手当のほか、社員の想像力・感性に資する書籍代や鑑賞代をサポートする「読書手当」「鑑賞手当」、またスクール・講習の補助制度なども。多くは月9千円(9ポイント?)だが、住宅手当のように勤続年数で金額がアップするものもある。

伊藤:変わり種としては、非喫煙者を対象にした「健康増進費」もあります。ただ、これは喫煙家に禁煙を強いるものでは全然なくて。もともと、タバコを吸うスタッフにとって喫煙スペース=休憩場になっていて、社内コミュニケーションが偏るのを解消したかったのがきっかけです。だから社外での喫煙有無までは問わないし、基本はスタッフに気持ち良く働いてもらい、結果として仕事の質も上がればというのが狙いです。

さらに、規則的で無理のない勤務時間も実行されている。現在同社では、10時出社・19時退社をベースに業務が動く。20時以降に鳴る電話には一切出ず、22時くらいまで残ると「遅くまでやっていて大変だね」という雰囲気。正直、こうした業種の会社では、なかなか見られない光景だ。

伊藤:もちろん繁忙期などは、帰りが遅くなることもあります。ただ、ダラダラと長期戦になだれ込むことを極力改善した結果、徹夜してまで頑張るというケースはかなり珍しくなりました。20時以降の電話も、誰かが出てしまったら僕が「それじゃ仕事が続いちゃうだろう?」って怒る(笑)。そういうことを地道に続けて、最近ようやく変化が実感できる形になってきたと思います。

興味深いのは、こうした働き方の工夫やアイデアが、代表のトップダウンではなく、社員の提案も含めて進んできたことだ。始めに伊藤さんから基本的な考え方と具体案数点が示された後は、年2回の「改善コンペ」における各社員からのアイデアも多数採用されてきたという。前述の電話対応時間設定も、新たに始まる「子育て手当」も、スタッフ自身からの提案が採用されたものだ。

「福利厚生」というと固い言葉だが、「居心地のよい仕事環境づくり」と考えれば、若いスタッフにも参加意識が芽生える。現スタッフの勤続年数は3年〜7年。彼ら自身が「会社を作るのは自分たち」という意識を共有することも、この試みの役割なのだろう。優秀な人材に長く働いてもらえれば、チームとして仕事の質を高く保てる、と伊藤さんは語る。

仕事漬けの日々から、よりカッコいい働き方へ

伊藤さんが現在の考え方に至る道筋は紆余曲折があり、そこがまた面白い。伊藤さんは起業に至るまで、国際的に活躍するデザインスタジオ「artless(アートレス)」への所属や、フリーランスなども経験。そのうえでの会社設立だった。

伊藤:最初はなんとなく流れで起業、という感じでした。当時はフリーでFlash制作を請け負い、それなりにお客さんもいて忙しくなって。それなら自分たちで、ということで、似た境遇のフリーランスの知人と共同で会社にしたのが出発点です。大学時代からアルバイトでこの世界に入り、会社勤め、派遣的な仕事、フリーランスと色々やってきて「そういや会社経営だけはやったことないな」っていう、どこかおちゃらけたノリもあったと思います(笑)。

社内風景

社内風景

とはいえ仕事は順調に広がり、スタッフも増えていった。共同設立者とはその後に袂を分かつものの、伊藤さんは同社を引き続き運営。「あまりきっちりした決まり事はつくらない」社風だったが、やがて忙しさが増すと、そのことが「今日も普通に終電まで」という悪循環の日々を生んでいく。

伊藤:徐々に社員から僕への風当たりも強くなってきたけど、当時は『いやいや、俺が一番働いているし!』みたいな変な自信もあったんです(苦笑)。ただ、知人にも『社則とか整備しないと、会社と社員、お互い不幸な関係になるよ?』と助言されたことが、考え直すきっかけにもなって。ちょうどその時期、企業経営とワーク・ライフ・バランスに関する講座があると知って、軽い気持ちで参加してみたんです。

彼がそこで知ったのは、子どもができた女性スタッフも出産・子育てを経て、ナチュラルに職場に復帰できるという実在企業の事例。そんな会社のあり方が羨ましく、カッコよくも見えたという。ここまでの取材では、順調な経歴を語りながらも「よくある話ですよ」とどこか冷めたトーンだった伊藤さん。その口から、意外なところで「カッコいい」という言葉が熱っぽく響いたのも印象的だ。

伊藤:振り返ると、それまで僕は「会社でやりたいこと」が明確にないまま経営を続けてきました。トップランナー的なクリエイター集団になって世界を変えるデザインをしなきゃ、などと思い込んでいた時期もあったけれど、その価値観はどこかしっくりこないままだった。それでも色々無理をしつつ「仕事、仕事」と走ってきた後に出会った「充実した働き方」というのは、自分でも意外なほどフィットしたし、かつ、その環境づくりを考える面白さも予感しました。

「もう少し早く自分が変われていたら、という悔しい気持ちもあります」

良い哲学を持つ会社に良い人材が集まる。そこでは、良い仕事が良い人生にもつながり得る。ごく真っ当な理想とも言えるが、自身がかつて超ハードな仕事環境にどっぷり浸ってきたからこその想いも、そこには感じられる。伊藤さんはかつて、起業数年目まではオフィスに連日泊まり込み、やがて人生のパートナーとの関係も上手くいかなくなってしまったというという苦い経験を持つ。

9point4

伊藤:会社での働き方を考え直したことと、自分のそうした私的な変化の時期は確かに重なっていて、もう少し早く自分が変われていたらという悔しい気持ちもあります。気付いてみれば、ただがむしゃらに働いていただけで、自分の中に何も残っていなかった。働いたぶん稼いだお金は残りましたけど、それも別のものを犠牲にして得た感が強かったですね。それこそ、「カッコいい」か「ダサい」かで言ったら、当時の働き方は後者だったと思います。

自らの実経験と、外の世界から受けた刺激が重なり、伊藤さんはワーク・ライフ・バランスについて関心を寄せ始める。「何かにハマると本を読み漁るタイプ」という彼は多くの関連資料を手に取り、自分たちなりの理想はどのように実現できるかを模索し始めた。それを考えるのは、今までの仕事とはまた違った楽しさがあったという。

伊藤:軽いノリで起業して、ワッと働いてワッと稼ぎが入って来る——そんなどんぶり勘定的な経営から、社員が自発的にこの会社を選んでくれる要素って何だろう? と改めて考えるようになりました。お話したような仕組みはそこから生まれていったもので、それは僕にとって、カッコいいWEBサイトをつくること以上に、面白くてクリエイティブなんじゃないかな、という気すらしてきて。

20代は時間を惜しまず必死で仕事を覚えるのもいい。30、40代では家族も大切にした別の働き方があっていい。場合によっては在宅勤務という形が、その人にも会社にもベストな場合があるかもしれない——。つまり、個々人、そして各年代によって理想の働き方も異なるということ。それはまさに、ワーク・ライフ・バランスを考える上でのテーマでもある。

Next Page
「19時退社で、作業効率が上がった」