Interview 私としごと

当たり前をつくるのではなく、感動をつくりたい

株式会社スクウェア・エニックス
本岡 真也(プログラマー)

子供の頃からドラクエ(ドラゴンクエスト)やFF(ファイナルファンタジー)などのRPGが大好きだったという本岡さん。現在、29歳のまさにど真ん中のゲーム世代だ。現在ゲーム会社の超大手スクウェア・エニックスでプログラマーを勤める彼は、服装の自由なゲーム会社の中であえて自らスーツを着て仕事に臨んでいる。一度就職したSEの仕事を辞め、改めてゲーム専門学校からプログラマーを目指した経歴の持ち主だが、そこには一本筋の通ったゲーム開発への思いがあった。

プロフィール

本岡 真也

1983年生まれ。慶應義塾大学を卒業後、SEとして富士通株式会社に入社。2年後、以前からの憧れであったゲーム業界へ挑戦するため退職。ゲームの専門学校へ入学する。在学中からシリコンスタジオ株式会社でプログラマーとしてゲーム開発に携わるようになり、念願の業界入りを果たす。2010年、子供の頃から大ファンであった株式会社スクウェア・エニックスへ転職。現在「ファイナルファンタジーXIV」の開発にプログラマーとして参加している。

作品が受け入れられるかどうかは、出してみるまでわからない

—その後、シリコンスタジオからスクウェア・エニックスに転職したのは、どういう経緯があったんですか?

本岡:シリコンスタジオに以前スクウェア・エニックスで働いてた人がいたのですが、その人からFF14のプログラマーを探してるって話をいただいたんです。元々FFやドラクエが好きだという話はしていたので、紹介していただいてからは、とんとん拍子で今に至っています。一度受けてダメだったという経緯もあって、いつかは働きたいと思っていた会社だったのですごく嬉しかったですね。

—まさに念願が叶ったと。スクウェア・エニックスに来てプログラマーの仕事で変化した部分はありましたか?

本岡:シリコンスタジオでは主に、少人数で開発期間の短いソーシャルゲームなどをつくることに携わったのですが、スクウェア・エニックスでは大規模プロジェクトに関わっているので期間も長いし関わっている人数も多いです。

—関わる人数が増えるとやっぱり違うものなのですか。

本岡 真也

本岡:規模感は大きく変わりましたね。プログラマーってパソコンに向かってずっとプログラミングをしているイメージがあるかもしれないですが、企画の人たちと何度も打ち合わせをしなければいけないし、すごく考えることの多い職業なんですよ。よく家づくりにたとえられるんですが、外装やインテリアを考えるのがデザイナーやプランナーで、実際に設計図を書いて大工作業をするのがプログラマー。つくる家が大きくなればその分、考えたりすり合わせなきゃいけないことも増えるんです。

—本岡さんは一般企業出身で珍しいタイプかもしれませんが、ゲーム業界で働いている人というのはどんな人が多いんでしょうか?

本岡:たしかに僕は周りからよく「営業の人っぽい」って言われますけど(笑)、基本的にゲーム業界にいる人って、世間一般で言われているオタク以上にオタクな人が多いと思います。自分の好きなことをとことん追求する。でも、もちろん会社では人とやりとりをしながら仕事をしなきゃいけないので、あんまり偏屈な性格をした人はイメージほど多くないと思います。日々、コミュニケーションをとりながら仕事を進めないといけないので。

—そんなゲーム業界で働く上で、難しさはあったりしますか?

本岡:自分が作ったものが受け入れてもらえるかどうかは、作品を出してみるまで全くわからないというところですね。長い開発期間をかけていいものができたと思っても、全くいい反応が返ってこない時もあります。もちろん万人に受けるものは難しいということは頭ではわかっているんですが、自分で体験してみて強く実感するようになりました。

—なるほど。では逆に、魅力はどんなところにあるのでしょう?

本岡:それはプログラマーに限らないですけど、自分が作ったものがダイレクトにお客さんに届いて感動してもらえることですね。僕は「人を幸せにする仕事がしたい」という気持ちが一貫してあって、そういう意味では、システム開発で当たり前のものを作って世の中を豊かにすることも一つの道だったのかもしれません。だけど、それを自分の好きなゲームで、自分が感動したものと同じような体験をプレイヤーの人にもしてもらえたら、こんなに嬉しいことはないですね。

仕事とは、ロールプレイングゲーム

—今後の目標はありますか?

本岡:やっぱり自分が作ったものを多くの人に見てもらいたいですね。僕の友達では、仕事が忙しかったりするのでゲームをやってる人はすごく少なくて、せっかくゲームを作ってもそこまで遊んでくれる人がいないんです。会社なのでもちろん売れなきゃいけない、っていうことは大前提としてあるにしろ、手にとって何かを感じてもらいたい、その上で何か心に残るものがあったらすごく嬉しいです。自分が小さい頃にゲームで遊んですごく面白かったという体験があるので、自分の友達や今の子供たちにも同じ感動を与えられたらいいなと思っています。

—素敵な動機ですね。プログラマーとして上を目指したいという欲求はありますか?

本岡:将来的にはディレクションをやってみたいですね。やっぱり僕は、人との関わりや一緒に作っていく一体感がすごく好きなんです。上の立場になると多くの人に関わることができますし、将来的にはそういう仕事ができたらいいなと思います。

—本岡さんは自分が好きなことを仕事にできたわけですよね。好きだからこそ仕事にするのが辛い、ということはなかったですか?

本岡 真也

本岡:もちろん最初は葛藤もありました。「ゲームで遊ぶこと」と「ゲームをつくること」は全然違うことなんですよ。僕らがやっていることは趣味の延長ではなく、仕事として考えてやっているということは大きな違いだと思います。ゲームで遊ぶことが好きでこの業界を目指す人は多いんですが、それをつくるとなると苦労することはすごく多い。そこでイメージの違いを感じて脱落していく人は多いかもしれませんね。

—では、なぜご自身は脱落せずに続けられたと思いますか?

本岡:まぁ仕事を辞めてまで入ったからっていう、意地みたいなものもありましたし(笑)。体力的にきついこともあるので根性は大事だと思いますけど、その苦労も含めて仕事としてすごく面白いので、今はゲームを遊ぶこと以上につくることが好きになりましたね。あとゲーム開発者ってゲームを遊ぶだけじゃなくて、色んなことを経験したほうがいいなと思うようになりました。例えば、ラスベガスへカジノに行ったり、スカイダイビングをしてみたり、そういう経験のほうが実はゲームに活かせると思います。

—最後に本岡さんにとって「仕事」とはどういうものなんでしょう?

本岡:そうですね……(笑)。難しい質問ですが……やっぱり僕にとって仕事とは「RPG」ですね。今はプログラマーという「ジョブ」を与えられて、スーツという装備でパラメータを上げて仕事をしてます。仲間と協力してゲーム開発というボスを倒して、皆が喜んでくれるゲームができあがれば世界が平和になる(笑)。そんな思いを胸に秘めて仕事をしています。

いまこれがオススメ

本岡 真也
天然石
昔からキラキラしたものが好きなんですが、最近は水晶などの天然石を集めるのにハマってます。趣味になったのはここ1、2年なんですが、通信講座で「パワーストーンセラピスト」って資格を取ったりもしました。講座で習ったのがきっかけで、天然石を使った女性向けのアクセサリーもつくるようになって、友達にプレゼントしたりしています。ハマったきっかけは特にないんですが、もしかしたら「ファイナルファンタジー」シリーズでクリスタルが出てきたというのも関係しているかもしれませんね。

この業界で人材を募集中の企業