Interview 私としごと

自分のお店を持つ。その夢が叶うまで

株式会社スマイルズ
中村 裕子(デザイナー)

幼い頃から「自分の作った洋服のお店を持ちたい」という夢を抱いてきた中村さん。美大を卒業後、イッセイミヤケに入社し、順風満帆なデザイナー人生がスタートしたかのように見えたが……。思うように仕事のできない葛藤、失われた自信、退職後の工場勤務ーー20代前半はもがいた時期だったという。やがて訪れたスマイルズへの入社という転機から、洋服作りという夢に向かい大きく前進する。ネクタイブランド「giraffe」の立ち上げに明け暮れた日から6年、自身のファッションブランド「my panda」を立ち上げ、夢のスタート台に立った彼女の仕事観を探る。

プロフィール

中村 裕子

1983年生まれ。多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイル専攻卒業後、株式会社イッセイミヤケを経て、2006年有限会社giraffeにデザイナーとして入社。「giraffe」の立ち上げから参加する。現在もgiraffeの全商品のデザインを担当するかたわら、2012年、新ファッションブランド「my panda」を立ち上げて、デザイナーとして活動。

着る人が喜んでくれることで、初めて完結できる

—giraffeの立ち上げはどんなかたちで進んでいったのですか?

中村:まだモノができていないのに、表参道ヒルズにワゴンショップで店を出すということだけが、すでに決まっていて。つまり、とにかくモノを作らないといけない。当時giraffeには私ともう一人しかいなくて、デザインだけをやっていればいいというわけにもいかず、数字を見たり工場探しまで、ありとあらゆることをやっていましたね。あとは、工場を探すのは本当に大変だったけれど、私自身の工場勤務時代の経験が生きて、結構スムーズに話を進められたり。経験して無駄になることってないんだなぁ……と改めて感じたりして。

—全てが地続きで繋がっているんですね。

中村:それは実感しましたね。それで、一時期この業界から離れていたものの、またデザインを仕事にできるようになった満足感が凄く大きくて。店頭に自分の作ったネクタイが棚に並ぶというのは、昔から「お店をやりたい」と夢みていた私には本当に嬉しい光景でした。だからgiraffe設立当時は、どんなに忙しくても毎日が楽しくてたまらなかったです。

—だけど、そもそもネクタイって男性が使うものですよね。そういった点で苦労はなかったですか?

中村 裕子

中村:デザイン面では苦労しましたね。もともと私は淡い色が好きなんです。だけど、ネクタイって締めるものなので、濃い色合いにしないと、つけた時に全体が引き締まらない。あとは配色の面で、女性向けのデザインをするのとはまったく違っています。だから私は、男性デザイナーには出せないような色合いのネクタイを作っていました。

—たとえばどんなネクタイを?

中村:パステルカラーのネクタイとか(笑)。はじめのころは、自分が作りたいからという理由で作っていました。好きなものをつくれるが嬉しくて、ただひたすら作っていたというか。でも、売り上げの数字を見ていると、売れるものと売れないものとがハッキリ分かってきて。自分が作りたいものが、必ずしも売れるものに直結するわけではない、と自覚したきっかけでしたね。そういった現実と向き合っていると、徐々にどうしなくてはいけないかが、見えてくる。売れるということは、つまり人が喜んで買ってくれるということ。だったら人が喜んでくれるネクタイを作ろう、と気持ちも徐々に変化していきました。

—それは中村さんにとって、大きな変化だったんでしょうか?

中村:そうですね。自分がアーティストだったらそれでいいんですけど、私は違う。その頃から、使ってくれる相手を想像しながら、モノづくりができるようになりました。私の場合、服作りは使う人が喜んでくれたところで、ようやく完結する仕事なんだって。

—giraffeは、立ち上がって何年くらいになるんですか?

中村:2006年からなので、今はもう7年くらいになりますね。これまで何千本のネクタイを作ってきたことか(笑)。だけど、ずっと心に「30歳までに自分のブランドを作りたい」という思いがあって。だから、だんだんネクタイを作る「ネクタイ屋だけで終わっちゃうなんて絶対にいやだ!」っていう気持ちも芽生えてきたんです。とはいえ、giraffeのことは大好きなので、愛着があるから手放せない。でも新しいこともしたい……。凄い葛藤でしたね。そんな焦りから、代表に相談して泣いたこともありましたし(笑)。それもあって、一昨年夏に代表が「1回やってみたら?」と、新ブランド立ち上げに乗り気な様子を見せてくれたことがありました。

—そこからmy pandaの誕生へと結びつくんでしょうか?

中村:いえ、まだです(笑)。当時、2種類の生地を使って作るタイプのネクタイが増えて。代表とそんなネクタイに名前を付けようという話していたら、「2色で可愛いものといえば、パンダじゃない?」ということになって。それでネクタイだけではなく、2色の生地を使ったファッションアイテムを展開するブランドがあったら面白いかも、とか、話がどんどん盛り上がっていたんです。その願望を実現させるため、「FIGHT FASHION FUND by PARCO」という企画に参加しました。資金やビジネスパートナーなどのないファッションデザイナーを応援するマイクロファンドで、「1口3万円で、服ではなく、才能を買う。」という夢のような企画にエントリーしたんです。

いまは夢のスタートに立ったばかり

—それで見事ファンドを勝ち取ったそうですが、今は会社でも事業化されていますよね。

中村:そうですね。最終的にファンドで支援をいただくことになり、多くの方から出資をいただきました。それと同時に会社でも事業として立ち上げることになったんです。スタート当初はこんなに大きなことになるとは、正直想像してませんでしたね。パルコにプレゼンをしてからオープンまで、ありえないくらいの速さで進めて。その間にも大きなプレッシャーを感じて、だんだん怖くなったり。私の頭の中で思い描いているものが、他の人にとっても「いいもの」なのかわからないという不安でいっぱいだったんです。

—オープンするまで、その不安はずっと続いていたんですか?

中村 裕子

中村:とはいえ、洋服ができあがってきてからは、徐々に消えていきましたね。実際に形になって、周りの反応をみることができるようになったのが大きかったかもしれません。店舗の内装や備品なども揃って、自分の想像に近いお店が徐々にできてくるにつれて、もう嬉しくてたまらなくて。だからお店がオープンしたときは、ただただ嬉しくて、本当に幸せでした。

—そんな洋服をつくる上で、どんなことにやりがいを感じますか?

中村:やっぱり街で自分の洋服を着ている人を見かけたときですね。声をかけにいきたくなっちゃいます(笑)。自分の洋服がお客さんの手に渡って、喜んで着てくれているのを見ると嬉しい。やっぱり人をびっくりさせたり、楽しませたり、喜ばせたりすることがやりたいし、それが私の「目的」なんだなって。だから最近は、洋服を作るのもその「手段」のひとつだと思うようになりましたね。

—では、ものづくりの上で、心掛けているルールはありますか?

中村:ルールはたくさんありますね。たとえば、基本的に着る人に前向きになってほしいので、マイナスなイメージを持たれるものは作らないとか。あとは、着てくれる相手を想像しながら作ることも意識しています。なんというか、相手を想像できないものは、作りませんね。基本的にはひとりでデザインをしていますが、自分ひとりの“好き”じゃなくて、いろんな人が着られるようにと広い範囲で考えるようにしています。長く着てもらえるような、いい服を作れるように。

—なるほど。それでは、今後の展望などを聞かせていただけますか。

中村:将来的には幅広い年代の人たちが楽しめる、ファッションショーを開きたいなと思っています。ショーという形はまだ実現していませんが、結局私の根底には、服で人を幸せにしたいという想いがあるんでしょうね。my pandaもスタートしたばかりで、今はまだまだ途中段階にすぎないから、これからももっと沢山の人に愛されるようなブランドにしていきたいですね。

いまこれがオススメ

中村 裕子
NIKE+FuelBand
歩数やカロリー、動いた時間などを計測して、LEDで表示してくれるアイテム。運動が大好きで、平日に2日はランニングをしていることもあり、いつも身につけています。普段は12,000歩くらい歩いているのですが、土日はあまり動かず6,000歩くらいしか歩いていないみたい(笑)。万歩計代わりとしても使っています。

この業界で人材を募集中の企業