Interview 私としごと

働きたくないけど、自分にしかできない仕事は誇らしい

株式会社ナターシャ
淵上 龍一(コミックナタリー 記者)

実家は借金まみれで自己破産、自身も留年を繰り返して20才まで高校1年生、27才まで気ままなアルバイト暮らし——世間一般的に見れば就職なんてとてもじゃないけど難しい経歴な上に、「とにかく働くのが嫌だった」と言う淵上さんはいま、国内屈指のカルチャーサイトとして知られる「ナタリー」で、マンガニュースを発信する「コミックナタリー」の記者として活躍中だ。つい最近まで「仕事」とはほど遠い日々を送っていた若者を、「誇らしい」と語る情報発信の中枢へと導いたのは、常におもしろいことを求めるアクティブな姿勢と、子供の頃から培った反骨心のあるオタク精神。波瀾万丈の半生を語ってもらった。

プロフィール

淵上 龍一

1983年6月28日、千葉県生まれ。通信制高校に通いながらインターネットを開始。日記やコラムをメインにした個人サイトを運営し、文章の下地を築く。20歳まで高校1年生を繰り返したところで自主退学。23歳のとき実家が自己破産したため、強制的に自立を迫られる。インターネットで知り合った友人とルームシェアを開始するが、無職3人では8万円の家賃も分担できず、滞納を繰り返したあげくルームシェアを解消。親もとに舞い戻り、うだつのあがらぬ日々を過ごす。その後、ナタリーに就職した元ルームシェア相手の紹介により、アルバイトとしてコミックナタリーの立ち上げに参加。2010年、正社員に昇格。

自分にしかできないことがあれば誇らしい

—実際のニュース更新はどんな流れで?

淵上:「取材」「執筆」「承認」っていう3本柱があって。まずライターが取材してネタを見つけてきて、出版社などに確認を取りながら記事を執筆し、それを編集長が承認する。取材はライターごとに担当の出版社が決まっていて、各社のホームページとか、そこで書いてる作家さんのウェブサイトとか、あとは出てる雑誌をチェックして。大きい出版社だと定期刊行誌だけで20〜30冊あるので、各ライターごとにバランスが均等になるように振り分けてますね。

淵上龍一

—インタビューやイベントレポートもありますよね。

淵上:そうですね。僕は西原理恵子さんの『人生画力対決』というイベントをずっとレポートしてるんですけど、書きたいことがいっぱいありすぎて、すごい長くなっちゃうんですよね。ヘタすると1本の記事を2日徹夜して書くことも。それを編集長に付き合ってもらって、ここわかりづらいから変えてとか、ここおもしろいからもっと膨らまそうよとか、そういう感じで一晩かけて直したりして。でも、その画力対決のレポートは、僕のなかでも自信作で、小学館の人たちにも好評なんです。やっぱり、今でも基本的には働きたくないんですけど、上手にできると楽しいんですよね。

—では、いま働いてるのは、楽しいから? それとも生活のため?

淵上:生きるためには仕方ない(笑)。ぶっちゃけて言えば、うちの親じゃないですけど、莫大な遺産が転がりこんできたときに、人って働くのかな? って。でも、それを考えたときに、上から目線になっちゃいますけど、いまの仕事は別にやめなくていいかなと思ってますね。子供の頃から好きだったマンガに関われて嬉しいし、作家さんとか編集担当の方とか、裏側に触れられるのはかっこいいなって。さっき言った「どれだけ人と違ったコアなことができるか」っていう勝負があるじゃないですか。僕の中で結局それは完全には抜けてなくて。やっぱり自分にしかできないことがあれば、それは誇らしいし、おもしろいんですよね。

昔は「俺のほうがすげえ」って言ってるだけで、何もしてなかった

—淵上さんはこうやって経歴を辿っていくと、すごく普通じゃない人生を送られてきましたけど、いま実際にお話をしてみると、社会性もあるし、礼儀正しいし、すごくちゃんとしてますよね。そういうビジネスマナーみたいなものは最初から身に付いてたんですか?

淵上:周りにいた人たちが、ずっと目上の人たちばかりだったんですよね。僕が16才でネットを始めたときは、ネットをやってる同世代は全然いなくて、遊ぶ友達はみんな社会人だったんですよ。やっぱり目上の人に対して、あまり失礼なことはできないから、そういう意味では多少の社会性が築かれたのかもしれないですね。

—これまで淵上さんが経験されてきたことが、いま立派に役立ってるわけですよね。

淵上龍一

淵上:遊び歩いていたときの経験は確実に活きてますね。ずっとマンガ畑だったライターさんとは違う、自分にしかわからない情報みたいなものもあって。自分が歩んできた道が無駄ではなかったっていうのはすごいうれしいことですよね。でも、最近はちょっと忙しくて遊ぶ時間が作れず、自分のアップデートができないまま昔の知識で食べてるみたいなところもあるので、ちゃんと遊ばなきゃとは思ってます。

—では最後に、仕事をするうえでのポリシーを教えていただけますか?

淵上:ポリシーかぁ…。まぁ、前提として「仕事したくない」はあるんですけど、やらなきゃいけないことじゃないですか(笑)。やらなきゃいけないことは、ちゃんとやろうとは思います。そこで手を抜いても怒られるだけだし、ちゃんとやってれば見てくれる人はいる。僕は今までマジメに生きてこなかったので、評価すらされてこなかったわけですよ。「俺のほうがすげえ」って言ってるだけで、何もしてなかった。そう気付いたからこそ、誠実さは失わないようにしたいですね。

いまこれがオススメ

淵上 龍一
家族
僕、Twitterで一時期「彼女募集中です」って1日1回ツイートしてたんですよ。彼女がいないって、言わないとみんなわからないので(笑)。そうしたら、とあるクラブイベントで女性に「彼女募集してるんですか?」って声をかけられて「じゃあ、付き合いましょう」ってことに。そのまま結婚して、子供まで作りました。これ、ほんと端折ってないですからね。僕の言う基本スタンスの「働きたくないけど、働かなきゃいけない」の一環として、やっぱり家族がいると、それを守らなきゃいけないっていう気持ちになりますよね。ほんとにほんとにダメなときは、家族がいたって嫌なんですけど。でも、家に帰って人がいるとホッとしますし、やっぱり人と一緒にいるのっておもしろいなと思います。

この業界で人材を募集中の企業