Interview 私としごと

「出会わせたもん勝ち」という編集スタイル

株式会社角川メディアハウス
下田 桃子(映画事業部 映画事業課)

26歳になる下田桃子さんは、株式会社角川メディアハウスにて映画関連の雑誌や書籍の編集者として仕事をしている。早くから文学や映画の世界に親しみはじめ、早稲田大学在学中には「早稲田文学」の編集に携わり、プロの作家やデザイナーとともに誌面を作り上げてきた経歴の持ち主だ。一流クリエイターや編集者たちから色濃く影響を受けながら、あくまでも自分の心に正直に歩んできた「編集」道とは? 身のうちから情熱が溢れ出す、下田さんの仕事観をお伺いした。

プロフィール

下田 桃子

1986年、東京都出身。早稲田大学第一文学部文芸専修に入学後、「早稲田文学」編集部に在籍。卒業後、株式会社角川メディアハウスに入社し、映画事業部に編集者として配属。現在は、おもに「シアターカルチャーマガジンT.[ティー.]」、フリーペーパー「TOHOシネマズマガジン」をはじめ、映画関連の書籍、小冊子などの編集業務を行っている。

入江悠監督から教わったこと

—学生の頃から大事にしていた視点が、仕事で活かせるのはいいことですね。では逆に学生時代では味わえなかった、新しい経験はありますか?

下田:「T.[ティー.]」は写真を数多く載せているので、撮影に立ち会う機会が多いんですが、そういった経験はほとんどなかったですね。それから当たり前のことなんですが、雑誌づくりに関わる人ってこんなにいるんだ、という驚きもありました。学生のときは、作家さんと電話やメールで直接やり取りすることが多かったんです。でも今は、情報をまとめただけではない文章を書いてくださるライターさんや、掲載のされ方を想像して撮影してくださるカメラマンさんなど、職人としての技術とともに「編集的な視点」を持ったスタッフさんたちと一緒に仕事ができていて、それがとても楽しいです。

—特に印象的だった企画などありますか?

下田 桃子

下田:いくつかありまして、まずは「フォックス・サーチライト」というアメリカの映画製作スタジオの特集です。『ブラック・スワン』『わたしを離さないで』『127時間』と連続公開するタイミングだったのですが、同じ製作スタジオが作っている作品をカタログ的に紹介しました。同じ監督や俳優の映画を特集することはよくあっても、製作スタジオ単位ではあまりないなと思っていたのと、勢いのある素敵な会社なので、映画の見方をひとつ提示できたんじゃないかなと。

—そういった雑誌のほかに、書籍の編集もなさっているんですよね。

下田:はい。初めて企画から担当した書籍が、今年4月に発売した『SR サイタマノラッパー -日常は終わった。それでも物語は続く‐』です。シリーズ3作目となる映画『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』の公開にあわせて発売しました。もともと入江悠監督の作品が好きで、「パンフレットも兼ねた新しい形の書籍を作れたら」という思いから、監督に責任編集に立っていただきました。

—はじめての書籍づくり、大変だったんじゃないですか?

下田:そうですね……。私自身、一冊の書籍を担当するのは初めてだったので、やっぱり経験不足だったんです。単行本をつくるには、進行や予算の管理から、ページ数、色数などをイチからすべて決めなければいけない。本当に今まで自分は、ページ単位でしかモノを作れてなかったんだなぁと痛感しましたね。あとは入江監督のこだわりも凄まじくて。どんな企画を立てて、誰に声をかけるのかを含め、ホント一字一句、入念に相談をして。情熱に溢れているのはもちろん、とてもロジカルな思考をお持ちなので、物事を組み立てる力がものすごく、この一冊の本からとても勉強させてもらいました。

「この人のもとで働きたい」。それが仕事の原動力

—現在は4年目ですが、今後はどんなことを大事にして、仕事に取り組まれていくのでしょう?

下田:常日頃から、多くの読者さんに記事が届かなければ意味がない、とは思っているので、薦めたいものほど批評的な視点を併せ持ちながら届けていければ、と思っています。多くの人が興味を持つ話題だけではなくて、ちょっとヘンな特集を入れてみれば、たまたま目にしてしまった記事だったけど面白かったと、話題が集まるかもしれない。ある意味「出会わせたもん勝ち」というか、そういった豊かさというか厚みのある媒体が「質がいいもの」と呼ばれるんじゃないかな、と思っています。

—批評的な目を持ちつつ、少しのスパイスを加えるというか。

下田:好きな俳優に会いたい、といったミーハーな心も大事にしているんですけどね。将来的には、自分も相手も信頼しあえる会社や世代を超えた「チーム」で働きたい、という野望があったりします。小さな特集や一冊の書籍といった単位でもよいので、そういったチームで編集して作り上げたいですね。そのためにも、また私と働きたい、と思ってもらえる仕事をしていかないとなぁと。

—では最後に、下田さんにとって仕事とは? と聞かれたら、なんとお答えになるでしょうか。

下田 桃子

下田:うーん……。難しいですね(笑)。ちょっと答えとは違うかもしれませんが……私にとって仕事とは、「この人のもとで働きたいかどうか」を重視しているということですね。早稲田文学の編集長や、いまの媒体の編集長もそうなんですが、尊敬できる方とチームを組んで、自分が読んで面白いと思えるものを、売り上げを気にしなければならない緊張感のなかで、作っていくこと。それが私にとって、「仕事をすること」のような気がします。

—1人ではなく、みんなでつくりあげるというか。

下田:やっぱりそうですね。それから、学生時代の友人から著名なクリエイターまで「この人と仕事がしたい」と密かに思っている人がいるんですよ。「音楽のことはあなたに敵わないから、任せる!」というような、自分には無いものを持った人と、仕事をすることで繋がれたらなと。それが、今後の目標かもしれないですね。

いまこれがオススメ

下田 桃子
柴田元幸ハイブ・リット
アメリカ文学研究者で翻訳家の柴田元幸さんによる編・訳本です。私は英語がとても苦手なんですが、仕事がら海外のウェブサイトを閲覧する機会も多く、勉強しなきゃ、といつも思っていたんです。でも、普通の教則本じゃ絶対に続かないし……と思っていたときに出会ったのがこの本。ポール・オースターやレベッカ・ブラウンといった、アメリカの人気作家による小説の原文がページの左側に、柴田先生の訳文が右側に掲載されていて、さらに作家本人による朗読が収録されたCDも付いています。はじめはファンだった柴田さんの名前に惹かれて購入したんですが、作家の声のトーンが予想と違っていたりするのが面白くて、いまでは朗読を聞くことにハマっています。

この業界で人材を募集中の企業