Interview 私としごと

体当たりで切り拓いた、洋楽のしごと

ホステス株式会社
飯沢 麻里(プロモーション)

洋楽レーベルであるホステスに新卒で入社した飯沢さんは、元々邦楽好きで英語も全然話せない。だが体当たりと試行錯誤の繰り返しで、会社とともに成長を遂げ、現在はArctic MonkeysやRadioheadをはじめとした世界的アーティストのプロモーションを手掛ける。洋楽特有の難しさも笑って振り返る彼女の原動力は、好きな音楽を多くの人へ届けたいという気持ちしかないという。数々の経験談とともに、飯沢さんのこれまでとこれからに迫った。

プロフィール

飯沢 麻里

1984年生まれ。東京都出身。武蔵大学経済学部在学中に学生音楽団体「CRJ-tokyo」に所属し、ラジオ番組の制作やイベント企画に携わる。インターンを経て2006年に新卒でホステス株式会社入社。プロモーション担当として媒体への宣伝からスタートし、現在はマーケティング業務やイベントの企画・制作、さらには海外アーティストの来日時のアテンド、宿泊・配車手配など、多岐に渡り活躍中。

時代と共に変化していく、プロモーション手法

—例えば、プロモーションという仕事のやりがいは、どういうときに感じますか?

飯沢:アーティストによっては、海外での反響は大きくても日本ではその熱がまだ伝わりきってないケースがあります。だからその盛り上がりを日本国内にも持ってくることが出来るのは、やりがいの1つでもありますね。日本では早耳のリスナーさんの間だけで話題になっているバンドってたくさんいて、その様な音楽をメディアを通して露出させたり、プロモーションから徐々に噂を広げていき、日本国内のフェスに出演させることができて、単独公演でもお客さんが集まるようになったりする。そういった現場を見ると、自分がプロモーションとして携わる醍醐味を感じます。

—なるほど。その中でも、「これは会心のプロモーションだった!」というのは?

飯沢 麻里

飯沢:Arctic Monkeysは印象深かったですね。珍しく海外とほぼ同タイミングで日本でもデビュー当時からもの凄く話題になっていたんですけど、あれほど爆発的に売れそうで、歴史に残るバンドになると感じたアーティストはいませんでした。でも、当時のホステスはArctic Monkeysほど大きいアーティストをそこまでやった経験はなかったと思います。だから日本でどこまで火を付けられるかが、うちの会社次第というプレッシャーもあった。それで、かつてないくらいラジオやテレビでも宣伝して、雑誌でもたくさん展開してもらったり。音楽誌の表紙を軒並み取れたのもあれが初めてだったのでは、と思います。だから私だけで大きなきっかけを作ったというのではなく、会社みんなで一丸となったからこそ世の中のたくさんの人に届けられたんだな、と。あと、RadioheadのTwitter事件も強烈でしたね。

—Radioheadの公式アカウントが意味深なことをつぶやいて、大騒ぎになった事件ですよね。

飯沢:あれは渋谷のスクランブル交差点の街頭ビジョンで、世界で初めてシングルのプロモーションビデオを解禁する予定だったんです。バンドの公式アカウントから「渋谷 ハチ公広場 金曜日 18時59分」といったツイートがされたら、ビックリするくらい情報が拡散してしまって、警察からも連絡が来てしまったほど。結局中止にはなったんですけど、そのときにソーシャルネットワーク(SNS)の凄さと、Radioheadの影響力の大きさを痛感しましたね。

—SNSによって、プロモーションの仕方も時代と共に変わってきているでしょうか。

飯沢:いまも音楽誌・ラジオ・テレビ・ウェブなどを通して情報を伝えることは続けていますが、現在はそれに加えてTwitterやFacebookなど、ソーシャルの力も増してきましたよね。もちろん作品によっては、昔ながらのプロモーション方法としてラジオに力を入れたほうがいい場合もありますけど、確実にその選択肢は増えています。いま、ウェブの広告は私が担当しているんですけど、例えばディスプレイ広告やソーシャル広告を利用すれば、今までよりもっと届けたいターゲットに対して有効的にプロモーションが出来る。ただでさえ音楽は流行りがあるものなので、プロモーションにしてもどうやったらリスナーに届くか、時代の流れと共に考えなきゃいけないとは思いますね。

邦楽と洋楽の垣根を壊していきたい

—お話を聞いていると、仕事自体にはすごく自由度の高さを感じますが、海外とのやりとりがベースですとそこに難しさもあるのでは?

飯沢:もちろん、大変なことはたくさんありますよ(笑)。例えば、来日したアーティストが取材を突然キャンセルしてしまって、各方面への謝罪対応とか……。やっぱり思っていたように進まないことは山ほどあるんですけど、その場その場でフレキシブルに解決策を考えています。後は、少人数の会社だからこそ、アーティストの細かいリクエストを柔軟に応えられるケースも多いと思っていて。いまはRadioheadやBeckのように、もっと自由にやりたくて大手のレーベルから移籍したり、独立したりするアーティストが多い。そうするとパッケージやボーナストラックとかでも、出てくる要望も自然と多くなってきています。そういった自由度が増してできることは増えたけど、その分、予算とのせめぎ合いなども多くありますね。

—元々邦楽好きとしては、いつかは邦楽のプロモーションもやってみたい、なんてこともあったりしますか?

飯沢 麻里

飯沢:それはありますね。私は英語がネックになって、海外とのやりとりが大してできないし、邦楽はいまでも好きなので。ただ、邦楽だけにシフトしたいというよりも、ホステスだからこそできる邦楽へのアプローチをしたいです。今年はくるりがやっている『京都音楽博覧会』に、うちの会社のVillagersというアーティストが出演したんです。くるりのみなさんもVillagersのライブを楽しみにしてくださって。個人的には、そうやって、アーティスト同士の交流を増やせるといいなと思っています。

—ゆくゆくは、洋楽と邦楽の架け橋的な役割というか。

飯沢:それが出来るといいですね。今は邦楽と洋楽の壁がすごく高くなっている気がしていて、その壁を少しでも低く出来ればいいなと思ってます。国内外とか関係なく、良い音楽は本当に良い。だから、そういう垣根をなくすような働きを、ホステスの仕事を通して出来れば楽しいですよね。特に、邦楽のアーティストから支持される洋楽アーティストが多く所属しているのも、うちの強みだと思うんです。だから、邦楽と洋楽の接点をつくれる可能性はまだまだあるんじゃないかと。

—素敵な展望です。では最後に、いまやっている仕事の魅力を聞かせていただけますか。

飯沢:難しい質問ですね……。凄くミーハーですけど、アーティストの音源をいち早く聴ける立場だというのもあって、新しい音源を聴いて盛り上がれるのは役得ですね(笑)。あとは、世界中の本当にいろんなジャンルの音楽を扱っているので、「こんなカルチャーあったのか!?」みたいな気づきがすごく多いのは、海外の音楽を扱っているからこその醍醐味だとも思います。その様な中で、自分の感性で心から「良い」と思ったものを宣伝できる。キツいときもあるけど、なんやかんやで私は音楽が好きなんですよ。単純だけど、それが私の仕事になるっていることは、すごく嬉しいことです。

いまこれがオススメ

飯沢 麻里
私の好きな料理の本|高橋 みどり
音楽も好きですけど、食べること、飲むことも大好きなんです。食に関する本やエッセイを読むことが好きで、この本は“料理本と出会ったきっかけや思い出を紹介する本”というか。その中に登場する食べ物や作り方も紹介しているんですけど、ただ料理本やレシピを説明するのではなくて、その料理に出会ったきっかけとか、著者の方の紹介している料理本との思い出話とか、そういうエピソードをまとめている本なんです。音楽もそうなんですけど、背景とか、歴史とか、想いみたいなものを知るのが好きなんでしょうね。それを知ってから読んだりする、また印象が変わってきて、オススメです。

この業界で人材を募集中の企業