Interview 私としごと

大手企業から、サイゾー編集部へ。

株式会社サイゾー
げんさん(Business Journal 編集部 / サイゾー編集部)

大手企業に就職して営業をしていた「げんさん」は30歳の時、安定した道を全て捨て、かつてからの憧れであった編集者の道を歩き始めた。入社したのはメディアの中でも鋭い切り口の情報発信で知られる株式会社サイゾー。世間一般的には、冒険とも思われる転職だが、そんな彼を動かしたのは一体なんだったのだろうか。サイゾーといえば、どんなとんでもない人が働いているか? と思いきや、げんさんの視点は驚くほど現実的だ。「楽しいことをきちんとやって、ビジネスを成立させたい」と語るげんさんが、夢と現実の間で持つべき冷静な視点について語ってくれた。

プロフィール

げんさん

1981年7月3日生まれ。大手企業で営業として7年を過ごすが、30歳になることをきっかけにかねてから憧れていた編集者になるためサイゾーに転職。「サラリーマンだったから、ビジネスサイトを運営できるだろう」という“安易な”理由で、WEBサイト「Business Journal」に立ち上げから関わり、現在も編集を担当している。

仕事で会いたい人に会えるって喜び

—現在は「Business Journal」の担当とお伺いしました。入社からそこに至るまではどういった流れで?

げんさん:実はWEBにはほとんど興味がなかったんです。ITの仕事をしてる人って家では一切ネットを見ないとかパソコンすら持っていないっていう人もいるくらいなんです。最初は「別冊サイゾー」という雑誌を手伝ったりしていたんですけど、去年の年末に社長から突然「サラリーマンだったからビジネスサイト作れるよね?」って言われまして。

—すごい理屈ですね(笑)。

げんさん:そうです(笑)。僕はただのサラリーマンだっただけで、経済とか企業に詳しいわけじゃないんですけどね。ただ、「サラリーマンだったからサラリーマンが見たい情報はわかるだろう?」って。もちろんサイトなんて作ったことがないので、プロデューサーの指示を受けながら手探りで企画を練ったりライターを探したりしました。そうやって2012年の4月にオープンして今に至ってる感じですね。

—実際に編集の仕事をしてみていかがでした?

げんさん

げんさん:メディアや雑誌の仕事につきたかった理由の一つに、「仕事で好きな人に会いたい」というのがあったんですが、それが予想以上にできるというのが嬉しかったですね。「この人を呼んだらヒットする」とか言って企画を出しつつ、実は僕がただ会いたいだけということもあります……(笑)。

—例えでいいますと?

げんさん:そうですね……ジャーナリストの田原総一朗さんに会えたのは本当に嬉しかったですね。その時は「田原総一朗が愛について語る」っていう企画を立てたんです。田原さんって不倫をきっかけに再婚したり、「日本初のAV男優」って肩書きを持ってたりする方で赤裸々に色々とお話を聞かせてもらいました。前職だったら、どうあがいても仕事で田原さんには会えることは無かったと思うんですよ。そう考えると、この仕事をしてよかったなぁって思えた瞬間でしたね。

—では、げんさんが編集の仕事をする上で大切にしていることってありますか?

げんさん:報道されていないことの裏側をしっかりと見せるということですね。WEBって読まれている記事がPV数として如実に出るので、その数字が高いものを出したい。やっぱり裏側を描いたものはPV数が高いんです。例えば、がん患者の多くが使っている抗がん剤ですが、医者自身ががんになった時には8割くらいの人が抗がん剤を使わないっていう統計があったりします。

—そうなんですか!? 全然知らなかったです。

げんさん:うちの媒体は、そういう企業だったり、世の中の常識をちゃんと裏側から掘り下げることができるのがウリです。大手メディアだと制約があって書けない部分を、しっかりと事実に基づいて取り上げていきます。やっぱり読まれないと意味がないですし、読まれるということは読者の人にとっても面白くてためになるものだと思うんです。だから、今は「Business Journal」を全部面白い記事で埋めて、読者が読みたいものしか掲載されないというサイトを目指していきたいですね。

壮大なロマンは求めず、まずは目の前のことをしっかりと

—憧れでもあった編集者になって、充実した毎日を送っているんですね。

げんさん:でも、会社を辞めなくて済むなら辞めないほうがいいですよね。僕が言うのもなんですけど、ポンポン転職してる人とかあんまり信用できない(笑)。ちゃんと一つの会社で意義のあることをやって、スキルを身につけてる人のほうが僕はよっぽど尊敬できます。

—それは、ちょっと矛盾しているような気もしますが(笑)。

げんさん:そうかもしれませんね(笑)。僕の究極の目的としては、自分が楽しいことをやってちゃんとビジネスとして成立させたい。でも、それが実現できる人ってすごく少ないので、あまり仕事に自己実現を求めるというのもなんか違うと思うんですよ。よく就職活動生の話を聞いてると「楽しい仕事をしなきゃいけない」「仕事で輝かなきゃいけない」っていう強迫観念があって、自分がやることを絞っちゃって、結果、苦しんでる。だったらあんまりそういうロマンを求めないほうがいいと思う。それよりもちゃんと納期は守るとか、数字を間違えないとか、読みやすい資料を作るとか、そういうことのほうがよっぽど大切だと思うんです。だからもう少しそういうところに喜びを覚えてもいいんじゃないかなと思います。

げんさん

—それは一理あるかもしれませんね……。

げんさん:すごく夢の無い話かもしれないですけど、まずは目の前のことをしっかりやるということが一番大切なんですよ。そうしているうちに見えてくるものがあると思います。この仕事をしているとすごく成功している人の話を聞くことも多いんですけど、そういう人たちは人間としてのそもそもスペックが違うんです(笑)。そんな話を真に受けて真似しても、自分は絶対同じようにはできないだろうなと思いました。だから己の能力の無さをなるべく早く気付いて、地に足をつけた仕事の仕方をすることも大事だと思いますね。

—なるほど(笑)。このコーナーでは自己実現を求める人の登場が多い中で、げんさんのような現実的な目線でのご意見はすごく貴重だと思います(笑)。

げんさん:僕も仕事をしながら転職活動をして、サイゾーに入社が決まってから前職を辞めたクチですからね。やりたいことじゃなかったら、すぐに会社を辞める人もいるかもしれないけど、できることをしっかりとやってからでも辞めるのは遅くないと思うんですよ。多分ベンチャーの人たちはそんなこと考えないと思うので、結局のところ僕はサラリーマン思考なのかもしれませんね(笑)。

いまこれがオススメ

げんさん
AKB48「DOCUMENTARY of AKB48」
AKB48って本当にプロ意識がすごい。この映画では、舞台裏で過呼吸で倒れてもすぐに立ち上がって笑顔でステージに上がっていく姿が描かれたりしているんですが、僕はこれを観て号泣してしまいました(笑)。彼女たちの頑張りが日本中の人に感動を与えていて、それこそ投票のために一人で200万円使う人も出てきている。基本的にはしっかり地に足をつけて仕事をしようと思っているんですが、こういう熱に触れるとたまに冒険心が湧いてしまったりしますね(笑)。

この業界で人材を募集中の企業