Interview 私としごと

香港から日本へ。恋い焦がれた異国の芸術祭を仕事にするため、海を渡る

株式会社アートフロントギャラリー
李 穎文(市原湖畔美術館 / キュレーター)

李さんは日本で働く香港人だ。香港の大学で脳科学を専攻していた彼女は、紆余曲折の末、今、株式会社アートフロントギャラリーが運営する千葉県の市原湖畔美術館でキュレーターを務めている。その転機は、新潟県・越後妻有で開かれた大地の芸術祭へのボランティア参加だった。日本語は話せなかったが、香港に帰ってもなお、寝ても覚めても「妻有にまた行きたい」と想い続け、その願いは彼女の行動力で見事叶う。海を越えて夢を自分のものにした彼女のさらに先には、一体なにがあるのか?

プロフィール

李 穎文

1984年香港出身。香港大学文学部で言語学と美術史を学ぶ。大学院に進学し、認知脳科学の研究を続ける傍ら、2009年、仲間とともにSense Art Studio株式会社を共同設立すると共にアートと社会学などの研究・企画を行う。2013年4月より来日、株式会社アートフロントギャラリーの社員となり、現在は市原湖畔美術館にキュレーターとして出向している。

情熱的な手紙が来日の道を拓く

—でも、日本語もまだ堪能でなければ、仕事に就くには苦労もあったかと思います。

:今思えばかなり無謀なことをしました(笑)。A4のレポート用紙の両面に、大地の芸術祭の総合ディレクターで、アートフロントギャラリーの会長でもある北川フラムさんに、英語で手紙を書いたんです。教わりたいことがあるので、一緒に仕事がしたいと、履歴書と一緒に送りました。ダメもとではあったのですが、それから2~3ヶ月したら突然メールが来たんです。「来年、市原アートミックスというイベントがありますが、興味はありますか? あれば一度話しませんか?」みたいな感じで。当時はまだ日本語があまりわからなかったので、グーグル翻訳に頼ってなんとか読んで(笑)。

—でも、市原がどこにあるのかすらも分からなかったのでは……?

李 穎文

:はい、全く知りませんでした(笑)。でもメールの返信が来たことがとにかく嬉しくて。場所を調べて、行ってみようと思ったんです。返事が来てから市原で仕事を開始。はじめは、オープンを控えていた市原湖畔美術館の開館準備をしていました。市原アートミックスでは作品の制作を手伝いました。市原市内にある加茂学園という小中一貫校の全校生徒262人と、作家の開発好明さんとで、かかしをつくったんですよ。それを小湊鉄道7カ所の駅に設置しました。

—チャンスを自分の手でつかんだわけですね。現在はどんな仕事をしているのですか。

:基本的には市原湖畔美術館のキュレーターの仕事で、展示も手伝いますが、メインはイベントやワークショップの企画、地域との連携を考えることですね。イベントやワークショップは参加者が命ですから、参加者を募りに、営業に出かけることもあります。ママ会とか、地元の学校の先生のところへも足を運びます。あとは、外国人のアーティストにとってこの地域はノーマークですから、大使館に連絡して、アーティストの来日予定を問い合わせたりします。来日に合わせて市原でもワークショップをしてくれないかと誘うためです。今までにイスラエル人2人、中国人の作家4人のワークショップを行いました。国外から人を呼ぶ場合は特に、作家の他の予定に合わせてもらったり、助成金を利用したりと工夫しています。

—美術館のキュレーターといっても、あちこち出かけて営業もして、行動力が必要な仕事なのですね。

:人と話をするのが好きなので、この仕事が好きです。いろいろな場面でコミュニケーションが必要な仕事です。母語の広東語だったらもっと楽しいんでしょうけど(笑)。やっぱり言葉の壁は一番大変です。だけどラッキーなことに、私が扱うのはアートです。身振り手振りや紙に描くことで、なんとか通用することが多いから、どうにかなっています。あとは、私が外国人だから易しい日本語で話してくれる人も多いんです。そうやって気を遣ってもらわなくても話せるように、勉強をがんばらなければと思っているんですけどね(笑)。

—これまで特に思い出に残っているプロジェクトは?

:全部と言いたいところですが(笑)、強いて言えば、毎年夏に開催するキャンプですね。2013年のテーマは「竹」で、みんなで美術館の裏にある竹林から竹を切り出して、6mもの竹を使って屋内に5つのテントをつくりました。参加者は小学校1年生から6年生で、作家と一緒につくるんです。美術館は泊まることを目的とした建物じゃないから、食事の準備だけで大ごとです。スタッフ全員でなんとか準備しました。お風呂の場所もないから移動式のシャワーを借りてきたりもして。ともかく楽しかったです。

いつかは香港で、学んだことを活かしたい。

—とても気持ちよく仕事をしていらっしゃるような印象です。

:そうですね。それに、市原湖畔美術館は新しい美術館なので、他の施設と比べても、提案が通りやすいんだと思います。美術館のスタッフも信念があるから、私の提案に対して、真剣にアドバイスしてくれて、それが嬉しいんです。あとはフラムさんの存在。仕事のことに限らず、人と社会の関係や、芸術祭などにどんなコンセプトを持って挑むかという思想は勉強になります。長年の経験から出てくる重みのある言葉から学ぶことは多いです。そういう言葉に直接触れられるのは、すごくラッキーなことだと思っています。

—来年はまた越後妻有で芸術祭が行われて、李さんもスタッフとして関わると思います。

李 穎文

:来年の芸術祭には、香港から中学生のボランティアも来る予定で、そのお手伝いをするのがこれから楽しみです。アートの交流だけではなく、地元の農家との交流も体験してほしいです。

—子ども達のコーディネートは、市原で培ったワークショップの経験が活きますね。芸術祭や市原での仕事について、これからの展望はありますか。

:ここ市原には、ゲームセンター以外の遊び場が少ないんです。私の目標は、企画展やイベントをさらに魅力的なものにして、地元の子ども達が週末に遊びに行く場所の選択肢にこの美術館加えてもらうことです。美術館に入らなくても周りの芝生にピクニックに来てもらうだけでもいい。東京からも意外と近いですし、晴れたら気持ちいいですし。

—美術館をもっとオープンな場所にしていきたい、ということですね。いずれは、香港に帰りたいですか?

:もちろん帰りたいです。いつになるか分からないけれど、私のふるさとは香港ですからね。帰国したら、妻有や市原で勉強したことを次の仕事に結びつけたい。香港の若い人たちが、もっと日本でちゃんと勉強して、そこで学んだことを生かせるようになればいいと思います。そうすれば、香港ももっと元気になるはず。

—香港人の李さんから見て、日本から学べることはあるんでしょうか?

:たくさんあると思います。特に私は、妻有と市原で少子高齢化の問題をたくさん見てきました。そろそろ香港も同じ問題が顕在化してきています。香港は、開発過剰な社会です。だから、これまでの経験を活かして、都市と地方を共存させることで、地域を活性化させられるような仕事ができたらなと思っているんです。

いまこれがオススメ

李 穎文
黄色の折り畳み傘
どこにでもある折りたたみ傘です。いつもみんなのバックの中に当たり前に入っていて、雨傘、日傘両方の使い方ができるのがいいですよね。香港では今、学生運動のデモが盛んです。シンボルマークが黄色の傘で、香港の民主化の象徴で、重要なものになっています。この傘は日本で買ったものですが、香港人のアイデンティティとして大事にしています。

この業界で人材を募集中の企業