Interview 私としごと

「自分はこれ」を決めつけないことの強さ

株式会社ワンパク
桑原 翔(デザイナー)

デザイン科出身の両親の影響で、幼いころからゴッホやエッシャーの画集を見て育った桑原さん。現在は株式会社ワンパク(1PAC.INC.)にてデザイナーとして活躍中。しかし、決して一直線に今のデザインの道に向かって突き進んできたわけではない。中学ではテニス、高校ではギター、大学では自主映画制作、卒業後にはメディアアートの分野で様々な才能を輩出したことで知られる情報科学芸術大学院大学(通称:IAMAS)に進学するなど、次々に新しいものに興味を持ち自分の視野を広げてきた。「常に色々なものをインプットすることが自分のモチベーションに繋がっている」と語る桑原さん。様々なことに興味を持ち、まずはなんでも自分でやってみるという、いわばその節操のなさこそが、彼の最大の強み。桑原さんの、一つの枠にとらわれないチャレンジングな経歴と、その柔軟な思考について伺った。

プロフィール

桑原 翔

1985年生まれ。静岡県浜松市出身。少年時代から、絵画や音楽、映画など興味を持ったことに次々とチャレンジしてきた。大学時代から自身の作品作りを始め、徐々に自身の将来の方向性を「WEBデザイン」に定めていく。その後、ゼミの教授の薦めでIAMAS(情報科学芸術大学院大学)に進学。在学中に参加した「ガングプロジェクト2」として出展した「Make: Tokyo Meeting」の会場で、現代表と出会い、卒業後の2010年に入社。

「もっと学びたい」から、IAMASへ

—IAMAS(情報科学芸術大学院大学)への進学を決めたのはどんな考えからでしょうか?

桑原:自分の内にあるものを形として表現していくことに挑戦し始めたのが、大学3年からだったので、時間が足りない、まだやりきれていない、という思いがあったんです。かといって、作家や研究者として独り立ちすることなども自分のスキルや経験値からは考えられなかったので、とりあえずもっと学ぶことを続けたいと思いました。それをゼミの教授に相談したらIAMASを薦められたんです。

—IAMASといえば、理系というか技術色の強い印象を持ちますが…。

桑原 翔

桑原:もちろんプログラミングを、毎日バリバリ書いている人も多かったです。ただ、それには各々の制作や研究という目的があって、技術は方法論でしかなく、一般的なイメージでいう理系や技術色の強い人だけが集まる学校ではないかと思います。自分にとっても、進路として間違ってなかった思っていますよ。僕の場合は今までハードウェアやプログラミングを用いた表現の経験がなかったので、できることを増やしたいなという気持ちもあって、色々と勉強をしていきました。それこそ今までそうしてきたように「新しい環境にきたことだしやってみようかな!」という軽い感じの入りからです。実際にやってみたら、「できる」ということを肌で感じられるのが嬉しくて。

—それから、今のお仕事に徐々に流れついたんですね。

桑原:そうですね。そのときの自分たちで作った作品を「Make:Tokyo Meeting」(※テクノロジー駆使した、展示・ワークショップ・ライブパフォーマンス・プレゼンテーションなどを通じ、モノ作りの楽しさをシェアするイベント)に出展した機会に、今の代表から声をかけられて、大学院卒業と共に働かせていただいています。もともと卒業したら何かしらモノを作る仕事に携わりたいと思っていたので、自分の好きな道で就職が決まったことは純粋に嬉しかったですね。

—そのまま、研究を続けたいといった気持ちは無かったのですか?

桑原:それには大きな葛藤はありましたが、IAMASを卒業したらまずは就職してみようと思っていました。その頃もWEBの制作とかにはかなり手を出していたのですが、やはり趣味のレベルを超えていないのと、仕事として世に出して恥ずかしくない技術を身につけたいという気持ちが強くありました。もちろん、まだまだ勉強中ですけども。

枠にとらわれず、可能性は広く

—では今の仕事内容はどんな感じなんですか?

桑原:PCやスマートフォンで閲覧・使用するためのWEBサイトやアプリケーションの制作がメインです。基本はデザインですが、これまでの経験を活かして実装作業を手伝わせてもらったりもします。やっぱりデザインをしてると、つい自分でコーディングまでしたいと思ってしまうことも少なくないので。

—実際に働いてみて、苦労している部分などはありますか?

桑原:自分としては「これが一番いい」と思っていた提案であっても、お客さんに伝わらなかったときには、葛藤をおぼえますね。どうすれば上手く伝えられるか、納得していただけるか、というプレゼンテーションのスキルなど、制作そのもの以外のノウハウにおいても力不足を自覚するときは多々あります。それでも、WEBが好きだという前提があるので、制作そのものを苦に感じて嫌になるというよりは「もっとやってやろう」という気持ちの方が大きいです。

—基本的にすごく向上心が強いですよね(笑)。ご自身を奮い立たせることって何でしょう?

桑原:月並みかもしれませんが、インプットを大切にしています。制作はアウトプットの作業ですが、何か自分を触発するものを意識的にインプットすることがモチベーションの源になっているのかなと思います。まずは自分が、観賞者やユーザーの立ち位置で感動する体験こそが重要で、何かに対して「もっと頑張ろう」と思えるときって、最初に自分が「すげぇ!」と思った衝動があったからだろうなぁと思うんです。

—なるほど。では桑原さんが働く上でのポリシーってありますか?

桑原:そうですね……。常に「枠にとらわれない努力」を心掛けています。「WEBだから」「日本だから」などといった枠を自分の中に設定すると、せっかくある可能性を狭めてしまうだろうと思うので、意識的に常にその枠を取り去ろうとする意識はしていますね。

桑原 翔

—様々なことをやってきたからこそ、その軸はブレないというか。

桑原:自分では「節操の無い器用貧乏だ」と思っています(笑)。学生の頃から一つのことをやり続けて大成するような人を横目に、いくら羨ましいとは思っても、やはり「自分は自分でしかないな」と思う気持ちもあって。だから違う言い方をすれば、色んなことに手を出してきた分、未だに「自分はこれだけをやっていく」というものを決められずにいるんです。

—でもその分、得をすることもあるんじゃないですか?

桑原:一概にはいえませんが、多少はあるかも知れませんね。たとえば、学生時代に、自分でプログラミングを扱った経験があるからエンジニアの人ともスムーズにコミュニケーションできたり。WEB制作の現場は、効率性が重視されて分業気質になってしまいがちですが、僕は新しいものを生み出していくためには、その役割分担を取り除いた、より入り組んだ連携が必要なのではないかなと思うんです。それこそオールマイティに動けるプレイヤーが増えていくことで、WEBそのものの息も長くなるんじゃないかなと思うので、自分もいずれそういった中の一人になれたらと思っています。

—常に枠にとらわれない事が、より良い方向に向かっていくと。

桑原:そうなってくれれば、嬉しいですね。僕は自分にできないことをやってる人がいるとき、他人事と思えないというか、自分でもやってみたいなと思ってしまう癖があって(笑)。その分、デザイナーという肩書きや環境にとらわれず、自分の視点や視野を広げていくことでより多くの人の役に立つ仕事に繋がるのでは、と今は考えているところです。

いまこれがオススメ

桑原 翔
BRUTUS 724号「ラーメン、そば、うどん。」
「衣食住」といいますが、僕の中でプライオリティが高いのが「食」。先日、等々力のお蕎麦屋さんに行ったときに見つけたこの特集を読んで、「これは素晴らしい!」と感動しました(笑)。ラーメンやそばのお店を集めた本は他にいくらでもありますが、この本の良い所は「ラーメンと戦後史」や「そば屋のシステムや組織図」など、ラーメンや蕎麦そのものについて「知る」という部分がすごくフィーチャーされているんです。お腹を満たす情報を得るだけでなく、知識欲求も満たせてくれる、ダブルでおいしい本なのではないでしょうか。

この業界で人材を募集中の企業