Column 連載

好きなことにこそ、愚直であれ!

第2回:私は、デパートが大好きです。

寺坂 直毅(放送作家)

放送作家として知られる寺坂直毅さんは、デパート、紅白歌合戦、徹子の部屋など、とてもピンポイントなモノやコトに膨大な知識を持つ、その分野の“博士”。いわゆる“マニア”だ。そんな寺坂さん、好きが講じ、デパートに関する書籍まで出した、まさに「好きを仕事に」している人。しかし、なぜデパートなのか? 今回は、寺坂さんがデパートを愛するようになったストーリーをご紹介します。

プロフィール

寺坂 直毅
寺坂 直毅

1980年宮崎生まれ。 放送作家として、テレビ、ラジオ番組の構成を担当。 家から徒歩圏内にデパートが何軒も乱立する環境で幼少期を過ごし、 魅力に憑りつかれたために日本全国のデパートを行脚した 「胸騒ぎのデパート」(東京書籍)を刊行。 紅白歌合戦、黒柳徹子研究などの趣味を持つ。

http://twitter.com/terasakanaoki

「デパートバカ」が仕事になる!

「デパートは真心のある場所。もっといろんなデパートを見てみたい。」

その夏から、学校の休みのたび、「全国デパートめぐり」をする事になりました。
小学校低学年までは父親と同行する旅。1泊2日で、1日目はその場所の観光。2日目はデパートめぐり(10軒ほど)。時間を決めて、父はデパートのベンチで待っていてもらいました。今考えると申し訳ないです。

そして高学年になると、一人で旅するようになりました。

デパートに行くと、外観、内装、エレベーター、エスカレーター、売場、制服、駐車場、すべてを見ます。見た目は色がついていない巨大なビル。しかし中に入ればキラキラと輝いた色で、「街」になっているギャップが最大の魅力です。売場の編成やディスプレイは、それぞれのデパートが、少しでもお客さんの心を惹きつけようという工夫、アイディアの賜物。建物もz~中期のものが多く、レトロを感じる箇所もあり、古い建物の壁には、アンモナイトの化石が眠っているところもあります。博物館のような楽しみ方もできるのです。   

デパートに行き続け、25歳の時には、日本全国250店舗を制覇していました。
そして、そのデパートめぐりがやがて仕事になるとは、夢中でデパートめぐりをしていた頃には思いもしませんでした。
terasaka02_2
私は25歳頃から、ブログをやっていました。「デパートと紅白バカの生活」というブログです(今は更新していません)。デパートめぐりの様子を掲載していました。そのブログを、東京書籍の編集の方が見てくださっていました。

編集のOさんは、昭和のノスタルジーの視点でのデパート本を作ろうと考えていて、誰か書ける人間がいないかと検索していた時、偶然ブログを発見してくださったのです。それまで、デパートに関する本が無いわけではありませんが、ほとんどが経済的な視点で見たものと、東京の有名デパートに関するもの。デパートは東京だけではない。しかし私は、地方のデパートこそ個性があり、デパートの原点があると常に考えていました。

デパートが支える、日本社会

シャッター商店街がふえている日本の地方都市。なんとか町の中心地を活性化しようと頑張る時、必ず強力なサポーターとなっているのが、地方のデパートです。そして、それらには何かしらの昭和ノスタルジーがあります。大食堂、エレベーターガール、地下のまわるお菓子……。地方から上京した人が故郷を思う時に描く絵は、幼い時に家族で訪れたデパートが多いはずなのです。

地下食品売り場の、メリーゴーランドの形をしたお菓子売り場に胸をときめかせた事、迷子になって不安だけど、どこか冒険した気分になれた事、レストランで食べたお子様ランチで、持ち帰って1か月ぐらい部屋に飾った旗……。

デパートは子供の頃の懐かしい思い出を甦らせてくれる、心のアルバムのようなものなのです。

そんな理由で、2009年に日本列島のデパートガイド本『胸騒ぎのデパート』を半年がかりで執筆しました。その取材の旅は、これまで親切に接してくれたデパートに対するお礼を兼ねていました。

毎回取材で「中学の時訪れました、その時……」「あれ、あの店、なくなってますね」などと、広報担当の方が絶対知りえない情報を聞くのも、なんともいじわるですが楽しかったです。

取材した方々とは今でも付き合いがあり、私の財産となっています。

その後、2011年には日本百貨店協会の会報誌のコラムも連載しましたが、この連載では、東日本大震災が起こったその時、東北、関東など被害の多かった地域のデパートはどのような対応をしたかを取材しました。

岩手、宮城、福島、茨城の8店舗。それぞれが、復興に向けて動く様子を取材。これに関しては、この先もずっと見続けていきたいと思っています。

さて、私が今いる長野県飯田市。
駅前にレトロな商業施設がありまして……名古屋出張からの帰り、寄り道として伺っています。

どんな店内になっているのか、期待でまったく眠れません。

バックナンバー