Column コラム

仕事と夢は両立できるか。『その仕事、やめる?やめない?』イベントレポート

やりたいことがあるけれど、それをどう仕事で実現していけばいいのか。あるいは、仕事とどう両立すればいいのか。副業や独立などさまざまな選択肢があるなか、悩みを抱える人は少なくない。

そんな悩める人々へ向け、クリエイティブ業界の求人サイトCINRA.JOBが、『その仕事、やめる?やめない?』をテーマにイベントを開催した。イラストレーターに仕事相談しながら似顔絵を描いてもらう「お悩みイラスト会」をはじめ、一流クリエイターやCINRA.JOBスタッフによる「仕事にまつわる選書フェア」、お仕事グッズの販売などが、2019年3月18日から24日まで、渋谷のBOOK LAB TOKYOで行われた。

なかでも最終日に行われたトークショーは、募集後すぐに定員オーバーに。来場者へ向け、やりたいことを仕事にする方法や、副業を続ける秘訣などを語ったのは、デザイン会社に勤務しながら作家活動を行うくらもちあすかさんと、会社員を経てファッションブランド「sneeuw」を立ち上げた雪浦聖子さんのお二人。モデレーターは、ノンスタイルなライフスタイル・マガジン『生活考察』の編集長・辻本力さんが務めた。

職種も働き方も異なる三名が、夢を諦めきれない人たちへ贈るヒントとは? 当日の様子をレポートでお届けする。

プロフィール

くらもちあすか

デザイン会社に勤務。会社が運営するブランドのショップマネージャーとして従事する傍ら、個人で作家としても活動。ぼかしたり、くずしたり、再構築したりなど、モノの見方や新たな側面を模索し、日常の景色から視点を少しずらすことで発見できる愉しいモノゴトを、作品に取り入れている。

https://asukakuramochi.com/
雪浦聖子

1978年生まれ。東京大学工学部卒業後、住宅設備メーカーに勤務。その後、専門学校のESMOD JAPONで服飾デザインとパターンを学ぶ。卒業後、ファッションブランド「YEAH RIGHT!!」にてアシスタントを経験。2009年にsneeuwを立ち上げる。

http://www.sneeuw.jp/
辻本力

1979年生まれ。ライター・編集者。茨城県の文化施設「水戸芸術館」を経てフリーに。2010年、「生活と想像力」をめぐる「ある種の」ライフスタイル・マガジン『生活考察』を創刊。2019年より出版社「タバブックス」に外部役員として参画。文芸・カルチャー系の媒体を中心にいろいろと執筆中。

https://fiddle-stick.hatenablog.com

仕事のやめどきに年齢は関係ない。経験値の高さで見えてくる「やれること」

最後は参加者からの質疑応答コーナー。転職、独立、副業とさまざまな選択肢があるなかで生まれる、仕事の悩みや将来の不安。その解決策の糸口を探る質問が飛び交った。

質問者:作業の時間配分がうまくできず、結局どれも思うように進められないことがあります。たくさんのタスクをこなせるようになるには、どうすればよいでしょうか?

くらもち:私も、限られた時間のなかで、多くのタスクをこなすのに苦労することは結構あります。睡眠時間を削ることもありますが、極力そうならないようにしています。通勤時間などを作家活動の事務作業にあてるなど工夫して、時間を効率よく使えるようにしていますね。

模索し続けていれば、自分に合った時間の使い方が次第にわかるようになるはずです。まずは、短縮できそうな作業時間を探してみてはいかがでしょうか。

雪浦:私も4、5年前くらいまでは徹夜していたこともあったけど、37歳を超えてからちゃんと寝るようになりました。結局、次の日のダメージが大きくて作業ができなかったりしますしね。いまは自由に時間配分しやすい環境なので、そのときの気分で切り替えています。「いける!」というときはバッと集中してデザイン作業をして、集中できないときは事務作業にあてています。

質問者:仕事をやめる、やめないを決めるうえで、年齢はやはり重要だと思いますか?

辻本:年齢って思っているほど関係ないと思いますよ。歳を取っているなりの利点も絶対あります。

ぼくは地方で就職して、30歳も間近なってから上京と同時に転職しました。ある程度経験を積んでこそ、自分ができることと、できないことがわかってくる。そのなかで、本当にやりたいことを決断できるようになるんだと思います。

たしかに職種によっては年齢がネックになるケースもあるかもしれないけど、何かスキルや得意分野を持っていたり、やりたいことが明確にあるなら、40歳を過ぎてからも過去の経験を踏まえた新たなチャレンジは可能だと思います。

辻本力さん

辻本力さん

質問者:ふと、働くってなんだろう? と悩むことが多いです。モチベーションの保ち方があれば教えてください。

辻本:強制されている感覚になると、途端に仕事が嫌になりますよね。一方でしんどくても、このしんどさがやりたいことにつながっていると思えば踏ん張れます。大変なぶん、達成感も大きかったりしますしね。

雪浦:まずは、自分のモチベーションの源を知ることが大事ですよね。私の場合、お店にいらしたお客さんの反応を見ることで、モチベーションが上がります。やっぱりデザインした洋服が、人の喜びにつながるのは嬉しいので。

あとは、成長を実感できたときも嬉しいですね。過去に苦手だったことが、そうでもなくなったり、できないと思っていたことができるようになったり。そういう嬉しい出来事が、モチベーションにつながるんだと思います。

くらもち:私も本業をやめたいと思うときはたくさんありますが、その反面、多くの学びもあります。作家活動では得られない体験をできることが、本業を続ける原動力になっていますね。

質問者:お二人の今後の展望は?

雪浦:自分がデザインから離れるのは本意ではないので、いまは事業の規模を大きくすることは考えていないです。海外での展開を広げることにも興味はあるけれど、まずは現状の仕事の精度を高めていきたいですね。

くらもち:私は自分の表現の可能性を広げていきたいです。今後もいろいろな人に作品を見てもらえる活動をしていきたいですね。

やり方は違えど、実際にやりたいことを仕事にしている雪浦さん、くらもちさん、辻本さん。お三方の仕事に対する考えは、現在の仕事に不安や悩みを抱える参加者にとってもヒントになったはず。

イベント限定グッズをオンライン販売中!

イラストレーターの牛久保雅美さんが描くやわらかな雰囲気のイラストを起用した、お仕事に役立つ便利グッズをオンライン販売しています。数量限定なので、お早めに。

▼罫線色を選べるノート「iiro」限定版 ¥900(税込)
https://store.cinra.net/product/13301

▼オリジナルステンレスボトル ¥2,000(税込)
https://store.cinra.net/product/13304

バックナンバー