家の雰囲気はそのままに。おしゃれでリモートワークしやすいデスクまわり特集

気になる

Share :

設備が揃っているオフィスとは異なり、家でのリモートワークは、自分で環境を整える必要があります。生活空間でもある自宅を快適に作業できるスペースにするには、どうすればいいのでしょうか?

今回は、第1弾に引き続き、CINRA社員をはじめ、実際に自宅で仕事をしているクリエイターのデスクまわりを見せてもらいました。自分の好きなものでまわりを満たしつつ、効率的に作業している4人が、環境づくりのコツを教えます。
  • 編集:服部桃子(CINRA)

好きな作品や本を飾ると、仕事中にアイデアが湧いてくる

竹中万季さん / She isエディター / Instagram

Q.デスク環境のこだわりは?

仕事中にアイデアが湧いたりリフレッシュできたりするので、好きな作品やポストカード、本などを目に入る位置に飾っています。また、デスクまわりには自分の好きな色やいいなと思えるデザインのものだけをなるたけ置いて、気分を上げています。

Q.リモートワークが増えたことで、買い足したアイテムはありますか?

プロダクトデザイナーの柴田文江さんがデザインした「バーテブラ03」というオフィスチェア。「働くと暮らすを越境する」、というコンセプトに惹かれました。長時間座っていても疲れなくて機能性抜群。でも、暮らしにしっくり馴染むデザインです。

生活空間に馴染む「バーテブラ03」のオフィスチェア

Q.デスクまわりでいちばんのお気に入りアイテムは?

いま住んでいる部屋は壁紙が水色で、引っ越しの際に白いライトが欲しいなと思い、富ヶ谷にある家具屋さん「クスクス・ファニチャー」でヴィンテージのデスクライトを購入しました。丸っこいフォルムと、かすれた風合いが気に入っています。

奥にあるのがヴィンテージのライト

Q.そのほか、快適に過ごすためのおすすめグッズを教えて!

香りで気分転換をしています。アロマオイルを気分に合わせて選んで部屋で香らせたり。肌につけるものだと「nahrin (ナリン)」のセンシュアルオイルやCBDオイルがお気に入です。

Q.リモートワークを快適に過ごすために必要な心構えとは?

リモートワークは、オンラインミーティングが絶え間なく続いたり、作業をエンドレスでしてしまったりするので、なるべく仕事の時間を決めて、意識的に休憩時間をとるようにすること。お茶を飲んだり、ベランダに出て深呼吸したりするだけで生活のリズムがつくれる気がします。

家を「好きな場所」にするために、置くものはこだわる

新井リオさん / イラストレーター、作家 / Instagram

(撮影:野崎杏奈)

Q.デスク環境のこだわりは?

楽しみながら仕事をしたいので、デスクにはパッと見て毎日がワクワクするようなアイテムを置きたいと思っています。

Q.リモートワークが増えたことで、買い足したアイテムはありますか?

買ってはいないのですが、たまたまいただいた小型ライトがすごく便利です。顔が明るく映るので、オンラインのイベントなどで使うようにしています。

Q.デスクまわりでいちばんのお気に入りアイテムは?

黄色いパタパタ時計。時刻が変わるときにパタっと音がするのが気に入っています。

小さな棚の上に置いてあるのがパタパタ時計(撮影:野崎杏奈)

Q.そのほか、快適に過ごすためのおすすめグッズを教えて!

ペンタブレット。仕事柄イラストを描いたりデザインをつくったりすることが多いので、めちゃくちゃ便利です。

Q.リモートワークを快適に過ごすために必要な心構えとは?

家を「好きな場所」にすること。ずっと欲しかった家電を買ってみたり、掃除をして綺麗にしたり、家を自分のパートナーのような存在だと思うと愛着が湧いて、仕事頑張ろーっとなります。

イラスト、写真、お気に入りの本。自宅だから、自分の思うがままの環境づくりを

四位 拓郎さん / CINRAディレクター / Instagram

(撮影:北原優)

Q.デスク環境のこだわりは?

とにかく自分の気分が上がる、好きな環境にすること。オフィスはあくまでみんなで使う場所なので、好き勝手することはできませんが、自宅は自分が思うようにカスタマイズできるのが大きなメリットです。なので、お気に入りの本や写真、友人が描いてくれたイラストを飾ったりと、自分好みの環境をつくることにこだわっています。

Q.リモートワークが増えたことで、買い足したアイテムはありますか?

アーロンチェアとモニター、植物を買いました。アーロンチェアとモニターはもともとオフィスで使っていたもの。リモートワークに切り替わるにあたり、オフィスより作業環境のクオリティーが下がってしまうのがどうしても嫌で購入。

植物は、家で黙々と仕事をしていると、どうしても殺伐としてきてしまうので、荒んだ心を癒やすために、家へ迎えました。緑がそばにあるだけで心が少し和らぐので、買ってよかったです。

アーロンチェア(撮影:北原優)

Q.デスクまわりでいちばんのお気に入りアイテムは?

アーロンチェアです。長時間座っていてもまったく疲れないので重宝しています。これで、仕事が進まないときに「環境が整っていないので……」という言い訳もできないので、仕事に向かう原動力になります(笑)。

Q.そのほか、快適に過ごすためのおすすめグッズを教えて!

Aesop」のルームスプレー。仕事が行き詰まったときや、リラックスしたいときなど、気分を切り替えるために使っています。

Aesopのルームスプレー(撮影:北原優)

Q.リモートワークを快適に過ごすために必要な心構えとは?

タイムスケジュールをつくって、そのとおり進めることです。オフィスであれば、終業時間に人がどんどんいなくなり、自分も自然と仕事を切り上げようと思えますが、自宅だとダラダラと無限に作業できてしまうので、一日のスケジュールをきっちり決めて、時間内に終わらせられるようにしています。

自分の作品を飾って作品づくりのモチベーションを上げる

座二郎さん / 漫画家、会社員(兼業) / Instagram

(撮影:吉田薫<CINRA>)

Q.デスク環境のこだわりは?

自宅が狭いため、作業用のデスクが屋内と中庭に、二つあります。屋内はパソコン作業が中心。中庭のほうは庇の下なので雨は降らないですが埃っぽいので電化製品は置かず、絵具や接着剤の作業をするときに使います。

屋内のデスク

Q.リモートワークが増えたことで、買い足したアイテムはありますか?

会社のパソコンを持って帰ることが増えたので、自宅のモニターとキーボードをつなぎやすいように配線を整えたりしました。

Q.デスクまわりでいちばんのお気に入りアイテムは?

屋外デスクのコーヒーの絵が描いてある板ですね。『大地の芸術祭』で展示した自分の作品の一部を持ち帰って飾っています。

中庭のデスク

Q.そのほか、快適に過ごすためのおすすめグッズを教えて!

Bluetoothスピーカーは、いいものを一つ買えばどこでも使えてよいです。私は「Bose」の「SoundLink Revolve Bluetooth speaker」を購入しました。

Q.リモートワークを快適に過ごすために必要な心構えとは?

生活空間とある程度切り離すこと。家を設計するときに小さい書斎をつくったのですが、結果的に家族の生活音を遮断できるリモート会議ブースとして活用できていて、私も妻も大変重宝しています。

今回は、おしゃれさと作業効率を両立しているデスクを紹介しました。「自分の好きなもの」をまわりに飾れば、きっと気分が上がって仕事も捗るはず。第1弾でも、素敵なデスクで仕事をしている方々を紹介しています。ぜひ、合わせてチェックしてみてください。