Interview 私としごと

憧れだけだった学生時代の自分に「ちゃんと編集者になれたよ!」って言いたい。

株式会社ロースター
渡部 彩(エグゼクティブディレクター)

「編集者に憧れる普通の子でした」。そう話すのは、メディア制作会社・ロースターに所属する渡部彩さん。現在、月刊ファッション雑誌『Soup.』の副編集長を務めるほか、広告、書籍などのチーフディレクターを務める叩き上げの編集者だ。しかし、これまでには編集の道から外れたこともあったという。そんな彼女に、初めて編集者を志してから今日までの経歴について語ってもらった。

プロフィール

渡部 彩

1984年生まれ。沼津高専を卒業後、埼玉大学に編入し卒業。編集プロダクションにて、フリーペーパー『FILT』等の編集を経て2010年より株式会社ロースターに入社し、現職。ファッション雑誌『Soup.』副編集長のほか、広告、書籍、ムックなどのチーフディレクターを務める。

「編集の仕事って地味なことが多いけど、どんなところでも見てくれている人はいる。」

—そんな順風満帆な編集者生活を送っているかのように見えた渡部さんですが、編集プロダクションで3年働いた後、編集の道を一度離れたそうですね。

渡部:はい。放送作家の倉本美津留さんの会社にお誘いをいただいて、制作会社に転職しました。前の仕事でちょっと疲れてしまったというか、そのときは休日もままならないような感じで働いていたので、少しのんびり人生を見つめ直したいと思って。忙しかったというか、スケジュールを自分でコントロールできていなかったんですよね。編集の仕事は好きだったんですが、本当にわがままなんですけれど、少し離れてみることにしたんです。

ロースター オフィス 風景

ロースター オフィス風景

—でも、またしても編集者に戻ってくるわけですよね?

渡部:はい。倉本さんのところでは、錚々たる方々とお仕事させていただいたので、貴重な経験ができました。ただ、一度離れたことで、やっぱり編集をやりたいという自分の気持ちに気づいたんです。ちょうどそのタイミングで、設立したばかりのロースターから仕事を手伝ってくれないかと声をかけてもらって。『AKB48 FASHION BOOK(マガジンハウス)』や『超新星 ビジュアル・コレクション(マガジンハウス)』をお手伝いさせていただきました。その2冊のディレクターが、憧れの編集者だった淀川美代子さんだったんです。お仕事をご一緒させていただけたのが本当に嬉しくて、より一層編集の仕事をがんばりたいという気持ちが強くなりましたね。これまでは自分の想いや考え方もけっこうブレていて、これしかない! というよりはどこか与えられた環境になんとなく身をおいた状態で進んできたと思うんです。でも、好きで自分が選んだ道だから、ようやく「きついな」と思う事もやり抜こうと思えるようになったと思います。

—実際、現在は、エグゼクティブディレクターとして活躍されていますが、前職の編集プロダクションの頃と比べて働き方に変化はありましたか?

渡部:ロースターに入ってからは一冊丸ごと任せてもらえるようになったのが大きかったと思います。出版社に自ら企画を出して書籍を制作したり、様々な媒体・ジャンルをやらせていただいたので、経験値が上がったと思います。

—話を聞いているなかで、渡部さんは自分の意志に素直なのはもちろんですが、積極的に行動しているからこそ、結果に結びついているような気がします。

渡部:私自身そこまで積極的に行動しているとは感じていないんですよね。社交性があるタイプではないですし。でも、人との出会いが人生を変えてくれたとは思います。編集の仕事って地味なことも多いので「これ意味があるのかな?」と思うような作業も多いんです。でも、どんなところでも見てくれている人は必ずいる。だから横着しないで、そういう人たちの期待に応えたいとは思います。

新たな仕事への挑戦。ファッション雑誌『Soup.』の副編集長に

—渡部さんはファッション雑誌『Soup.』の副編集長も務めていらっしゃいますよね?

渡部:はい。『Soup.』は、雑誌を丸ごと一冊作ってみたいと思っていた頃に、弊社で担当するという話が持ち上がったんです。最初は前編集部と共同で制作して、その後すぐに副編集長をやらせていただくことになりました。13年の歴史ある雑誌ですし、私はファッション畑でずっとやってきたわけではなかったので当初は特に大変でした。いきなり編集部が変わって、しかもまとめる立場になるということのプレッシャーが大きかったですね。今までの『Soup.』を尊重し学びつつも、新しいものをつくっていかなくてはいけないですし。編集部が弊社に移ったばかりのころは3人でつくっていたのですが、本当に辛くて、何度も辞めたいって思いました。そのときにお世話になったスタッフや編集部員にはとても感謝しています。今は編集部も8人になって体制も整いましたし、新生『Soup.』のイメージも内外に伝わってきたので、これからが勝負だと思っています。

—エグゼクティブディレクターや副編集長という上の立場になって、若手を育てることも多くなったのでは?

渡部彩

渡部:そうですね。新人のころに上司に言われて反発していたことも、今なら分かるということがたくさんあります。そう考えると、今の部下の子も、昔の自分みたいに納得いかないと思っているところがあるかもしれないんですが、分かってもらえる日がくるのかなと思います。私は言葉が直球で強いところがあるので、それをなるべくソフトにしたいなとは思っています(笑)。これまでは上にいけば楽になれるのではと思っていましたが、当然、実際はそんなこともなく。どの立場になっても悩みはあるんだなと痛感しているところです。

—最後に、今後の目標について教えてください。

渡部:今後については、ものづくりに軸足を置きながら、いろんな可能性を模索していきたいですね。もちろん編集は好きなので続けていきたいですが、ロースターの強みを生かして、雑誌があるからこそのイベントやECサイトを企画したりといったプラスαの動きができるようになれればと思っています。それから、もともと音楽が好きで学生時代に『SUMMER SONIC』『FUJI ROCK』などの音楽フェスでずっとバイトをしていたので、音楽に携われるお仕事もしてみたいですね。

いまこれがオススメ

渡部 彩
制作に携わった書籍
一冊は友人でもあるライフスタイルプロデューサーの村上萌さんの書籍。彼女の考え方や生き方に共感している部分が多かったので、その企画をマガジンハウスさんに提案して制作できることになったときは嬉しかったです。もう一冊は美容ジャーナリストの上田祥子さん著書のタイのビューティガイドブック。今まで外国のガイドブックをつくったことがかなったので新しいジャンルに挑戦できました。自信を持ってお勧めできる2冊です。

この業界で人材を募集中の企業